スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

T2300とT7200のベンチマーク比較 

VAIO type SZにCore 2 Duo T7200を入れたのでベンチマークなどデータを取ってみました。

CPU-Z

まずはCPU-ZでCPUの詳細情報を調べてみました。
左がT7200、右がT2300です。

きちんとCore 2 Duoとして認識していますね。
開発コードが、Core DuoのT2300ではYonahでしたが、Core 2 DuoのT7200ではMeromになっています。
このMeromは、NapaプラットフォームでBIOSが対応していればYonahから載せ替えられるそうです。

T2300とT7200は、どちらもFSB 667MHz、65nmのプロセスルールで製造されたデュアルコアプロセッサで、
ソケットも互換性があります。
大きな違いとして、2次キャッシュがT2300では2MBなのに対し、T7200では倍の4MBに拡張され、
TDPは31W → 34Wに、Intel 64やSSSE3の追加などがあります。

この際、問題となるTDP(熱設計電力)の違いも、Napaプラットフォームに限って言えばIntelが最初から
TDP34Wで設計することを推奨していたため、大半の機種で交換可能なことが多いとか。


Crystal Mark 2004R3
Crystal Mark 2004R3でのベンチマーク結果です。
左がT7200、右がT2300で、見ての通りCore 2 DuoのT7200の圧勝。

この結果だけ見ると倍近い性能の向上が見て取れます。
何気にメモリへのアクセス性能が向上している辺り、Core 2 Duoのコントローラは優秀らしい。
グラフィック性能もわずかに向上しており、満足できる結果です。


HDBENCH
こちらはHDBENCHでもベンチマークを行いました。
CPU性能を表すInteger(整数演算)やFloat(浮動小数点演算)でT2300の倍近い性能向上が見られます。
メモリーのかなり性能が向上しているようです。
どちらもPC起動直後に測定しましたが、著しい性能アップですね・・・・・
新命令に対応したことも性能アップの要因になっているようです。


当然、性能の代価としてかなり熱を発生するようになりました。
TDPが31Wから34Wになっていますが、実際どれくらい変わるのか測定してみました。


T2300 平均-最高温度
こちらはT2300の平均温度と最高温度です。
グラフの一番上がCPU動作周波数、その下がGPU温度、さらに下2つがCPU温度となります。

平均40度前後で、最高でも60度以下という結果でした。
ファンもアイドル時は静かで、高負荷時でようやくそれなりの音で回るようになります。


T7200 平均-高負荷-高負荷継続
そしてこちらがT7200の平均温度と高負荷1分後、高負荷20分後の温度です。

アイドル時の平均が、T2300のプラス6~8度とすでに熱々です。
ファンもそれなりの回転数で回っているので結構うるさい。

ためしに動画のエンコードを開始すると1分ほどで70度前後まで急上昇しました。
当然ファンは全力運転を行っているので相当うるさいです。
20分ほどエンコードを行い負荷をかけ続けると最終的に82度まで上昇しました。
ちょっと熱すぎる気もしますが、T7200を最初から積んだSZも同じようなのでそんなものかと納得。


バッテリー持ちも悪化し、輝度100%で2時間持つか持たないかといったところです。
T2300では3時間近く持ちます。
性能向上した分だけ発熱アップでファンが回りまくるからですね。この辺は妥協が必要そうです。

当初の目的であったフルHD動画を再生してもヌルヌル動いて見えます。
ファイルの解凍やエンコードなども早く、全体的にキビキビ動くようになった感があります。
駆動時間的にモバイルするのが難しくなりましたが、その役目はEeePCに任せてSZは据え置き機として頑張ってもらいますw
スポンサーサイト
[ 2009/04/16 03:48 ] VAIO関連 | TB(0) | CM(1)

VAIO type SZ (VGN-SZ90S)にCore 2 Duo T7200(2GHz)を換装してみた。 

Core 2 Duo T7200
VAIO type SZ (VGN-SZ90S)に積んであるYonahコアのCore Duo T2300(1.66GHz)を取り外して、
MeromコアのCore 2 Duo T7200(2Ghz)に載せ替えることにしました。

