スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お酒に合うヘッドホンはHD650かもしれない。 

一時期狂ったようにヘッドホンを買い換えていましたが、HD650を手に入れてから落ち着いたみたいです。

たまにHD800だとかT1だとか、更に高額なヘッドホンも試聴してみたりしますが「これだ!」と言える物が見つかっていません。
解像度とか含めて確かにすごいな~とそのときは感動するんですが、聞いていると疲れる音がするんですね。

その辺HD650はこもっているだとか、抜けが今ひとつと言われることも多いのですが、その分耳障りな音を一切鳴らさないので音楽をずっと鳴らしていても全く苦にならないのです。短時間の試聴だと分からないですよね。Fidelio X1も好きですが、稼働率は圧倒的にHD650が上回っている状態です。

オーディオ業界紙を読んでいると、高価な部材を使用していたり、新開発で○○%特性改善とうたい文句が踊っていますけど、実際に聞いてみたら大したこと無くてがっかりすることが多いです。人それぞれ音の好みも違いますし、万人受けするオーディオ機器はどこか中途半端な感じで奥が深い。やっぱり聞いてみないと始まりません。

買い換えしまくったお陰で、自分好みの音が分かってきて、そんな音を奏でるヘッドホンを探していますが今のところHD650が一番ベストな選択のようです。購入したときはその場で売り払ってやろうと思うほど酷い音だったのに、時間が経つと聞き心地の良い音に変わっています。エージングなんて信用していませんでしたけど、HD650については一定の変化があると思います。


本題に戻って、急にこんな記事を書きたくなったのはお酒が入った時にHD650が一番心地よく聞こえたから。
(最近、ナッツ類をポリポリ摘まみながらブラックニッカスペシャルを飲むのが好きなんです)

酔いが回ってくると、不快な音だと音楽を聴く気もしなくなります。そんなときHD650が素晴らしい音を鳴らすんですね。
Fidelio X1は悪くないんですが濃厚過ぎるのが災いしてしっくりきませんし、DT990 edition 2005は高音が耳障りですぐに外したくなります。ちょっと前にオーディオテクニカの密閉型ヘッドホン「ATH-M50x」を買いましたが、これも聴き疲れするのでアウト。Z700DJは意外とイケるんですけど装着感的に蒸れてきやすく長時間は結局無理。

そんなこんなで私のお酒の供はいつもHD650です。
スポンサーサイト
[ 2017/05/03 22:38 ] オーディオ関連 | TB(0) | CM(0)

ウォークマン「NW-A808」から「CREATIVE ZEN X-Fi 」へ乗り換え検討中。 

NW-A808
hamoはソニーのMP3ウォークマン「NW-A808」を普段使って音楽を聴いています。

サイズはiPod nanoより薄く少し大きめですが、液晶が2.0インチもあって情報量が多く検索がしやすく
さらに、一つ一つの動作が驚異的なくらいサクサクで軽快に検索できるのです!
W54SAなんか目じゃないくらいサクサク。ボタン押した瞬間、反応してるのです。
UIも例えばどのメニュー画面であっても2ボタン操作で再生画面に戻ることが出来るなど、細かい点まで考え抜かれて不満なし。

音質はさすがソニーと言うべきクオリティの高さ。
「サー」というホワイトノイズが深夜の静かな時間帯に鳴らない限り分からないほど押さえ込まれています。
付属のイヤホンは実売4000円で売られている製品を調達したらしく、一般的な付属イヤホンとは雲泥の差があります。
具体的には比較的しっかりとした低域で出しながら、高域もこもった感じが無く綺麗に聞こえます。
若干低域が強調された音質で街中で聞くなら最高ですね。まあ、音漏れ激しいですが・・・・

動画や画像ファイルを再生することもでき、MP3プレーヤーではなく「マルチメディアプレーヤー」と記載されています。

今まで使ってきたどのMP3プレーヤーよりも軽快でサクサク動き、細かい点まで配慮されたUI、満足できる音質をそろえていました。
購入当初は「数年は買い換えることはないだろう」とまで思ったほどです。




が!


