自動車免許を取得することにしました。 

先日から自動車教習所に通っています。

大学へは原付で通うことなっていたのですが、

「今のうちに車の免許を取っておけ」

と、父の鶴の一声で自動車免許を取ることになりました。

知ってる人も多いと思いますが、普通車免許を取ると原付も乗る事が出来ます。

ただ・・・・・車の免許って高いですよね。
私の場合は約27.5万円ほど掛かる事になっています。
しかも仮免許取得までに全額を納めないと行けません。

何所からそんな金が出てくるのか非常に疑問なのですが

「何とかするから行って来い」

と父から力強く頼りない言葉を貰いました(笑)
いや、決して笑い事じゃないんですけどね。
頼りない声で「何とかする」とか言われた日にはガクガクブルブルものです。

パソコンも買わないといけないのにな~
ってそっちはバイトすれば返せるか。

来月中にはバイトする予定でいます。
どこかいいバイト先があれば紹介してください(笑)
[ 2006/02/24 21:45 ] 雑談 | TB(0) | CM(2)

サイバーオンクレジットで見逃していた点・・・・・ 

typeSZがサイバーオンクレジットで金利1%で購入出来るとのことなので
申し込みをしようと契約書に目を通してみました。

※高校生以下の学生の方はお申込みいただけません。

出ましたよ。伝家の宝刀、年齢制限。

一応、自分名義でローソンパスVISAなら持っているのですが
リボ払いの実質年率12.00%となかなか金利高いです。
約23万円で2年程度で返済予定な為、約5万円とかなり手数料がかかります。

卒業まで残り2週間程度なので気長に待つとするかな・・・・・
[ 2006/02/20 18:52 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

VAIO typeSZ購入決定。 

両親や友人と相談した結果、ソニーのVAIOノート、
typeSZを購入することに決まりました!

先日、typeSZの実機を見てきましたが、なかなか良い機種のようです。
ベンチマークを3回連続で動かしてみましたがほとんど熱を持ちませんでした。
ファンの音もほとんど聞こえなかったと思います。
フリーウェアのゲームをダウンロードして、5つほどデモモードで動かしてみましたが
それでもIEがサクっと起動して動いているのはちょっとした感動物です。
正直、Yonahの性能を侮っていました(笑)
まさかこれほど高性能だったとは・・・・・・

多少気になる点としてはキーボードのストロークの深さでしょうか。
最近のノートにしては長めなので僅かに指の引っ掛かりが感じました。
決して打ちにくいキーボードではないのですが、ノートユーザーから見れば
もう少ししっかりとした打鍵感のあるキーにして欲しかったです。
キー自体も大型化されていて、特にエンターキーが大きいですね。
ただ、多少キーがカチャカチャと揺れるようです。
押し込んだときの剛性感はあるので、構造上の問題なんでしょうね。
キーストロークを確保する為に犠牲になったんでしょうか。

その代わり、デスクトップユーザーの知人は打ちやすかったと好評でした。
デスクのキーボードはストロークが深く、キー自体も大きいですからね。
この辺は慣れてしまえば問題なさそうです。


購入の決め手となったのはCPUとGPU(グラフィックチップ)です。

SZはインテル社の最新デュアルコアCPU「CoreDuo」を搭載しています。
文字通り一つのCPU内部に2つのコア(計算部分だと思えばOKです)を内蔵していて
一度に多くの処理をしても動作が遅くなる事が少ないそうです。
従来のPentiumMより最大60%近く性能が向上しているとか。

その上、CPU自体の消費電力は上がっているものの、プラットフォーム全体で見れば従来より30%近くも低くなっているとのことです。
つまりバッテリーの持ちも良くなったわけです。

性能は遥かに向上し、バッテリーの持ちも長くなったとあっては
もうCoreDuo搭載パソコン以外は購入する理由がほとんどなくなりますね。
一応、PentiumMは値下げが始まっていますが、夏モデルあたりにならないと
御買い得、とはいかないようです。

それに、現在のPentiumMでCoreDuoに性能を近づけようとすると価格が高くなるようです。
しかも、それですら勝てるかどうか分からない処理速度の差があるようです。
デュアルコア非対応ソフトの場合はまだ分があるようですけどね。

今買うならCoreDuoを搭載したノートパソコンがオススメです!