CPUの取り外しはこちらのサイトを参考にしました。
SZ Style | VAIO type S[SZ] CPUの取り外し方


フタ
SZの裏面にこのようなパネルがあり、ネジ4本で止まっているので精密ドライバーで外します。


ヒートシンク1
パネルを外すと、銅製のヒートシンクとCPUが現れます。
CPUの熱をヒートシンクで右上まで運び、ファンで排出する仕組みです。


CPUとご対面
ヒートシンクはネジ2本のみで固定されていましたw
ガッチリ固定してあるものかと思っていたので拍子抜けです。
初めて外すときはグリスが固まりCPUとヒートシンクが外しづらいので、周辺を傷つけないよう気を付けましょう。
間違っても無理に外さないで下さい。CPUとマザーボード両方を痛めることになります。
ドライヤーで暖めたり、しばらく電源を入れてグリスを熱すると楽に外せます。


グリスが付いたT2300
たったこれだけでCPUにアクセスすることができました。
塗られているグリスが劣化して茶色に変色しているようなので、綺麗に取り除きます。


グリスの付いたヒートシンク
ヒートシンク側にも古いグリスが付着しているので取り除きます。
hamoは無水アルコールを使って剥がしました。


CPU取り外し
マイナスドライバーで固定金具を反時計回りに回すとCPUが取り外せるようになります。
結構固いので手を滑らせて周辺回路を傷つけないように注意!


左T7200、右T2300
写真左がCore 2 Duo T7200、右がCore Duo T2300です。
モバイル用なのでコアが剥き出しになっています。
T7200の方がT2300より1.5倍ほどコアの面積が広いみたい。


CPU裏面
なんとなくCPU裏。
ピン数は同じでも、乗っているチップや配置が異なっています。


セラミックグリス
後はグリスを塗ってヒートシンクを戻せば換装終了です。

hamoは今回普通のシリコングリスではなく、セラミックグリスを使いました。(友人からの無償譲渡)
シリコングリスより熱伝導率が高く、非伝導性なので回路に付着してもショートしないそうです。
説明書によると米粒1.5個分の量を横長に塗布し、薄くのばすそうですが・・・・・

伸びが悪く、塗りにくい。
この程度のサイズなら中央に持ってヒートシンクでグリグリ押しつぶして広げた方が楽そうです。
グリスなんて隙間を埋めるものなので、ちゃんと密着していれば問題有りません。


少し長くなったので、ベンチマークなどは次に回します。
[ 2009/04/14 23:29 ] VAIO関連 | TB(0) | CM(0)

バイオノートZとVAIO type SZ 

typeSZとZ

上の写真は、hamoが現在所有するノートPCです。

左がVAIO type SZ (VGN-SZ90S) Core Duo 1.66GHz、Mem1GB、HDD100GB
右がVAIO Z (PCG-Z1V/P) Pentium M 1.6GHz、Mem512MB、HDD80GB

どちらも発売当時は高スペックで一定の評価がありましたが、今となっては平均以下のスペックとなってしまいました。


VAIO ZはPentium Mを搭載した第1世代のCentrinoノートPCです。
スペックもさることながら、特徴的なサイドライン、金属の質感が生きる天板などデザインにも妥協がありません。
キーボードが剛性感があり打ちやすかったり、液晶のヒンジがラッチレスだったりと使い勝手も良好です。
ただ、そういったこだわりが高コストに繋がり、1年も立たないうちに生産終了となった悲劇のモデルでした。

今でもVAIO Zを超えるデザインのノートPCは無いとhamoは思います。
こちらのサイトを見て、壊れるまで大事にしようと改めて決心しました。

矢野渉の「金属魂」Vol.1:初まりは“Z”から――ソニー「VAIO NOTE Z」 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0903/03/news003.html

このデザインとキーボードで新VAIO Zが発売されれば衝動買いしそうですw



VAIO type SZは、第3世代のCentrinoノートPCです。
Yonah(ヨナ)コアを採用したCore Duoを乗せており、デスクトップPCと張り合える性能でした。

オーダーメイドモデルでは、LEDバックライトを採用した極薄液晶パネルを使っておりとても明るいです。
「ハイブリッド・グラフィックシステム」と呼ばれる2種類のGPUを切り替える機構を備え、省電力か性能を
切り替えて選べる変わったシステムを搭載しています。
デザインもまとまっており、中々格好いいと思います。

ただ、hamoとしてはキーボードの感触が気に入らず未だに慣れません・・・・・
キーストロークが深く、妙にパカパカとした感触でちょっと気持ちが悪い。
特にVAIO Zと比べてしまうと打ちにくく剛性感が欠ける感じがします。
本体はヘアライン加工のアルミニウムを使用し高級感があるのに台無しです。

