スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

EeePCはノートPCなのか? 

「EeePCはネットブックPCです。」


最近、EeePC 901のCドライブの容量少々危険な領域に突入しつつある。
残り容量500MBを軽く下回ることもしばしば・・・・

原因は多くのソフトウェアをインストールしたため。
気がつけばメインPCと何ら変わりないくらい多くのソフトウェアがインストールされている。
さらに言えば、メモリやSSDの容量を馬鹿食いする大規模ソフトも入っていたり・・・・

何故このような事態になったのか。


一言で言うなら「EeePCを普通のノートパソコンとして使っていたから」


EeePC 901は、WindowsXPがごく普通に動き、Webブラウザも案外サクサク動き、普通のノートPCと
何ら変わりない。
致命的な違いがあるとすれば画面が小さいことと、少ないドライブ容量くらいである。
容量が少ないと言っても合計12GBはあるので、ぱっと見困らないように感じる人が多いと思う。

そこに落とし穴がある。

Cドライブの容量が4GB固定のため、案外すぐに埋まってしまうのだ。

このEeePC 901はネットブックPCとして位置づけられ、主にネットワークに繋がっていることを前提に
しているらしい。
例えば、HDDの代わりにネットワーク上のストレージから、必要なデータを持ったきたりなどなど。


逆に言えばネットが使えない状況では単体で出来ることは少なかったりする。
イーモバイルなどのデータカードを挿してどこでもネットに接続出来る環境があればいいけれど、
ほとんどの人は多くのソフトを入れてオフラインでもいろいろ出来るよう対処するはずだ。
最近は無線LANスポットが増えてきているけど、「いつでもどこでも」という訳にはいかない。


「なんでDドライブにソフトをインストールしないのか?」と疑問に思うかもしれないが、901のDドライブは
MLC構成のSSDを採用しているため、転送速度で大きく劣り、起動頻度の高いソフトをインストールする
メリットが無いからだ。

それなら、大容量のソフトだけ選択して入れればいいかというとそうでもなく、MLCは書き換え回数が
SLC構成のSSDより圧倒的に劣るため、書き換え頻度の多いソフトを入れるのは自殺行為に等しい。

一応、SSDには寿命を延ばすために書き込む素子を分散させるアルゴリズムが採用されているそうだが
元々数千回しか書き換えできないMLCだけにそれほど期待できそうもない。
もっとも、EeePCに使われるような低価格SSDに長寿命を求めるのも間違ってるけれどね。

また、hamoは購入当初はメインPCのサブとして使っていたが、持ち運びが容易でバッテリーも持ち、
利便性が高いことから気づけばメインPCよりも長時間触っている機会が多くなっていた。
そうなると、やっぱり整った環境が欲しくなりいろんなソフトに手を出してしまった。


その結果、Cドライブの使用容量がいつの間にか肥大化してしまった。
そもそも、4GBの容量ではWindows関連で2GB近く持って行かれてしまう。
ユーザ側に残されるのはわずか1.5GB程度。
WindowsUpdateを実行してしまうと場合によっては1GBを切る勢いである。
不要な物を切り捨てて言っても限界ギリギリの使い方になる方が多いだろう。

そういった環境でソフトを遠慮無く入れれば一瞬で容量を使い切るのは当然といえる。



毎度のこと前置きが長くなってしまったが、何が言いたいかというとEeePCはノートPCじゃない。
ネットブックPCなんだとEeePCを買って(買おうとして)しまった友人たち(と自分)に強く言いたいんである。
ええ、もう全力で。

ある程度知識のある人は、不要ソフトをアンインストールしたり、Windows自体を削って容量を小さくできるが
初めてパソコンを買う人や初心者(PC歴でなくてスキルの方で)は、難しいと思う。
教える方も大変だし。

それに、プリインストールされているソフトも割り切った構成なのでイージーなパソコンかというと
疑問が残る。間違いなく初心者向けPCじゃないし、お勧めもしない。
光学ドライブも搭載していないので、リカバリにUSB接続の外付けドライブが必要なのも理由の一つ。


では、EeePC 901が他のノートPCと比べて優位に立てるのは、価格とバッテリー駆動時間、
そして本体サイズくらいなのか?