また、3Dゲームなどで必須となってくる専用GPUも高性能なチップが採用されています。
SZはNVIDIA社の「GeForce 7400 with TurboCache」を標準で搭載しています。
ゲームをしない人には馴染みが薄いメーカーですが、ATI(Advanced Technology, Inc)と並ぶ二大メーカーの一つです。

店頭モデルでベンチマークをしたところ、モバイルノートにしては驚愕のスペックがでました。
ファイナルファンタジーのベンチマークテストがあるのですが
高負荷モードで4000近いスコアを出しています。
ピンと来にくいですが、これは一昔前のデスクトップと勝るに劣らない数字です。
FF程度ならば問題なく遊べるとか。

尚、SZ独自の「ハイブリッド・グラフィックシステム」でチップセット内蔵GPUと切り替えて長時間駆動に適したモードにすることも出来ます。
パワーがいるときだけ専用GPUを使う事が出来るんですね。

あんまりゲームはしないと思いますが、エクセルなどが快適に使えるようになるのは大歓迎です。
これから使う機会も増えそうなので選んで後悔することはないはずです。

納期が2週間近く掛かるそうなので今週中に注文しておこうと思ってます。
細かなスペックで微妙に迷いますね。
[ 2006/02/20 16:16 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

W41CAのバグ? 

久しぶりに更新です。
普段から飽きっぽい性格なんでなかなか毎日書けるもんじゃないですね。
毎日更新するサイトの方々はすごいです。

それは置いておいて。

W41CAのバグらしきものを見つけました。
見つけたというよりは偶然気づいた程度ですが。

まず、電波OFFモードにします。
この状態ではメールやWEBは送信出来ないのでエラーメッセージが出ます。

EZ WEBの場合は「電波OFFモード(M54)が設定されています。」とでます。

M54というのはメニューの電波OFFモードの番号です。

しかし、Eメールでメールを送信してみると・・・・

「電波OFFモード(M57)が設定されています。」と間違った番号が表示されています。
実際にM57を選択すると「ケータイアップデート」の項目が出てきます。

多分入力ミスだと思うのですが、困る人も出てきそうな予感・・・・
早めに対処してもらいたいものですね。
[ 2006/02/18 21:18 ] 雑談 | TB(0) | CM(1)

「W41CA」の気になる点。 

W41CAの気になる点をいくつか紹介します。

・文字入力、メニュー、EZ Webの終了動作、などのレスポンスがA1402Sより遅い。
SonyEricssonが一番動作が速いそうです。
前機種がA1402SとSonyEricssonだったので遅く感じただけで、
大半の機種はこんな感じみたいです。

・動画がWQVGAに対応していない(現在のテスト結果より)
携帯動画変換君のW21CA用プロファイルではWQVGAは不明なファイルとして扱われてしまいます。
バイナリエディタでヘッダ辺りを偽装でもすれば出来るかもしれませんが
今のところは情報待ちです。

・miniSDのカバーが空けにくく、取り出しにくい。
爪をかける溝がカバー奥にある為、爪を切った直後では空けづらいです。
もう少し手前にあれば良かったのですが・・・・・

・テレビリモコンを使うときはEZテレビ番組ガイドを起動し、メニューからリモコンを選択しないと使えない。
一言で言うと「手順が多い」
リモコン専用のアプリが欲しいところ。

・背面液晶が無い。
W41シリーズの大半は背面液晶が非搭載となっています。
時刻や着信、受信確認がし難いですね。

・イヤホンとの接続端子のカバーが空けにくい。
素材が柔らかめで最初は空けにくかったです。
慣れれば問題ないですが、スライド式が良かったな。

・カメラに指が触れやすく汚れやすい。
構造上、指の掛かる部分にカメラがある為、ついレンズを触って汚してしまいます。
ストラップにクリーナーをつけた方がいいでしょうね。

・十字キーの下ボタンとクリアキーとが近く、押し間違えやすい。
変換するときに押し間違えたりします。
慣れれば大丈夫なんでしょうが、しばらくは苦戦しそうです。

・電源ボタンとEZキーが近い。
間違えてソフトを終了させてしまいます。
ボタンを離したほうが良かったかもしれません。

・ダミーのマイク穴は紛らわしいので無くした方が良さそう。
家族に貸したらマイクの場所を思いっきり間違えてくれました(笑)
普通に話す分には問題ないのですが、紛らわしいですね。
それかマイク部分に「MIC」などと刻印を入れてもらえれば良かったです。

・クレードル自体にデータ通信モードとマスストレージモードの切り替えスイッチをつけてもらいたい。
頻繁に通信モードを切り替える私には必須な機能。
MySyncの時はデータ通信モード、SD-Audioの時はマスストレージモードと
切り替えが必要になり、そのたびに変更しなくてはいけません。
一応本体には接続時に選択できるモードもあるのですが、その場合は
ビュースタイルで本体に挿さないといけないので、面倒といえば面倒です(笑)


