スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アドレスV125G時代の動画を発掘したw 

何を今更な感じですが、アドレスV125G時代に撮った写真と動画を発掘しました。

正確には破損した外付けHDDから抽出したデータを分析してたら、9割はゴミデータになってたけれど
何故かWinRARでリカバリレコード5%まで付けて圧縮されたファイルがあり、解凍してみたら
恐ろしく時間がかかったものの、見事に全ての写真が出てきたんです!!

まさに奇跡っ!
というより、当時の自分にとって写真とアドレスがどれほど重要だったのかという事が良く分かりますねw

今からCB400SB Revoの納車があるので後日アップロード予定。あくまで予定。
スポンサーサイト
[ 2011/08/06 11:40 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(1)

さよならアドレスV125G!3年間ありがとう! 

昨晩、バイクショップにアドレスV125Gを引き渡してきました。

hamoのアドレスは2007年4月15日に納車されたので、約3年間乗っていたことになります。
その間、通学・通勤にツーリングまで何でもこなし、大きな事故もなく無事役目を終えました。
初めての原付二種スクーターでしたが、予想以上にパワフルな走りで驚かされた覚えがあります。

PCXはショップが納車ラッシュの為、整備の順番が回ってくるまで再び納車が遅れることになりました。
(軽く15台以上整備待ち車両があったので、おそらく今週末になるかと思います)

到着までの間、アドレスのあったスペースは空白のまま。
数日間はバイクの無い生活を送らないといけません・・・・・
いざ、居なくなるとしんみりとした気持ちになってきます。

素晴らしいバイクを作ったスズキには感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
ありがとう!アドレスV125G!
[ 2010/04/12 11:15 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(2)

私とアドレスV125Gとの出会い。 

アドレスV125Gでツーリングの道中
アドレスV125Gでツーリングの道中で一枚。



5月でアドレスとお別れと思うと後ろ髪を引かれる気持ちになってきました(´・ω・`)

ブログの整理をと、過去のアドレスの記事を見るといろいろと遊んでますね私w
記事にしていない写真なども大量にありますし、どうでもいいツーリング写真も含めれば半年は更新できそうw

ということで、ちょっとだけ私とV125との出会いでも書いてみようかと思います。



1.アドレスV50との出会い ~初めての原付スクーター~

大学1年の春、どーしても移動手段として原付が欲しい!
そして買うなら新車で一番新しいの!しかも格好いいの!

そういったノリで当時発売されたばかりのアドレスV50(白)を購入しました。
初めてのバイクということもあり、おっかなびっくり街中を走っては事故りそうになっていたものですw

最初はとても楽しかったのですが原付の30km/h制限や二段階右折などの不便さがしだいに我慢出来なくなっていきました。
そこで・・・・・


2.普通自動二輪免許取得! ~NSR250Rを譲ってもらう~

これまた勢いだけで普通自動二輪免許を取得してしましました(`・ω・´)
ついでに知り合いからNSR250R(MC21)という250ccのレーサーレプリカを譲って頂きました。

もう・・・・なんというか別次元!加速が鋭く、良く曲がり、そして原付より重いw
しばらくの間楽しい楽しい蜜月が過ぎましたが、ある日事故により大破。降りることを余儀なくされました。
(ついでに家族・親戚一同から「でかいバイク禁止令」が出されて買えないように・・・・とほほ)


3.セカンドバイクとしてアドレスV125を買う! ~セカンドだけど思ったより便利~

NSR250Rが大破するまでの間に、アドレスV50のグレードアップ兼セカンドとしてV125と出会いました。
きっかけはバイク屋の店頭で見かけて、またがったらすごく小さい!
それなのに原付二種で加速も良いらしい・・・・
そして何より当時最もコストパフォーマンスに優れていたバイクだったのです。

実際に納車されて、街中を走ってみるとさらにビックリ。思ったより加速がいいじゃないか!
コンパクトで安くて燃費も良くてしかも速い。まさにベタぼれと言っても過言じゃありません。
段々とNSRに乗らなくなり、とうとうメインの座を半年あまりで明け渡してしまいましたw