確かに本体価格だけを見れば、非常に強い競争力をもつのは間違いないと思う。
WindowsXPがネイティブ動作するPCが新品で実勢5.5万円なのだから驚異的だろう。
セカンド用途で小型のノートPCを探しているhamoみたいな人には最適だ。

しかし、実際に使う場面になって、あわよくばメインPCみたいにとなると途端に力不足が露呈する。
しつこいが何度も書くように「ネットブックPC」なのだ。
期待しすぎると友人みたいに肩を落とすことになる。

なんせ、EeePC 901の値段に1~2万円を足せばフルサイズのノートPCが買えてしまうのだ。
Dellで適当に見積もりしても、9万円出せばフルスペックのCore2Duo搭載ノートが買える。
バッテリー持ちとサイズと重量さえ目をつぶれば、EeePCなんて足下にも及ばない性能が手に入る。
Dellだと初心者向けとは言えないが、少なくともEeePCよりはできる範囲が増えると思う。



ということで、hamo的にEeePCは長いバッテリー駆動時間とサイズを生かした使い方をお勧めしたい。
あと、軽量低負荷なソフトを中心に据えて使うとか。


ここまで書いて結論がそれかよ!な感じで申し訳ない。
そもそも、hamoはノートPCユーザーでしかもモバイル向けの製品を使っているので別にEeePCを
買わなくても困ることはない。

じゃあなんで購入したのかというと、なんか面白そうだったから。
こんなちっちゃいデバイスでXPが動いて拡張性高そうだし安いし遊べそう(*´Д`)ハァハァ

・・・・・とまあ、セカンド用とならではの理由により購入したのだった。


まじめに考えよう。

スタンダードな回答だと「ネット端末としての利用」となる。
文字通り、インターネットを閲覧し、ちょっと他のこともできる的な使い方。

例えば、勉強や仕事中、分からない言葉があればサッとEeePCで検索して調べてみるとか、
ブログのちょっとした間違いの修正など、大抵のことはコレ1台で出来てしまう。

電子辞書並の使い勝手の良さ。超高機能電子辞書と言っちゃいたいくらい。
電源OFFからでも起動が比較的速いのでわざわざメインPCを立ち上げなくても済む。

調べ物から計算、娯楽までこんな小さいPCで出来てしまうのだから十分だろう。
ネットに繋がっていることが前提条件だが、EeePCを購入する層ならなんとかなるでしょう(投げやり)


他にも発想が乏しいのであまり思いつかないが、例えば、好きなアーティストのアルバムを
複数枚取り込んでおいて旅行中に(電車内とか)で聴いたり、エンコード済みの動画を詰め込んで
旅先で楽しんだり・・・・

予算に余裕があるのなら、イーモバイルのようなキャリアと契約してデータ通信カードを購入していつでもどこでもネット。
Orb」のようなメディアサーバーを自宅のパソコンで動かしておけば、ネットを通じて音楽や動画が楽しめる。
まさしくネットブックPCとして正しい?使い方だろう。
ソフトに付いては長くなりすぎるので今度まとめて記載予定。


一応、hamoは大学生なので実験データを記録する用途にも向いていると思っている。
場所によってはコンセント数が少なく電源を確保しにくい場合もあるからだ。
集めたデータの編集はメインPCですればいいので、キーボードの打ちにくさは気にならない。
EeePCは持ち運びやすいサイズなので荷物の多いとき便利だろう。

hamoの自宅で言えば、すでにファイルサーバーが1台動いているので、メディアサーバーにすれば
すぐにでも遊べる。
部屋と部屋の間を持ち歩いて使うのも良さそうだ。



「バッテリー駆動は長いが性能の劣るモバイルノートPC」的な使い方に落ち着きそうだが、
一般的なモバイルノートPCの値段を考えてみればいかにEeePCの優秀さが分かるというもの。

手ごろな価格で遊べるノートPCが現状全滅状態だったことも人気の一端を担ってるのだと思う。
EeePCを販売するASUS以外にも、AcerやLenovo、HPの大手メーカーが相次いで参入している。
日本も東芝やソニーも参入するという噂もあり、今後どうなっていくか楽しみで仕方がない。
スポンサーサイト
[ 2008/09/21 01:33 ] EeePC関連 | TB(0) | CM(0)

EeePCのACアダプター紛失(´・ω・`) 

EeePC 901-Xの純正ACアダプターを紛失してしまいました(´・ω・`)
いったいどこで置いてきたのか、落としたのかさっぱり分かりません・・・・・

仕方がないので、純正ACアダプターを購入し直そうとGoogleで探してみると、どこにも売っていない!?