良かった点も数多くあります。

・ATOK for au + APOTの日本語変換が非常に賢い。
・回転式2軸液晶で動画鑑賞やカメラ撮影がしやすい。
・メールの送受信が1Xより非常に早い。
・EZ Webなどの通信速度が早く、サクサク見れる。
・スピーカーに品質が良く、音割れがしにくい。
・カメラの画質がA1402よりよく、使用頻度が上がった。
・ビジネスショットは時刻表などの撮影するとき便利。
・十字キー下を押すと出てくる待受ショートカットの使い勝手が良好。
・アプリの起動がA1402Sより早い。
・バーコードリーダーの認識速度が驚異的なまでに速い。
・A1402Sと厚さが変わらず、画面が広くなった。
・アデリーペンギンのFlashが可愛い。
・FeliCa対応で財布無しでも問題なくなった。
・メニューから赤外線受信がすぐに選択できる。
・FM再生が意外と音質が良い。
・SD-Audioが音質が良く、BGM再生が可能。また転送も楽。
・1時間近い動画ファイルを再生する事が出来た。
・A1402S専用ACアダプターを加工するとW41CAでも使用可能だった。
・サイドの専用シャッターボタンで半押しが可能。
・#長押しで白色LEDライト点灯。
・光センサー内蔵で、暗くなるとキーのバックライトが自動で点灯する。
・EZナビウォーク対応。

思いつくだけでもこれだけ便利になりました。
あまりに機能が増えたので使いきれないです(笑)

前の携帯が2年近く前の機種でCDMA 1X対応と古かった為
今回の機種変更では長所ばかりが目立つ結果となりました。
ここ最近の機種から乗り換えの人ならば、多少便利になったくらいだと思います。

それでも赤外線機能やFeliCa搭載など機能も充実しているのでいい選択肢になるでしょうね。
まぁ、W41CAはスタンダードな機種として扱われているので機能重視の人には
物足りないのかもしれませんが。

全体的なバランスから言えば春の新機種の中では一番良い機種ですよ。
[ 2006/02/15 23:55 ] 雑談 | TB(0) | CM(12)

W41CAで音楽・動画を再生してみよう! 

結論から先に言えば、過度な期待さえしなければかなり使えます。

音楽はSD-AudioがAAC 128kbpsが再生でき、音質が良く、変換も便利で簡単。
動画は最大でQVGA(320×240)までのサイズが再生可能。
ファイルサイズは100MBを超えても再生が出来ました。

SD-Audioの変換は「MOOCS Player」というフリーウェアを使用。
動画は「携帯動画変換君」のプリセット変換で問題なく変換出来ました。

さすがに一度の更新で全て書ききれないので何回かに分けて書いていくつもりです。
・・・・・・時間が取れればですが。

動画の再生ですが、期待していなかっただけに感動しました。
欲を言えばもう少し解像度を上げても再生できればよかったのですが
そんなに頻繁に見るわけでもないので問題ないと思います。
字幕も確認出来る位に再生できますしね。

SD-Audioですが、BGM再生をすることが出来たようです。
未だに説明書に目を通していないので気づきませんでした。

miniSDを持っていなかったので昨日、A-DATE社256MBを購入してきたのですが
512MBあたりを購入しておけば良かったかなと今更ながら後悔しています。
まぁ、2700円程度と目先の安さに飛びついてしまった訳なので
後悔しても始まらないんですけどね
[ 2006/02/14 14:14 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

W41CAで音楽を楽しむときはデータフォルダから直接再生が一番! 

W41CAには「au Music Player」という専用のオーディオプレーヤーソフトが内蔵されています。
BGM再生や「うたとも」などが可能なプレーヤーです。
「au Music Port」で取り込んだ音楽はこれで再生します。

また、W41CAにはSDオーディオプレーヤーというSDオーディオ用の
プレーヤーも搭載されています。
これはminiSDがあるとき使います。

さらにデータフォルダーからも着うたなどを直接再生する事が出来ます。

基本的にどれも同じ音質になるはずなのですが、何故か違いがありました。

SDオーディオはminiSDを持っていないのでなんとも言えませんが
au Music Playerとデータフォルダの直接再生では変わってしまいます。

具体的には高域の表現力が異なっています。

au Music Portでは高域が「シャリシャリ」と微妙にザラつく音質になるのですが
データフォルダの場合はそれがほとんどありません。
念のために数曲取り込み直して比較したのですが、結果は変わらず。

プラシーボ効果なのかそれとも本当に異なるのかは自分では
正確に判断は出来ませんが、個人的に音質に違いはあると思っています。


hamoは「データフォルダからの直接再生」をオススメします!
[ 2006/02/13 09:22 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

auMusicPortで 

付属されているau Music Port(以下「aMP」)でHE-AACの音楽を作ってみました。
拡張子は「.KMF」のようです。

aMPの最新バージョンをauのサイトからダウンロードしてきましたが
9KB/s程度しか速度がでず、結構時間が掛かりました。
もう少しサーバー強化した方がいいのではないでしょうか?