その後はブログの更新頻度が語るとおり、アドレスばっかり弄ってました( ̄ー ̄)
妙なくらい大型バイクが欲しくなって大型自動二輪免許取りに行ったりしましたが、最終的にはこのサイズに
落ち着いてしまいました。
それくらいバランスが良い排気量クラスなんですね。原付二種。
60km/hまで出してもいいし、二段階右折は不要。しかも原付扱いで保険も安い。
学生だった自分には最適というか見事にフィットしていたわけです。


4.走り方の変化 ~加速第一 → まったりトコトコ

始めてバイクに乗ってから4年ほど経ち、私の走り方もだいぶ変わっていきました。
乗り始めの頃はとにかく速さや加速ばかり求めていたように思いますw

大きく乗り方が変わったのは大型自動二輪の免許を取り始めた頃でしょう。
運転の仕方がだいぶ安全運転を意識したものに代わっていきました。

それと長距離ツーリングの機会が増えたと言うことも理由の一つ。
アドレスは街中で乗る分には加速が良く全くストレスを感じません。
しかし一度ツーリングに出ると、車体やホイールサイズの小ささからふらつきが大きく、安定感の少なさが
気になるようになりました。
特に悪路を長時間走ることになると腰がもう・・・痛くてw

また、コストを切り詰めて構成されたシンプルな車体は軽量ですがチープ。
ヘッドライトが暗いならHIDを、消費電力が大きいならテール&ウィンカーをLED化、手元が寒いならホットグリップ。
弄りがいのあるバイクですが、時間が経つほどボロボロに・・・・・


5.そしてPCX125へ・・・ ~加速よりも安定感を~

そんなときにホンダがPCXの国内投入を発表してしまいました。
車体価格の発表前は実はそれほど、いえ全くというほど注目していませんでした。
せいぜいホンダがいつものボッタクリ 見た目の割に高価なスクーターを投入するものかと。

・・・・・30万円切ってくるとは予想外もいいところ。相当な衝撃がありました。

アドレスがもうすぐ2万キロを超え、駆動系のリフレッシュが近かったことも乗り換え要因になるのかな?
自分では工具が足りず、時間も以前より取れなくなったことでバイク屋にお任せする機会が増えました。
すると必然的に工賃が発生するので、正直なところもう少しで乗り換えても良いかなとは思っていました。
(まだまだ現役の2万キロですし、人気車なので高く売れるかなと皮算用してましたw)

そこにPCXが見事に食らいついたわけです。
手の出る価格でありながら、スペックだけでご飯2杯はいける性能で、国内販売なのです。
しかも14インチホイールで車体重量もあるため、安定して走れそう。
エンジンもビルトイン水冷FIで、ブレーキだって3ポットキャリパーの大径ディスク・・・・
アドレス乗りが苦労して強化してきたようなパーツが最初から乗っていました。
実際アドレスをPCX並にしようと思えば30万円は軽く超えてしまいます。

見積もりを取ってもらうだけの予定が、契約までしてしまいました。
今更ですが本当に行く前は購入までするつもりはなかったんですよ・・・・・


実物も見ずに、レビューもほとんど無い状況で買うなんて正気の沙汰とは思えません。
でも買っちゃいました(∀`*ゞ)テヘッ
買ったからにはレビューもするし、いっぱいアドレスと同じように弄ってあげようと思っています。

勘違いして欲しくないのが、アドレスが嫌いになったから乗り換えるわけではないということ。
私に原付二種の面白さを教えてくれたのがアドレスですし、今だって後ろ髪を引かれる思いでいます。
ただ、走り方の変化や最新のバイクに乗りたい等欲望に負けた、それだけの事なんです( ̄ー ̄)

私の尊敬するアドレス乗りのヨシオ少佐や多くの方に感謝しつつ、一足お先にアドレスから卒業します!








一番先かと思ったらKAKUさんが3月30日にPCX納車っぽいですね → 【PCX】本契約完了&納車日決定!!
しかも最後まで悩んでいたブラックカラーで納車とはうらやましいかもー。
速攻レビューに期待です。


えっ私はしないのかって?


hamoは後から気が向いた頃にレビューしますw
[ 2010/03/28 01:21 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(4)

中華製激安HIDキット(公称25W)をアドレスV125Gに取り付けてみる! 