不満というモノは必ず出てくるモノらしい。

ハードウェアとしては最高のNW-A808の唯一にして最大の欠点。
それが付属の音楽管理・転送ソフトウェア「SonicStage CP」です。

最近発売されているウォークマンすべてに対応するソフトですが、非常に動作が重い!
以前のバージョンよりはマシになったものの、常用するには厳しいです。
インターフェースも「本当にソニー?」と疑問を持つくらい分かりづらく、最初はどうやって転送するのか悩みました。

・何故か同じアルバムの曲がアーティスト毎に分割表示されるのでアルバム単位で管理がしにくい。
・ウォークマンを接続すると、データベース更新作業?か何かを勝手に始めるので処理に時間がかかる。
・転送時にパソコンにかかる負荷がヤバい。転送中に他の作業がしにくくなる。


一部だけ取り上げても使い勝手の悪さが分かるかと思います。
当然ながら評価は悪く、ウォークマン所有者全体で酷評されているみたいです。(これがいいという人もいるんですけど)

正直、ここまで使い勝手が悪いと思っていなかったので残念でした。
楽曲を転送するだけのシンプルなソフトが付属していれば良かったのに・・・・・・




前置きが長くなりましたが、そんなこんなでクリエイティブから新しく発売される「ZEN X-Fi」が気になってます。
CREATIVE ZEN X-Fi

ZEN

□ クリエイティブストア価格
8GB(オープンプライス)  17,800円(税込)
16GB(販売店限定)    22,800円 (税込)
32GB(直販限定)      32,800円 (税込)

□ 再生フォーマット

音声:MP3(VBR可), WMA(DRM対応), AAC,(非プロテクトM4Aファイル) WAV
動画:WMV(850kbps), MPEG-4 SP, DivX 4/5, Xvid(1Mbps), Motion JPEG
静止画: JPG(~16.6メガピクセル 縦3328ピクセル、横4992ピクセル以内)

□ 連続再生時間
音楽: 約36時間
動画: 約5時間

□ X-Fi オーディオ
・X-Fi Crystalizer:高周波と低周波の帯域を適切に強化し、音楽が圧縮される際に失われたディティールと生命感を復元
・X-Fi Expand:ステレオサウンドに広がりを持たせ、ヘッドフォンを装着していることを忘れるほどの臨場感あふれるサウンド

・プレミアムインナーイヤーイヤフォン「EP-830」をバンドル
・クレジットカードサイズのスマートボディ
・パワフルな内蔵スピーカー
・アラーム機能(目覚まし時計として使える)
・802.11 b/g対応の無線LANを搭載(16GB、32GBモデルのみ)
・主要メッセンジャーソフトウェアやZENX-Fi同士で通信が可能なチャットクライアント機能
・PodCastを数百チャンネル取り揃えたCreative Mediaboxサーバー(海外コンテンツ)へ直接アクセス
・SDHC対応カードスロット
・2.5インチの1,670万色のTFTスクリーン
・PC接続でカードリーダー/ライターとして動作
・ワールドワイド対応のFMチューナー
・ボイスレコーダー機能
・Outlook連動(カレンダー、ToDoリスト、アドレス帳)
・PCとUSB接続せずコードレスでのコンテンツ転送可能
・PCコンテンツ(ミュージック/ビデオ/フォト)を無線LAN経由でストリーミング再生

妙にボタンが多いのはYahoo!メッセンジャーやWindowsLiveMessenger互換のIMがあるためだとか。

とうとうオーディオプレーヤーにまで無線LANが搭載される時代がやってきましたw
パソコンから無線LAN経由でストリーミング再生やコンテンツをダウンロードすることが出来るようです。
クリエイティブはPC用のサウンドボード「Sound Blaster」シリーズで有名な会社なので音質は期待できそうです。

hamoは「無線LAN」と「内蔵スピーカ」、「SDHC対応カードスロット」が魅力的に映ります。

例えば、ベッドなどでまったり音楽を聴いているとき、入っていない曲を聞くにはいちいちパソコンにケーブルで
繋いで転送しなければいけないところ、ZEN X-Fiでは無線LAN経由で聞くことができるのです。
幸い、我が家は無線LAN+ファイルサーバを稼働させているので家中どこでも転送可能!

また、容量が足りなくなったとしてもSDHCカードを挿して手軽に容量アップができます。
16GBのSDHCが6000~7000円台まで落ちてきているので最大48GBもの大容量プレーヤーになります。
HDDプレーヤーと違って耐衝撃性があるので実に魅力的!