ちなみにバージョンアップ機能がaMPには搭載されているので
わざわざ落とさなくても良かったんですけどね。

aMPなんですが、フラッシュを多様しているのか非常に動作の遅いソフトです。
CPU使用率100%なんて頻繁に起こります。
シンプルモードなどを用意した方が良かったのではないでしょうか。
WindowsXPしか使えませんし、メモリー256MB以下のパソコンでは
インストールすらさせないというのはどうかと。

一回一回の動作でフリーズするのもいただけません。
PentiumM 1.6GHz メモリー512MBのパソコンですらこの状況なので
それ以下のパソコンではまともに使えるとは到底思えません。
ある程度パソコンに慣れた人ならあまりの遅さに閉口するでしょうね。

動作改善を強く希望したいところです。

また、ユーザーインターフェースも見た目は良いですが
設定項目や細かい面で使い勝手がよく無いですね。
特に「MINIモード」にしたとき、元に戻すボタンを設置していないのには呆れました。
タスクバーから「右クリック」→「元のサイズに戻す」で戻せましたが
初心者に対して配慮の欠けたデザインだと思います。


とまあ、aMPについての愚痴を書いたところで本題に入りましょう。

aMPでは「HE-AAC」というコーデックの音楽ファイルを作る事が出来ます。
ただし、独自形式にしているようなので自作は難しいかな?
この辺は多くの方が挑戦しているようなのでいつかは解決できると思います。

aMPではCDから最大48kbpsのHE-AACファイルを作る事が出来ます。

意外と低ビットレートの割に音質は頑張っている方でしょうか。
辛口で書けば高域が足りず、低域も良くありません。
曲によっては「響き」が足りず、変わった感じになってしまいます。
私の印象で言えば「ドライ」でさっぱりとした感じですね。
48kbpsなのでそんなものといえばそうなんですが・・・・・

音楽の取り込みはCDのみとなっています。
著作権なのか着うたを売りたいのかその辺の事情は分かりませんが
CDからしか取り込めないのは困りますね。
MP3の資産が多い私には非常に使いにくい仕様です。
またCD借りてくるのも面倒だしなぁ・・・・・

今のところはMP3をSoundPlayerLilithというソフトでWav形式に変換し、
「SuperウルトラISO」というソフトの体験版で仮想CDイメージに変換して
DaemonToolsでマウント。
それからaMPで取り込みという非常に面倒な手順を踏んでいます。

また、最大ビットレートが48kbpsというのも気になります。
これは「着うたフル」と同じビットレートなのですが
CDからの取り込みも同じビットレートにする必要性が分かりません。

着うたフルの場合は容量削減という名目があるので何となく理由は分かるのですが
CDからも同じビットレートというのはどうなんでしょう。
ビットレートくらいユーザーに選ばせてもらえても良いと思うのですけどね。

今は、自作着うたを作れないかと四苦八苦しています。
出来次第、ブログにUPする予定でいます。
[ 2006/02/12 23:57 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

「W41CA」を購入!さっそく写真付きでレビューしてみます 

今日の午前中に予約しておいたW41CAを受け取りに行って来ました。
機種変更は初めてだったのですが、滞りなくスムーズに終了。
店員のお姉さんがとても親切な方で助かりました。

登録の書類記入+データ移行などを含めて大体40~1時間程度。
かなり混んでいたので遅くなったのかな。
サービスなのか、お茶碗とミニルービックキューブ、ソーイングセットを貰いました。

御土産
お茶碗は取り忘れ。

ちなみに、念のために保険証を持っていきましたが必要ありませんでした。

以下レビューです。


本体箱
W41CAのケースです。
購入した店の裏側に積み上げられてありました。
在庫は潤沢なのかな?