ヤフオクで中国製の激安HIDユニットを2500円(送料・手数料込みで3800円)程度で落札しました。
出品者のコメントを見ると、25Wの低消費電力バラストなのでどんなタイプのバイクにも付けられるとか。
あとhamoが熱望していた4300KのHIDバルブで視認性も良好そうです。

ということで取り付けからだいぶ時間が経ちましたが簡単にレビューしたいと思います。


外箱

まずは外箱から。
XENON CONVERSION KITとありメタリックな感じの怪しいケースに入っていましたw


開封

開封したらこんな感じ。
ヤフオクとかでよく見るタイプのHIDユニットのようです。
メーカーや商品名が異なる場合もありますが、形状があまりに酷似しているので同一メーカーのOEMなんでしょうね


HIDキット内容物

キット内容は、バラスト、HIDバルブ、防水コネクター、取り付け金具とナット類、取扱説明書が入っていました。


オプションのリレーハーネス

こちらは別の出品者から購入した同一商品の物と思われるリレーハーネスです(約800円)
後から確認したら違う商品名のオプション品でしたが、見事にぴったりでしたw

左上の黒いケーブルはライトスイッチへ、その下の黄色いゴムがある防水コネクターはバラストへ、右上の黒ケーブルは
ボディーアース、右中央のヒューズケースはバッテリーへ、繋ぎます。
一番下の四角い物体はリレー本体。


25Wバラスト

消費電力25W(らしい)防水薄型のバラストです。
どこかで同じ形状のバラストを見た気が・・・・しかも故障していたような・・・・
入力電圧が9~16V、最大電流が6Aで安定時に2.5Aが流れるらしいです。

で、この時点で気づくべきだったのですが、hamoのアドレスのバッテリー電圧が12.6~8V程度
安定時に2.5A流れると言うことは、消費電力は約32W・・・・・嫌な感じ、しませんか?



HIDバルブ

HIDバルブは先端に遮光塗装がされていない細長い形状のバルブです。
価格を考えれば上出来かな?


防水コネクター

防水コネクターはサンテカと比べるとシリコンゴムがしっかりしているので期待できそうです。
スマートなのも取り回しが良くてGood!


リレー

オプションで購入したリレーハーネス。
40Aまで対応しているらしい。


ヒューズ

こちらはヒューズケースを開けたところ。
たしか20Aまでのヒューズが入っていたような気がします。
防水はあんまり期待できそうもない。


サンテカのHIDユニットを取り外す!

とりあえずアドレスばらしてサンテカのHIDユニットを取り外します。
ヘッドカウルのねじ穴が周囲を巻き込んで割れてしまってました・・・・・
どんどんボロボロになっていきますねぇ(´・ω・`)


ハーネスをバッテリーに直結する

リレーハーネスをカウル内部を通してバッテリーまで引き込みます。
サイドカウルの外し方が分からず、1時間くらい苦戦しましたが無事引き込めました。
ある程度割れてもいいやな気持ちで力を入れないと外れないんですね。


非常に明るいです

取り付け後、初点灯。
なんだこれはすごく明るいぞ!しかもハロゲンを少しだけ白くした感じで視認性最高じゃないか!
バラストからは「ジジジジジジジジジ」と虫が鳴くような音が聞こえます。(サンテカも聞こえた)


このHIDバルブは色温度4300K

発光色はおおむねこのような感じです。
ハロゲンより白みがかっているのでHIDらしさがありますし、雨天でも見やすい色です。
これ、HIDの標準色になってくれればなぁ・・・・・




さて、一番気になるのがこのHIDの消費電力です。
無事点灯したのでさっそくバッテリーの電圧を測ると・・・・・


「12.3V」

えっ・・・・エンジン動いて発電しているんですけど( ゚д゚)
慌てて消して、しばらくした後セルで始動しようとすると、セルの音が弱々しい。
試しにスロットル回して回転数上げてみても電圧がわずかに上昇するのみでした。


おまけ:レギュレートレクチファイヤから交流制御ラインを引っこ抜く

そこで、以前アドレスにHIDを取り付けた先駆者のサイトを参考に、交流の電圧制御ラインをカットすることにしました。
http://park8.wakwak.com/~pleiades/adress/HID1.htm

具体的にはストップランプとメーター照明を交流→直流ラインに配線し直し、レギュレートレクチファイヤから
黄/白のラインを引っこ抜くだけです。
これで交流の電圧制限が無くなり、過電圧分がすべて直流ラインで利用できるようになります。
(代わりに直流の電圧も安定しなくなり、回転数が上がるほど電圧も上がります)

さっそくストップランプをサクッとDCソケットのラインに接続し直し、電圧を測ってみると・・・・

アイドリング時12.5V → スロットルを軽く回すと13V以上!


