スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金沢の医王山に登ってきました。 

医王山
石川県金沢市医王山道中


金沢の方へ用事で出かけた帰りに医王山(いおうぜん)の山道を走ってきました。
金沢市からさほど離れていないところにあり、この辺ではポピュラーな登山ポイントとして知られているとか。


Google Mapsで見るとこの辺りになります。

大きな地図で見る


実はこの辺りから白川郷まで延びる道があるとか噂に聞いたので探していたのですが、途中で迷いまして、
倉ヶ嶽 → 獅子吼高原 → 倉ヶ嶽 → 気がついたらキゴ山 → 医王山 → 奥医王山というコースになってましたw


倉ヶ嶽1

医王山と勘違いしてた倉ヶ嶽の風景。
道案内の標識が少ないので家に帰って地図見るまで医王山の一部だと思ってました。
恥ずかしい(ノ∀`)


倉ヶ嶽ため池

倉ヶ嶽で偶然見つけた、ため池。
この先に岩場を登るための道がありましたが、途中で立ち入り禁止らしき看板があったので
確認せず引き返してきました。夏場にでも解禁されるのかな?
7月初めにでも再度挑戦です。

この日は気温26度近くあり、ちょっと歩いただけでも汗が(;・∀・)
そこで例のブツを取り出します。


アイスコーヒーが旨い!

事前に魔法瓶に淹れておいたキーンと冷えてるアイスコーヒーです。
汗をかいた後に飲む冷たいコーヒーは格別です。エスプレッソ抽出ということもあって満足感もグー。
ホットも良し、アイスも良し、年中通して魔法瓶は欠かせませんね。
気温が熱くなるこれからの季節、冷たいまま飲み物を持ち歩ける魔法瓶は必需品!


医王山道中

迷ったあげくに到着した医王山山中での一枚。
雲が山にもたれかかるようにかかっていました。山らしくていいですね。

金沢から比較的近いのですが、道が入り組んで険しく、傾斜もきついです。さすが金沢、山だらけ。
しかし、道の険しさに比例するかのように自然が豊かで走っていて非常に気持ちが良い!
新緑鮮やかで、風には土と木々の香りが混じり空気が美味しく感じられます。
道は狭く車1台がやっとなのに観光している自動車が多かったです(高齢の方がほとんどでしたけど)


医王山ビジターセンター

そんな医王山の山中には近代的な建物が建っていました。
のどかな風景に突然現れた場違いな建物の正体とは一体!?


医王山ビジターセンター2

正体は医王山ビジターセンターでした。
登山利用の拠点としての情報案内、休憩場所として無料で利用できるそうです。
思ったよりもトイレが綺麗でしたw
登山装備の方が多く休まれていました。なかなか楽しそうです。


医王山ビジターセンター周辺

すぐ横には広い芝生が広がっていました。
芝生と言うには少々成長しすぎですが、それがまた自然一杯な感じで良い。


医王山ビジターセンター周辺
これ、なんて言う花でしょうね?
ビジターセンター周辺に多く茂っていて1本1本が大きい。
街中だとこうも沢山、大きく育たないでしょうね。
一面白と黄色の花で埋め尽くされ綺麗でした。



中々充実した休日となりました。
今秋からまた就活開始です・・・・・こんな事ばかりしているから内定でないんだろうなぁ。
スポンサーサイト
[ 2009/05/25 00:05 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

アドレスV125G - ミシュランS1にタイヤを交換してきた - 

ミシュランS1


思ったより早くミシュランのS1が届いたので交換してきました。

比較対象はアドレスV125純正のD306G/A
走行距離は1.4万キロですが、スノータイヤに履き替えていた時期があるので実質1万キロ程度です。

タイヤの慣らしも終わっていないためグリップに付いては参考程度です。
乗り心地や旋回性能などについて純正と比較しました。


□ 第一印象

ゴムが固く、がっしりとした感触です。
サイズは純正と同じはずですが、パターンのせいか少しワイドな感じに見えました。

走り出してみると、新品タイアということもあり余計なハンドルのぶれが少なく滑らかに発進。
ジグザグ溝がタイヤ中央に入っているため、ゆっくり走るとごつごつとした感触がハンドルに伝わります。

それとは別に、タイヤ自体も剛性が高く、路面の状態が分かりやすい。
例えるならサスペンションを柔らかめに調整した強化サスに換えた感じです。
乗り心地はそれほど悪くありませんが、純正に比べれば堅い印象が強い。
これが安定感を生み出している要因か?
コンパウンドを触っても明らかに純正D306よりも堅く、乗り心地もゴツゴツ感があります。


□ カーブでのコーナリング性能

一番変化が分かるのが、カーブに突っ込んだときの挙動の違い。
純正D306とは全く異なる感じで、タイヤを替えただけでここまで違うのかと驚きです。

純正では、ハンドルの切り返しがとても軽く、ヒラヒラと曲がっていけます。
カーブでは自分よりもアドレスの方が先に倒れていくような感じ。
直線もなかなか安定しており、ウェットグリップの無さを除けば高耐久で優れたタイヤです。
ただ、余りに傾けると急に切れ込む感じがありました(1万キロ以上走って摩耗しているのも原因?)