CDと注意書き
CDと「安心ナビ位置確認」「安心ナビエリア通知」アプリについての注意書きです。

現在、「au Music Port」はバージョン1.05となっています。
CDの内容が古い為、こちらから最新版の「au Music Port」をダウンロードすると良いでしょう。
au Music Portダウンロード
説明書(PDF)も手に入ります。

「au Music Port」について知りたい人はこちらをどうぞ。
ITmedia +D LifeStyle:“iTunes追撃”のライブラリソフト「au Music Port」を試す (1/3)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0601/20/news007.html

もう一つのCDはUSBドライバーや操作方法のムービーが入っています。


説明書
説明書などの書類です。
最近の取扱説明書は辞書のごとき厚さです(笑)
読む気も失せますが、一度は目を通さないと後々困るんですねぇ。


A1402SとW41CA
左が今まで私が使っていたA1402Ⅱ、右がW41CAです。
横幅はほぼ同じで、縦のみW41CAの方がヒンジ部分だけ長いという感じです。
質感ではW41CAの圧勝です。
厚さはまったく同じ。
ポケットに入れても前とほとんど感触が変わりませんでした。


液晶画面比較
W41CAの液晶は全体的に輝度が高く、コントラストも高いです。
視野角も比較的広く見やすいです。
発色も6万5千色ですが、それを感じさせない暖色系の綺麗な発色をしています。
A1402Sと比べると縦長の印象が強いですね。
実際は同じ横幅です。W41CA:240×400 A1402S:240×32

液晶の右下にあるのは保護フィルムの端です。


ヒンジを回転させてみた
2軸ヒンジの剛性はモックよりも強度があるように感じました。
また、モックよりも硬めなのか片手で締めても回ることはないようです。
初めて2軸ヒンジの携帯を持ちましたが、デジカメを使うときなど便利ですね。


マイクの位置
W41CAはマイクの配置が独特です。
何とアプリキーの上という変わった位置にあります。
最初は「ちゃんと聞こえるの?」と疑問でしたが、使ってみると納得。
液晶部分が長い為、口の近くのマイクがくるんですね。
また、液晶を裏返しにするビュースタイルでもマイクの位置が
口元に来る為、性能を維持したまま使うことも出来ます。
ただし、スピーカーなどの位置が上下逆になるので注意しないといけないですね。


ダミーのマイク口
本来のマイク位置にはダミーの口が開いています。
開発者インタビューによるとデザインの為だそうです。
最初は廃熱用に考えていたとか。


通常の明るさでのバックライトの見え方
周囲が通常の明るさでのバックライトの見え方です。
本来ならばこれ位明るいと光センサーの働きで光らなくなるのですが
設定で光らせるようにしてあります。

波型のキーが意外と打ちやすくて好印象です。
ただ、私の手が小さいのか一番下の0キーなどが押しにくく感じました。
本体の下の方を持てば打ちやすくなるのですが、バランスが悪くなり落としそうで怖いです。
多少、手の小さい人は慣れが必要でしょうね。


薄暗い場所でのバックライト
薄暗い場所でのバックライトの見え方です。
点灯し始める明るさではこれくらいの光量です。


暗闇でのバックライトの見え方
暗闇で点灯させてみました。
綺麗な赤色で光っています。
パンフレットに載っている写真とほぼ同じ色ですね。


本体裏、バッテリー挿した
バッテリーカバーを外してみました。
リチウムイオンバッテリーの製造元はカシオ計算機株式会社。
定格 3.7V 740mAh です。
余談ですが、カバーが思いのほか硬く空けにくかったです。

カメラの周囲にあるゴムのような緩衝材の部分はプラスチック製でした。
カメラのすぐ横のメッシュ部分はステレオスピーカーです。


本体裏、ICカード挿した
バッテリーを外すと「au ICカード」が見えます。
製造番号など見られて困りそうな箇所は画像編集で消してあります。


裏面、バッテリー、ICカード外した後
外すとICカードとの接点があります。


au ICカード
これが「au ICカード」です。
これが無いと通話などが出来なくなるなど制限を受けることになります。
また、(うろ覚えですが)登録をすると他の機種にICカードを
差し替えて、機種を使い分けることも出来るようになるそうです。
例えば防水機能の優れた携帯などを登録しておけば
海などに行ったときに重宝しそうです。


USBクレードル表
USBクレードルです。
これにW41CAを挿すとUSBケーブル経由でパソコンとつなげる事が出来るようになります。
充電するときは別途ACアダプターを挿す必要があります。


USBクレードル裏
USBポートには(剥がしてしまいましたが)パソコンにドライバーを
入れるまで、挿してはいけないと注意書きが張られていました。
右の差込口はACアダプター用です。