内蔵スピーカーも搭載されているので、イヤホンを繋がなくても音楽が聞けるのはいいですね~
ボイスレコーダー機能もあるので大学の講義などで活用することもできそうです。

専用アクセサリーも手頃な値段で買いやすいですね。


気になる点もいくつかあるので箇条書きで抜き出してみます。

・音楽36時間再生出来る割に、動画5時間再生はちょっと短い気がする。
・管理ソフト「Creative Centrale」の動作が気になる。ダウンロードできるようなので試してみるといいかも。
・対応フォーマットが普通すぎる。flvとか再生できたらいいな~と思う。


ウォークマンやiPodとは違う別方向に進化したメディアプレーヤーになってるみたいです。
音楽や動画だけではなく、ネットワークも使う点がhamoのツボに直撃してますw
こういった最先端のガジェットが大好きなんだと改めて思います。

しばらく様子を見てレビュー記事が出そろってきてから購入するか決めることにします。
[ 2008/07/12 11:03 ] オーディオ関連 | TB(0) | CM(0)

イヤホンを買ってきました。 

先日壊れてしまったMDR-EX71SLの代わりになるイヤホンを買いに行って来ました。

近所の家電量販店はヤマダ電機と100満ボルトだけなので
今回はポイントがある100満ボルトで購入することにしました。
さてさて、どんな製品にしようかな~♪
かなりノリノリでGOGO!です。

予算は少ないので「安いけどまあまあいいもの」を選ばないといけません。

本当はMDR-EX71SLを買うことが出来ればいいんですが、4400円もしていたので断念。

結局一つランク下のMDR-EX51SPを購入することにしました。

MDR-EX51SPs.jpg

[ 2005/06/19 01:55 ] オーディオ関連 | TB(0) | CM(0)

MDR-EX71SLが壊れた。 

前回、MDR-EX71SLの紹介をしましたが今日になって壊してしまいました。

いつものように使おうとバッグから出そうとしたんですが
途中で落としたことに気づき、慌てて引き返すと・・・・・自動車に轢かれていました。
見事に全壊。ケーブルが逝ってしまってます。

EX71SL-1s.jpg

部品もどこかに行ったし、修理不可。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。

[ 2005/06/18 00:10 ] オーディオ関連 | TB(0) | CM(0)

カナルタイプのイヤホン MDR-EX71SLの紹介 

私は外で音楽を聴くときにカナルタイプのイヤホンを愛用しています。
カナルタイプというのは要するに耳穴に突っ込む(押し込む)タイプのイヤホンのことです。
私はMDR-EX71SLを愛用していました。

MDR-EX71SLs.jpg

このようなタイプのイヤホンです。(写真はMDR-EX71SL)

普通のイヤホンと違い、耳栓のような感じなのでとても遮音性に優れています。
また、音漏れも少なくてまさに外で聞くにはぴったりのイヤホン。
しかも耳穴の小さい人でも装着ができるので普通のイヤホンが痛いという人にはいいかもしれません。

欠点を挙げるとすると人によって装着感がぜんぜん違うということです。

イヤホンを耳穴内に入れるときにチップ(押し込む部分のパーツ)というものを交換することによって装着感を変えるのですが、合わない人にとってはどうしてもダメなみたいです。
それに耳栓のようにねじ込むので異物感がどうしてもダメという人もいるみたいです。

EX71SL-4s.jpg
MDR-EXシリーズのチップです。
EX71SL-5s.jpg
裏です。

私は相性がいいのか不自由なく使えてます。
長時間使っていても耳が痛くなるということが全くないので快適です。

さて、話をMDR-EX71SLに戻します。
このイヤホンは今から3年程前に購入しました。
さすがソニーで、チップの装着感はかなりいいです。
それだけを評価する人もいるくらいなのでカナルタイプの入門機として買ってもいいと思います。

ただ、素の音はお世辞にもいいとは言えません。
悪く言えば「ドンシャリ」(低音と高音が出すぎてドンドンシャリシャリという感じの音)です。
ソニーの低価格帯はよくこのような音の製品が多いそうです。

特にこのタイプは低音がでるのでなおさら目立ちます。

そこで改造をして音質を改善させます。
具体的に書くと、本体の音の出る穴のところに耳垢侵入防止用のフィルターがあるのでそれを取り除き、その代わりに綿などで耳垢対策をするだけです。
所要時間は10分弱くらいで、こんなに簡単な作業で音質が劇的に代わります。

音が気に入らない方は試してみるといいでしょう。

購入する時はこちらからどうぞ。

他のカナルタイプのイヤホンのことが知りたいという方はここに行ってみるといいです。
ヘッドホンスレ/低価格でナイスなイヤホン - wiki@nothing

[ 2005/06/17 23:43 ] オーディオ関連 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。