S1も、切り返しは軽いのですが純正よりも優しく、実に自然な感じです。
急カーブを曲がるとき、純正ではどんどん倒れて行くのに対し、S1ではそれが緩やか。
元々素性が良いのでしょうね。安定感があるのでいくらでも倒しこむことができます。

ただ、低速でコーナリングになると今度は逆に内側へと切れ込んでいくような不思議な間隔があります。
速度が出ているときはそうでもないのですが、低速だとハンドルが軽く感じます。
明らかに純正とは異質の存在。
さらに速度を落として曲がると、どんどん内側に曲がろうとする癖のようなものを感じます。


□ グリップ

慣らし中で激しくカーブを攻めることができませんでしたが、グリップは純正と変わらないかやや上。
ウェットについても慣らしている最中でしたが、普通のブレーキでは滑る感じはありません。
白線、マンホール上では相変わらず滑ります。


□ 直進安定性

メーカーが「センター部のジグザググルーブが直進安定性と高い排水性を発揮」と謳っているだけあって
わだちや縦溝を踏んでもふらつきが非常に少なく、安定性の高さを感じます。

凹凸があっても変な挙動を起こしにくく、ハンドルを取られることが少ない。
段差を踏んでもタイヤ自体が堅いためか、跳ねる感じがほとんどないのです。

グルービング(道路のレコード溝)を施された道路でも、純正よりハンドルを取られる感じがありません。
純正タイヤでは、溝にタイヤが挟まり勝手に進行方向を変えられるような感覚がありましたが、
S1でわざと溝の上で左右にふらついても、若干ハンドルを取られる感じはありますが十分安定しています。


□ 総合評価

発進・極低速でのコーナリング・ドライ路面では純正D306の方が得意。
直線・溝の多い悪路・ウェット路面ではS1の方が安定性があります。

耐久力に関してはこれからですが、純正の方が上らしいです。

個人的に純正とS1どっちがオススメかと聞かれたら、一度試してとしか答えにくい。
hamoはS1の安定性が非常に気に入ったのでそこそこ持つようならそのまま使い続けると思います。
タイヤ1つでも走り方が思いっきり変わります。
純正で問題ないと思っているのなら、今後も純正タイヤにした方がコストパフォーマンスが良好。
他のパーツでチューンしても思い通りの走りにならないならタイヤ換えてみるのも一つの手です。
[ 2009/05/21 00:41 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(3)

アドレスV125G - タイヤに釘が刺さっている!? - 

なんとなくリアタイヤを覗いてみたら、小さな釘が溝の間に刺さっていて ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

幸い空気漏れを起こすようなものでなく、どうせ数日後には交換するので様子見しています。
放置してバーストとか・・・・・・・しないよね?
[ 2009/05/15 18:38 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

アドレスV125G - ミシュランS1を注文しました - 

次期タイヤ交換に使う銘柄選別で、悩んだあげくミシュランのS1を注文することにしました。

本当は6月以降まで交換を延ばしたかったのですが、予想していたよりもゴムの劣化が早くて
ひび割れが少しずつ広がっており、尚かつ小さな釘がタイヤに刺さっていため交換を決断しました。
(釘はタイヤに刺さったままですw 空気圧は大丈夫そうなので、交換するまでゆっくり走る予定)

ブリヂストンのB01は、V125には不向きらしく、TT92GPはレース向けなので不要。
そんな感じで消去法でいくとS1と純正D306しか残りませんでしたw
純正はいつでも買えるということで、S1に決定です。

楽天のタイヤショップは欠品していたので、ちょっと高めですがWebikeで注文。
18日以降発送らしいので、1週間後には交換できるかなと思います。

届いたら例によって例のごとくレビューしようと考えています。
[ 2009/05/14 12:17 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

NEW MHD-25で、ホットグリップ併用時にたまに点滅する原因を考えてみた。 

NEW MHD-25+ホットグリップで走っていると、ごく偶に暗くなったり明るくなったりを繰り返すことがありました。

あくまで予想ですが、このHIDは供給電圧が一定ラインを切ると省電力モードに入っているのではないかと思います。
例えばアイドリング状態でしばらくおいた後、発進するとわずかながら明るくなることが確認できます。
また、逆に走っている状態から停車するとわずかに暗く変化しています。

そして、ホットグリップをONにしたときに、ギリギリのラインまで電圧が下がるので何らかのきっかけで
通常→省電力モードを往復することになり、点滅のような現象が起きている可能性があります。
単に「省電力モード」なんて大層なものでなく、点灯できる限界になっているだけかもしれませんが・・・・