クレードルにW41CAを挿したところ
クレードルにW41CAを押すと、充電が始まります。
ビュースタイルで挿すと、自動で時計表示が始まります。
変更可能かどうかは説明書を読んでいないので分かりません。


USBケーブル
説明不要のSUBケーブルです。


ミニプラグ変換ケーブル
携帯とイヤホンを繋ぐ、ミニプラグ変換ケーブルです。
これが無いと普通のイヤホンなどで音楽を聴くことは出来ません。


接続してみた
オーディオ用ケーブルに繋いでみました。
再生しているのはキャンペーン中で無料だった宇多田ヒカルの新曲。
「KeepTryin'」です。
前に作ったデジタルアンプに繋いで鳴らして見ると・・・・・

やっぱりそれなりの音質ですねぇ。
センター試験のICプレーヤーよりは遥かにいいですが、MP3 128kbpsには敵わない感じです。
もともとビットレートも低いのでしょうがないといえばしょうがないですけどね。
ただ、低い割には良好な音質なので、外で聞く分には十分ではないかと思います。


ステレオイヤホン
付属のステレオイヤホンです。
ステレオイヤホンとだけしか書かれていないのですが、何所かで見たような形です・・・・・


検証1
下にあるのが私の持っているドイツのメーカー、ゼンハイザー社のMX300というイヤホンです。
下が問題の付属イヤホン。
素材の違い(?)はあるものの非常にソックリです。


検証Ⅱ
イヤホンの穴の形状まで一緒です。
どうもゼンハイザー社のOEMのようですね。
そういやMX300自体、日本の会社のOEMとも聞いた事があったような・・・・・


違い1
MX300と比べて決定的な違いはケーブル素材とコードの分かれ方、そしてこのプラグ形状です。
付属のイヤホンはストレートタイプの金メッキプラグを使用していました。
MX300は直角に曲がったクロムメッキプラグを使っています。


違いⅡ
ケーブルの分かれ方も違います。
MX300はY字型ケーブルという左右の長さが同じケーブルと使用していますが、
付属のケーブルは主流の首に回すタイプで、扱いやすくなっています。
ケーブル自体も絡みにくい弾力性の高い素材を使用しています。


その内、使い勝手などについてもレビューして行こうと思います。
[ 2006/02/11 20:53 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

「W41CA」発売日やリンクの個人メモ 

2006年度 au春のWIN対応新型ケータイ登場!」で紹介したカシオ計算機の「W41CA」の追加情報があったのでメモしておきます。
随時追加していきます。

2月10日更新

2ちゃんねるのW41CAスレで検索したところ同郷の方が価格を聞いていてくれていました。


au WIN W41CA by CASIO Part25
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/keitai/1139503338/

250 名前:226[sage] 投稿日:2006/02/10(金) 20:16:00 ID:xhWt8qZE0
価格再度訂正

北陸@金沢100満ボルト本店
機種変更13ヶ月以上~

本体価格:27640円
最大割引:17140円(10500円引き)
店員の姉ちゃんの話では在庫はあまりないらしい
ポイントは通常の2倍の20%

北陸@野々市ヤマダ電機
機種変更13ヶ月以上~

本体価格:28140円
最大割引:17640円(10500円引き)
在庫なし再入荷日不明

どちらともACアダプターは別売りです。

ちょうどこのスレを読んでいた時、電話が掛かったので見てみると

「100満ボルト金沢本店」

とてもナイスなタイミングです。
「グッジョブ!」って言ってもいいですよね?

念のため価格を聞いてみると報告どおりでした。
また、先に予約してあった為、20%のポイントが付くそうです。
通常が10%なのでお得ですね。

明日が楽しみです。

ケータイWatch
ケータイ新製品SHOW CASE au W41CA(フィエスタオレンジ)【速報版】
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/showcase_top/27729.html
実機を使用したレビュー記事が出てきました。

発色は意外といい方だと思います。空の色が綺麗に出ています。
色鉛筆の色も青系統が多少苦手のようですがはっきりと出ています。

全体的に見れば、細かい文字が潰れたりとザラついた印象です。
これはカメラの素子がCMOSであることが原因でしょう。
CMOSは構造上ある程度ノイズが混じる為、油絵のような感じになります。
画素数の量や、レンズがプラスチックなのも要因の一つなのかもしれませんね。
気になる人には気になるのかもしれません。

ただ、カメラの画像を見る限りでは必要十分な性能を持っているようです。
私が普段使っているデジカメはCASIOの「EXILIM EX-Z55」ですが
正直、ここまで綺麗ならばデジカメの代わりとしても使えそうだと思いました。