デザインやスペックはいいのですが、キーボードだけがどうしてもダメ。
これ以降、キーボードの使い勝手の善し悪しには注意を払っています。


我が家で最も高スペックなPCですが、YouTubeのHD画質動画などを再生するとコマ落ちします。
もう少しで地デジを導入しようと考えていますが、このままではまともに再生出来ない恐れがあります。
このクラスのノートPCを買い直そうと思ったら、まだ10万円近い出費になってしまいます。
デスクトップにしても液晶込みで7~8万円ほどはかかりそうです。

そこで思い出したのが、このtypeSZはCPU交換ができるという噂でした。
調べてみるとCore Duoモデルであっても、65nmプロセスのCore 2 Duoに載せ替えることができるそうなのです。
BIOSアップデートにより、MeromコアのCore 2 Duoに対応したらしい。

CPU交換も、HDD交換と比べて簡単で敷居が低そうです。
SZ Style | VAIO type S[SZ]

問題は対応しているCore 2 Duoが販売終了していて市場から消えてしまっていたこと・・・・・
中古ショップ数店舗まわりましたが、新品のBOX品で2.7万円とあまり安くありません。
そこでヤフオクで探してみたところ、1.4万円ほどで何とか入手することができました。

次に更新時に、取り付けなどを乗せる予定です。
先に結果を書くと、倍速く、そして熱いですw
[ 2009/04/14 08:05 ] VAIO関連 | TB(0) | CM(0)

VAIO typeSZ 修理完了! 

昨晩、ようやくSZが帰ってきました!
出してから大体1週間ちょっとでした。

前回、カスタマーセンターに伝えた故障内容の部分が綺麗に直って帰ってきました。

・電源ボタン陥没    → 部品交換で元通り。
・キーボードの歪み   → キーボード総交換で歪みなし。
・液晶ヒンジ部の擦り傷 → 部品交換で元通りに。
・リチウムイオン電池  → 対応品と交換?


あれ?擦り傷って交換対象外じゃなかったっけ?


そう思った人、正解です。

手元に届いてから初めて気づきました。
サポート方は何も言ってなかったので修理部門の判断なのかな?

傷のあった部品は綺麗な新品の部品と交換されていました。
それと液晶と本体との間に黒色の薄いスポンジが張られ、
傷が再びつかないよう対策が取られていました。

さすがですね。
ちょっと適当な感じもしますが、効果的なアイディアです。

バッテリーの方は事前に話しにあったとおり交換となりました。
確証をもって交換されたと言い切れます。

それは何故か。

何と、仕様だと思って諦めていたバッテリーのガタツキが無くなってるのです!
その代わり、アンロックの状態では前より外れやすい感じです。
ガタツキが無くなったのはいいんですが、もしアンロック状態になった場合
簡単にバッテリーが外れそうな感じです。

ロック状態では前よりはしっかり固定されるようなので気にしないことにしておこう(笑)

思い切って修理に出してみて正解でした。
VAIOをソニースタイルで購入する人はワイド保証をつけておいた方が絶対にいいですよ!



追記

帰ってきたSZの取り付けが若干甘いです。ヒンジ部の隙間が広く内部の部品が外から見えたり、
ドライブベゼルが外に最大1~2mmほどはみ出したりしています。
あと、書きたくはないのですが液晶の天板に5センチほどの1本線の傷がついてました。
当然、出す前は着いていなかったものです(写真を撮らなかったことを後悔しています)
今後、出すときは必ず全体の写真を収めてから送ろうと決意しました。

思いっきりクレーマー化してますね・・・・
でも、不満だと思うことはちゃんと相手に伝える必要があると思います。
今回はそこまで大したことじゃないので止めておきますが、今後のためにも気をつけようと思いました。
[ 2006/10/21 19:47 ] VAIO関連 | TB(0) | CM(0)

ソニー VAIO typeSZシリーズはリコール対象? 

先週修理に出したVAIO typeSZですが、思わぬ事態に発展していきました。

それは”リチウムイオン電池の無償交換”。

まさかとは思っていましたが・・・・・

偶然にも電話を受けた前日にTypeTシリーズのリコールが決定していたので「SZもか!」と驚きました。
(リコール対象外なので通常の故障の可能性も否定できませんが・・・・)

ただ、typeSZの購入日がリチウムイオン電池問題以前だったので今後リコール対象になる可能性もあります。

ソニーのリチウム電池問題は予想以上に深かったようで損害額が500億円を超えるかもしれないとか。
11月発売予定のプレイステーション3も大幅な赤字を抱えるらしくこの先のソニーが心配でなりません。
倒産でもされたらサポートとかどうなるのだろうか・・・・

その辺、うまくやってくれることを祈ります。
[ 2006/10/18 22:45 ] VAIO関連 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。