毎回発生するようなものではなく、今まで2回だけしか確認できていないレアなケースです。
ただ、これが走行中に不点灯を起こすようなものなら、事故に繋がる恐れもあります。

今は気温も暖かくホットグリップは使わずに済んでいますが、冬場がちょっと心配です。
必要以上にバッテリーを酷使する使い方は慎んだ方がいいのかもしれません。
[ 2009/05/14 08:09 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

NEW MHD-25で初不点灯が起きた\(^o^)/ 

いつか起きるとは思っていました。
予想より少し遅かったというべきなのか。

3月頃、アドレスV125Gに付けた原付用HID「NEW MHD-25」が先日初めて不点灯を起こしました\(^o^)/オワタ

いつも通りエンジン始動すると、数秒フラッシング状態になったのち消灯してしまいました。
バッテリー上がりを疑い、今度はキックでエンジンかけてみましたが最初から不点灯。

故障したのか・・・・・としばらく放置して再度エンジンをかけると普通に点灯してくれました。
その後数日様子見していましたが、再発は起きていません。一応報告と言うことで書いてみました。

家に帰ってバッテリーの電圧を測ってみると「12.80V」で以前と変わりなし・・・・・?
バッテリー上がりではないということだろうか?

疑うとしたら例の高電圧コネクターの接触不良ですが、バラして確認しないと分かりません。
近いうちに点検する必要がありそうです。

安いけれど、それ相応に覚悟が必要なサンテカHID。
でも安いは正義ですよね。(国産高品質HIDになると3万以上はザラですし)
せめて3年くらいは持ってくれると嬉しいのですが・・・・・
[ 2009/05/14 00:48 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

アドレスV125G - そろそろタイヤ交換の時期ですが - 

14000kmほど走ったらスリップサインが見えてきました。
もう1000kmくらいで限界来そうな感じ。

ということで、hamoのアドレスV125もタイヤ交換の季節がやって参りました。

現在履いているのは
フロント: ダンロップ D306G (90/90-10)
リア: ダンロップ D306A (100/90-10)

どちらもアドレスV125専用品で、通常のD306より耐久性に優れているらしい。
言われてみれば、スクータータイヤで1万キロオーバーの耐久性ってなかなかの性能ですよね。


ですが!


同じ純正タイヤに交換なんて面白くも何ともない。
やっぱ変わったタイヤを履いてみてこそ純正のすばらしさを実感できるというものです・・・・・ありゃ?

とりあえず交換候補は以下の通り。


ダンロップ TT92GP

言わずと知れたスクーター用レーシングタイヤ。
ドライグリップ最強ですが、ウェット性能は・・・・・
そして消しゴムのようにすり減るのでわずか3000km程度で交換になるそうです。
通学・通勤用とでは不要なので却下。


PIRELLI SL26

スクーター用タイヤとしては高価な部類。高い。
口コミ見る限り、ドライでもウェットでも良い性能みたい。
ただ、摩耗が早くそれほど持たなさそう。
これもちょっとアドレスには向いてなさそう。


ブリヂストン HOOP B01

純正よりややグリップが良いとの噂。ハンドリングが軽くなるらしい。
ただ、耐久力が無くて4000~5000kmでリア限界になるとか。
比較的安いのは良い。
パターンがかわいいですw


ミシュラン S1
一応大本命。
意外とグリップ良好で、安定感があるらしい。
価格も安く、見た目がちょっと太くなるとか。
耐久力はリアで7~8000km程度・・・・?少し短め。
バランスは良さそうです。


ダンロップ D306A・D306G(純正リア・フロント)

個人的な感想では、ヒラヒラ良く曲がる高耐久タイヤです。
ドライグリップがそれなりにあるので晴れたメインなら最高かも。
ただ、ウェットグリップはそれほど良くないので雨の日はある程度慎重に走ることになります。
耐久力最強でリアですら1万キロ以上とコストパフォーマンスだけ見ればこれ以上のタイヤはないですw


耐久度重視なら純正。
安定感と価格で言えばS1ってとこでしょうか。
あと1000kmくらいで交換しようと思うので、6月始めくらいにレビューできるかと思います。
[ 2009/05/04 10:20 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(2)

ちょっと能登まで行ってきた。 

母方の祖母が脳梗塞で倒れたということで、実家がある能登まで行ってきました。

空は雲がほとんど無い素晴らしい青空だというのに、心は全く晴れませんでしたが・・・・・


あいにく自動車が使えなかったのでアドレスV125Gで行ってきましたが、腰やられた(´・ω・`)
道の途中で、整備状態が悪いガタガタ道だったせいで体力奪われました。
あと、シートバッグを乗せていなかったので、腰のサポートが無かったのも効いたみたいです。

以前、長野にいたときはそれほど疲れなかったので、シートバックは偉大さをしみじみと実感。



・・・・・・単純に歳取って体力落ちただけだったりして。
[ 2009/05/01 23:11 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。