しかし、ケータイのカメラもここまで綺麗になりましたか・・・・・
30万画素CMOSカメラ搭載のケータイなどもう古いんでしょうねぇ。

KDDI au: オンラインマニュアル > W41CA
http://www.au.kddi.com/manual/w41ca/index.html
オンラインマニュアルが公開されました。
説明書を無くした時に便利です。

2月9日更新
ITmedia +D モバイル
W41CA「回転2軸で最薄」を実現するための、これだけの工夫 (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0602/09/news027.html
インタビュー記事の後編です。
薄くする為に多くの改良が施されたそうです。

今日は四国・中国エリアの発売日です。
今のところレビュー記事は見当たらないなぁ。
こちらは11日発売なので手に入り次第記事を書く予定でいます。

2月8日更新
ケータイWatch
「W41CA」開発者インタビュー  WINスタンダードモデルで最高の完成度を目指す
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/interview/27673.html
開発者の方々のインタビューです。
明日の発売前に気分を高めるのにどうぞ(笑)

2月7日更新
とうとう発売日が決定しました。
北陸地方は・・・・・いつものように遅いですね。

itmedia060207.png
ITmediaより、引用。

ITmedia +D モバイル
KDDI、薄型FeliCa端末「W41CA」9日から発売
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0602/07/news033.html

ケータイWatch
au、「W41T」「W41CA」を9日から順次発売
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/27663.html

2月4日更新
KDDI au: 機能別製品ラインナップ > W41CA
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w41ca/index.html
いつの間にかau公式サイトにW41CAの紹介が載せられていました。
うーむ。やはりオレンジは色が映えるなぁ。
見栄えもなかなか。
まぁ、ブラックで決めたので変更することはもうないと思いますが・・・・

KDDI au: オンラインマニュアル
http://www.au.kddi.com/manual/index.html
まだW41CAは掲載されていません。
発売日以降に掲載されるでしょう。
マニュアルを無くした時などにご利用下さい。

KDDI au: 地域別情報 > 北陸
http://www.au.kddi.com/chiiki/hokuriku/
なんとau北陸では春の割引キャンペーンで10.500円引きをやっています。

auならみんなにおトク!おトク満開フェア
割引の詳細
新規・機種変更の両方で割引。
2月1日から3月31日までだそうです。
かなりお得なキャンペーンですね。

KDDI お客さま窓口
手続きのご案内
http://www.kddi.com/customer/service/au/tetsuzuki/
新規購入や機種変更の手続きを忘れた人はこちらをどうぞ。
手続きに必要なものが詳細に書かれています。

保険証のコピーを持っていこうと考えていましたが、原本じゃないとダメなんですね・・・・
念のために調べておいて良かったです。

2月3日更新
W41CAまとめサイト @Wiki - トップページ
http://www8.atwiki.jp/w41ca/pages/8.html
W41CAのまとめサイトです。
非常に詳しくまとめられているので購入しようと思っている方は
一度は目を通してみるといいでしょう。

2月1日更新
携帯総合情報サイト
W41T、W41CA、A5518SAの発売日の噂
http://mobile2.seesaa.net/article/12378785.html
噂によると発売日が2月8日になる可能性が高いそうです。


1月23日更新
ケータイWatch
スリムボディにワイド液晶を搭載した「W41CA」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/27367.html
詳細な画像記事があって見やすいです。
ここだけでデザインや主な性能が一目で分かります。

ITmedia +D モバイル
写真で解説する「W41CA」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0601/20/news011.html
ケータイWatchに掲載されていない情報が載せてありました。
新規価格が1万5千円前後になると予想されているようです。
私の予想よりかなり下でした。結果的には良かったです。

カシオ計算機
薄型スリムボディにワイド液晶を搭載した“W41CA”
http://www.casio.co.jp/release/2006/w41ca.html 
「W41CA」製造メーカーのリリース情報です。

au携帯電話 W41CA
http://www.casio.co.jp/k-tai/w41ca/
メーカーの公式サイトです。
詳細なスペックはこちらでどうぞ。

W41CA スペシャルサイト
http://www.casio.co.jp/k-tai/w41ca/specialsite/
その名の通りメーカーの公式スペシャルサイトです。
見るときにはFlashPlayer8のインストールが必要です。
[ 2006/02/10 21:18 ] ケータイ関連 | TB(0) | CM(0)