そこでASUSのサポートページを見ると以下の文章が見つかりました。

Q. 予備バッテリー、ACアダプターなどは販売しないのでしょか?
A. 2008年9月頃から発売開始予定です。


9月2日現在、まだ発売開始していないようです。


ただ、EeePCは売れているためか代用品がいくつか出ているみたいなのでそちらを購入しても良さそうです。
hamoは以下の純正互換ACアダプターを購入しました。

ダイヤテック POWERLINK MINI ASUS EeePC専用 ACアダプター PLS12AS

ダイアテック POWERLINK MINI ASUS EeePC専用 ACアダプター PLS12AS

純正ACアダプターと同じ36Wの製品です。
ウォールマウントタイプのACアダプターで、本体を直接コンセントに差し込む方式になります。
ケーブルを本体に巻き付けることができるのでコンパクトになります。
若干、純正よりサイズは大きめ。

ただ、ケーブルを延長できなくなったので状況によってはマイナスな点も・・・・・
hamoは元々ケーブルを短く使っていたので逆に便利になりました。

発熱は純正より若干低い程度で、充電中は結構熱を持ちます。
ACからのノイズが少ないのか、EeePCから鳴る「ヴィィーン」なノイズが減ったように感じます。

価格は2700円前後なので、代替できるACアダプターを探している人には現状最適だと思います。
そのうちASUSから純正ACアダプターも発売されるらしいので、気に入らなければそちらを購入しても良いかと。
[ 2008/09/04 21:59 ] EeePC関連 | TB(0) | CM(0)

EeePC 901 -内蔵SSDの転送速度- 

EeePCの転送速度を計測したので公開しようと思います。


CrystalDiskInfo ASUS-PHISON SSD 4/8GB

ディスク情報の取得には「CrystalDiskInfo」を使用しました。
上がCドライブのSSD「ASUS-PHISON SSD 4GB」
下がDドライブのSSD「ASUS-PHISON SSD 8GB」

S.M.A.R.T情報をほとんど吐き出さないドライブらしく、温度など取得できませんでした。


ドライブの転送速度の計測には「CrystalDiskMark」を使用しました。
上から「シーケンシャルリード/ライト」、「ランダムリード/ライト(512KB)」、「ランダムリード/ライト(4KB)」です。

ASUS-PHISON SSD 4GB
Cドライブの転送速度です。

読み込み速度はHDD並ですが、書き込み速度はやや遅い目。
SLC(シングルレベルセル)のSSDなのでMLC(マルチレベルセル)より書き込み速度は高速です。


ASUS-PHISON SSD 8GB
Dドライブの転送速度です。

読み込み速度はSLCのCドライブとほぼ同等の速度が出ています。
しかし、MLCのため書き込み速度が圧倒的に遅いです。
実質Cドライブの3分の1程度しか出ていません。
書き込みが多く発生するOSを置くドライブとしての利用は辞めた方が良さそうです。


おまけです。

Transcend SDHC 16GB (Class6)
SDカードスロットに常時挿している16GBのSDHCカードの転送速度です。
使用しているSDHCはTranscendの16GB SDHC(Class6対応)です。

「Class6」とは、最低書き込み速度は6MB/s以上であることを保障するものです。
TranscendのSDHCは比較的書き込み速度が遅い製品が多いらしいです。
まーデータ保管用として使う分にはこの程度で十分だと思います。安いですしね(購入時7000円)



Transcend JetRam 2GB PC2-5300 (DDR2-667)
今回の大本命!
ERAMでRAMディスク化した2GBメインメモリの転送速度です。
hamoはWindowsに約1GB割り当て、残りをRAMディスクにしています。

シーケンシャルリード/ライト共に800MB/s以上、ランダムリード(512KB)にいたっては約850MB/sと驚異的な速度を発揮しています。
もはやここまで高速だと笑ってしまいますw
さすがRAMディスク・・・・・

シャットダウンでデータが揮発するというメモリ特有の難点がありますが、それさえ気にしなければ
例えばテンポラリフォルダを割り当てることでWindowsの動作を高速化させることが可能になります。
InternetExplorerのキャッシュを割り当てると、前のページに戻るときの動作が明らかに早くなりました。
作業用スペースとして使うなら文句なしに最強です。

2GBのメモリでも4000円で購入できるので低価格でEeePCの環境改善が期待できます。
WindowsXPの軽量化と同じくらい効果的な改造ですね~
[ 2008/08/27 01:03 ] EeePC関連 | TB(0) | CM(2)

EeePC 901 -ZIFソケットの確認- 

1.8インチHDDを増設できると発売当初から話題になっているEeePC 901

基盤に使用されていないZIFコネクタがあり、SSD2(Dドライブ)を取り外すと1.8インチHDDが入るだけの
スペースができるようです。
1.8インチHDDを取り付けると、SSD1(Cドライブ)が自動でセカンダリに設定されるとか。

すでに海外のユーザーサイトでは東芝の1.8インチHDD(5mm厚)に交換しているツワモノがいましたw
hamoも将来的にSSDが値下がりしたとき搭載できたらいいなと思っています。