おお!これならいける!大丈夫そうだ!
そう思って調子乗って街中走ったら、メーター照明の直流化忘れて球切れ起こしましたw
それと、再試験したところ電圧が最大「14.8V」(うろ覚え)程度まで上昇することがありました。
この状態ではホットグリップを使用しても13Vは下回らないのですが、停車すると一気に12V前半まで
電圧が降下します。

また、アイドリング時に減った分を走行中に急速充電することになり、バッテリーへの負担も大きいようです。
hamoがHIDを使う理由として、夜間安心して走りたいという物がありますが、バッテリーの消耗が
激しそうで不安ということもあり、この後すぐ取り外してしまいました。
25Wで低消費電力を売りにしていただけに残念です。そしてアドレスの発電能力の低さに(ry

結局、K7以前のアドレスでバッテリーの心配なく利用できるのはサンテカかソーラムHIDミニしかないのかもしれませんね。
(サンテカの新型バルブはだいぶ性能が向上したようです。後日詳細をアップします)


この中華HIDキットはほぼ未使用のまま手元に死蔵されていますw
もし全波整流化している、またはK9以降のアドレスに乗っている、もしくは自己責任で欲しい人がいたら
お譲りしますので、右カラムのメールフォームからご連絡ください。
HIDバルブはPH7で、リレーハーネスは付属しません。送料は自己負担でお願いしますw
できればブログをお持ちで(もしくは開設して)、取り付け記事を書いてくれる方を優先したいと思っています。
[ 2010/03/14 01:24 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(10)

アドレスV125G - 2年5ヶ月目でバッテリー交換 - 

アドレスV125Gを乗り始めてもうそろそろ2年5ヶ月が経過します。

最近気温が下がってきたせいか、セルスターターの音がだんだんと弱々しくなってきました。
先日、とうとうセルでエンジンが始動できなくなったためキックする羽目に。
まだそこそこ走った後であればセルでもエンジンがかかりますが、チョイ乗りするとダメみたいです。

電圧をチェックすると12.60Vあったのですが、バイク屋で見てもらうとパワーが足りてないそうです。
いわゆるバッテリーの寿命が来てしまっているとのこと。

そこで、純正バッテリーを購入しようと思い、GS YUASA製「YTX7A-BS」を検索すると・・・・・
え、1万円以上するのこれΣ(゚д゚lll)
今のバッテリーを補充電してもすぐにダメになるとかで、交換しないと行けないのですがちょっと高すぎです。
(原材料が高騰しており、以前の倍近い金額になっているとか)


安いバッテリーはないかと探すと、互換バッテリーなる物が存在するらしい。
中国などで製造され、基本的に純正以下の性能で耐久性も低いとか。
ただ、2400~6000円程度で入手出来るため、コストパフォーマンスは圧倒的です。


今回、ウィングという会社が販売している「yell MFフルカルシウムバッテリー YTX7A-BS」を購入しました。

yellバッテリー YTX7A-BS互換

決め手は走行距離無制限で1年間の保証付きである点です。
他社の格安バッテリーでは半年、もしくは数千キロまでしか保証されない物があります。

あと、3000円(送料840円)と純正の半分以下の価格である点も重要。
9000円で純正を買った場合、yellバッテリーなら10ヶ月以上持てば十分元が取れます。
1年保証なので若干コストパフォーマンスが良くなります。

届いたばっかりのyellバッテリーは電圧が12.40Vと初期充電はされているみたいです。
ただ、そのままだと少し不安なのでバイク屋に補充電をお願いしてきました。
明日取りに行くので、取り付けたらまたレビューしようかと思います。
[ 2009/10/16 23:00 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(6)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。