混沌<カオス>と化したのは・・・・・ 

何度目の正直かもう分かりませんが、部屋の片付けやってます。

超久しぶりに大掃除モード入ってます。
徹底抗戦の構えです。
気力はすでに尽きてますが。

すでに夕食の時間を抜いて4時間も真面目に片付けているんですが、
前より酷くなってきた気が・・・・・
知人に言わせれば「物が多いだけだな。捨てるべし。」だそうです。

私の掃除の手順は以下の通り。

1.手始めに床に置いてある邪魔者を排除する (雑誌、コード、工具、何かの書類など)
2.「掃除の為」のスペースを確保。(具体的にはベッドの上とか床とか)
3.悩みながらも思い出の品を「ゴミ認定」して捨てる。 (この時点でゴミ袋2つ。)
4.どうしても悩むものはベッドの上に一時退避。←今ココ!
5.ある程度片付いたらダンボールに詰め込んでいく。
6.机の上を掃除。この辺で諦めること多い。
7.床に掃除機をかけてスッキリ。
8.最後にダンボールなどを個々の場所に移動させて終了。

確か、年末に実施したときは8時間くらい掛かったような。

基本的に1ヶ月くらい放置した後、急に思い立って掃除するタイプ。
そんなこんなで気が付けば

カオス状態 → 掃除面倒くさい → 放置 → 掃除しなきゃ → 以下、大掃除までループ。

こんな感じ Σ( ̄△ ̄;)

少し前に、知人宅へ行ったら物が綺麗サッパリ無くなっていて妙な感動を覚えました。
前まではいい勝負だったのになぁ・・・・ってそういう話じゃないか。

そういうわけで知人から触発されて今に至るわけです。

えっ?ブログ書いている暇があるならさっさと終わらせろ?
[ 2006/02/05 21:21 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

W41CAを店頭で予約してきました! 

散々迷った挙句の果てにW41CAのブラックを予約してきました。

オレンジは色的に好きだし、印象に残る色で、
デザインともあってるのでいいなーとは思うんですが

若干目立ちすぎ。

普段着は黒色系が多いのでちと目立ちそう。
微光沢があるタイプだったので指紋が目立ちそうな
感じもしたので見送ることにしました。

ブラックは背面がシックな質感でいい感じでした。
意外と高級感はあったです。
ただ、ちょっと味気ない感じもしました。
それはそれで使う場面を選ばないのでいいかなとか前向きに思ってます。

発売日はヤマダ電機では未定で、多分13日以降だそうです。
色は全色になるか順次出すかは未定だとか。
あんまりはっきりとした言い方ではなかったです。

100満ボルトでは11日発売予定だと店員のお姉さんにキッパリと言われました。
あくまで予定だそうですが、ほぼ決定とみても良さそうです。
予約受付をしていたのでそこで最初はオレンジを注文。
後からブラックに変えてもらいました。

御手数をお掛けしました。申し訳ない。 m(_ _)m

発売まであと1週間ほど。
新製品が発売はいつもワクワクします。
[ 2006/02/04 00:38 ] ケータイ関連 | TB(0) | CM(0)

ZIPPOハンディーウォーマーの臭いが気になるようになった。 

購入してから約1ヶ月が経過しました。

なんかシンナーっぽいオイルの臭いがするようになって来ました。
やっぱり一度ベンジンが火口にしみ込んだまま火をつけたせいかな・・・・・

交換用の火口も持ってますがせめて3月辺りまでは持ってもらいたい!
他のサイトを見ると数年交換していないという記事もあるので
意外と丈夫なのかもしれないですね。

この火口の触媒ってプラチナを使っているそうなんですが
プラチナって高温でも酸化しないはず・・・・・
火口が劣化する理由が思いつかないなぁ。

多分、プラチナが酸化するのではなくて綿の部分が(石綿?ガラス繊維?)が解けたりするからとか、触媒に不純物が付着したりとかかなと個人的には思ってます。


1ヶ月使って見ると何となくですが使い捨てカイロとの違いが分かってきます。

もともと発熱量が高い事が売りですが、嘘ではなかったですね。
冷えた手で触っていてもぬるくなりません。
ポケットに入れておくとヌクヌクになります。

また、点火後しばらくは暖かくならないようです。
じんわりと発熱していって30分から1時間くらいで触れないくらいの温度にまで上昇します。
フリース製の袋に入れると程よい温度になります。


オイル充填が雪が降った朝の日課になってます(笑)
ジジ臭くなったものだな・・・・・

寒さに震えるよりはずっと遥かにマシですけどね。
[ 2006/02/03 23:43 ] 便利な小物 | TB(0) | CM(0)