しかし、このZIFコネクタがセカンドロットから付いていないという噂があり心配になっていました。
そこで、メモリを交換したついでに確認してみると・・・・



CIMG0980.jpg
あったーー!!
写真中央上にある白い物体がZIFコネクタです。
良かった・・・・・これで一安心です。

って、良く考えれば発売日の7月12日に購入しているのでファーストロットなんですねw


最近ではソニーのVAIO typeZがSSDを採用するなど、SSD搭載機が増えています。
EeePCの保証が切れる1年後にはきっとSSDも手の届く価格にまで値下がりしているのは間違いありません。
そのときにでもまた増設にチャレンジしてみたいと考えています。
[ 2008/07/29 22:39 ] EeePC関連 | TB(0) | CM(0)

EeePC 901-X -2GBメモリに換装!- 

CIMG0950.jpg

上海問屋に注文した翌日、メモリが届きました。

購入したのは「上海問屋セレクト SODIMM DDR2 PC2-5300 2GB
商品到着までどのメーカー製なのか分かりませんが、相性保証が付いているのでどうとでもなります。

CIMG0951.jpg
今回届いたのはTranscendのサブブランドである「JetRam」シリーズのメモリでした。
型番は「JM667QSU-2G
JetRamシリーズはTranscendシリーズの廉価版で、安価で販売されているそうです。
品質は・・・・値段なりらしいです。

メモリチップの型番は「TQ243PCF8」
Googleで検索をしてみると台湾Powerchip Semiconductor社(PSC)製のチップらしいです。
PSCは日本のエルピーダメモリと提携している中堅メーカーだとか。
安いのは低品質(規格内でも動作しないような)チップを採用しているからではないんですね。


購入金額は3999円。
他に買った商品に送料無料の品があったためか、送料はかかりませんでした。ラッキーですw

早速、標準の1GBメモリを取り外し交換してみました。


CIMG0963.jpg
EeePC底面です。
天板に傷が付かないよう、本体の下に柔らかい布を敷きます。
私はEeePC専用のポーチを下に敷きました。

中央右上に「Eee PC」と印字されたシールが貼ってあるので剥がすとネジが現れます。
保証外になりそうで怖いですが、元のメモリに交換し直せば修理を受け付けてくれるそうです。


CIMG0966.jpg
左右2カ所のネジを精密ドライバで取り外し、フタを引っ張り上げて外します。


CIMG0968.jpg
ふたを取り外すとこんな感じ。
左側のチップが3個載った基盤はDドライブのSSDです。

噂通り、1.8インチHDDが入るだけのスペースが空いています。
日本のメーカーだったら薄くするために速攻で削りそうなスペースですねw


CIMG0969.jpg
肝心のメモリは黒いシートをめくった下にあります。
メモリの左右に金具が付いているので、左右に動かすとメモリが勝手に跳ね上がってきます。


CIMG0972.jpg
メモリが跳ね上がったところで慎重に引っこ抜きます。
静電気に非常に弱いので事前に手を洗ったりして電気を逃がしておきましょう。


CIMG0978.jpg
上が交換用のTranscend JetRam 2GB DDR2-667(PC2-5300) SO-DIMM メモリです。
下が標準のA-DATA製 1GB DDR2-400 SO-DIMM

標準搭載のメモリはDDR2 400で若干低速なメモリです・・・・しかもA-DATA製。
A-DATAにはあまりいい思い出がありません。
激安で有名ですが、品質が両極端で安定していないそうです。

その点、Transcendは「永久保証」を行っている上、国内サポートがあるので安心できます。
また上海問屋で購入すると相性保証をしてくれるので万が一認識しなかったとしても返品ができます。


さて、話を戻しまして、メモリを逆の手順で差し込み戻していくと交換完了です。
電源を入れてみて無事起動すればOK
もしダメだったらもう一度ちゃんと挿さっているか確認し、それでもダメなら相性が悪いと考えて返品ですw

hamoは無事BIOSで2048MB認識しました。
ビデオメモリで8MB使われるらしく、実質2040MBになっていました。
この後、1GB分をERAM化してTEMPフォルダに割り当てました。
ERAM化は説明が長くなるので、近々参考にしたサイトなどをまとめて記事にしたいと思います。


標準メモリより大容量かつ高速なメモリに交換することで動作が安定しているようです。
ERAMに一時保管のTEMPフォルダを割り当てているので、ファイルの解凍などがスムーズ。
InternetExplorerも交換前より感覚的に早くなった気がします。
突然起きる妙なフリーズも無くなって快適です(*´Д`)
SSDの寿命も間違いなく延びるのでいいことだらけですね。

実売4000円で快適な環境が手に入るのでEeePCを購入したら真っ先に交換することをオススメします。
[ 2008/07/29 22:26 ] EeePC関連 | TB(0) | CM(9)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。