スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アドレスV125G - 2年5ヶ月目でバッテリー交換 - 

アドレスV125Gを乗り始めてもうそろそろ2年5ヶ月が経過します。

最近気温が下がってきたせいか、セルスターターの音がだんだんと弱々しくなってきました。
先日、とうとうセルでエンジンが始動できなくなったためキックする羽目に。
まだそこそこ走った後であればセルでもエンジンがかかりますが、チョイ乗りするとダメみたいです。

電圧をチェックすると12.60Vあったのですが、バイク屋で見てもらうとパワーが足りてないそうです。
いわゆるバッテリーの寿命が来てしまっているとのこと。

そこで、純正バッテリーを購入しようと思い、GS YUASA製「YTX7A-BS」を検索すると・・・・・
え、1万円以上するのこれΣ(゚д゚lll)
今のバッテリーを補充電してもすぐにダメになるとかで、交換しないと行けないのですがちょっと高すぎです。
(原材料が高騰しており、以前の倍近い金額になっているとか)


安いバッテリーはないかと探すと、互換バッテリーなる物が存在するらしい。
中国などで製造され、基本的に純正以下の性能で耐久性も低いとか。
ただ、2400~6000円程度で入手出来るため、コストパフォーマンスは圧倒的です。


今回、ウィングという会社が販売している「yell MFフルカルシウムバッテリー YTX7A-BS」を購入しました。

yellバッテリー YTX7A-BS互換

決め手は走行距離無制限で1年間の保証付きである点です。
他社の格安バッテリーでは半年、もしくは数千キロまでしか保証されない物があります。

あと、3000円(送料840円)と純正の半分以下の価格である点も重要。
9000円で純正を買った場合、yellバッテリーなら10ヶ月以上持てば十分元が取れます。
1年保証なので若干コストパフォーマンスが良くなります。

届いたばっかりのyellバッテリーは電圧が12.40Vと初期充電はされているみたいです。
ただ、そのままだと少し不安なのでバイク屋に補充電をお願いしてきました。
明日取りに行くので、取り付けたらまたレビューしようかと思います。
スポンサーサイト
[ 2009/10/16 23:00 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(6)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。