スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ヘッドホン】MDR-1Rを買うか、それともHD650を選ぶべきか【買い換えか?】 

前回、長年愛用しているソニーのヘッドホン「MDR-Z700DJ」の記事を書きました。
満足度の高いヘッドホンでしたが、現代の音源だと少々物足りない部分も出てきました。


まず第一に「長時間のリスニング」が高い側圧と重量のせいで困難だと言うこと。

2時間の映画なんてまず無理。せいぜい1時間でギブアップです。
無理して楽しもうとすると、途中から耳が蒸れて熱くなりさらに痛みに似たかゆみが出てくるので
楽しむどころの騒ぎじゃなくなります。


次に低域の表現がどうしても甘くなってしまうこと。

時代が変われば音源の質も変わってきます。
昔と違い、再生機器の音質が向上しており高域から低域まできちんと表現できるようになりました。
その為か音源側のマスタリングの仕方も変わってきています。

私が一番実感しているのは低域の量感と質。
以前なら安い機器でも低域が感じられるように「中低域」を重点的に持ち上げていたようですが、
ワイドレンジ化したことで「極低域」に比重を置くようになったように感じます。

分かりやすく書くとギターのベース音中心からドラムやコントラバス中心になって、1オクターブ位再生される音の位置が下がったような感じです。
それと音圧もコンプ掛けまくりでギリギリまで稼ぐ風潮から、ダイナミックレンジに重きを置いて
自然な感じを目指しているように思えます。

そんな音楽を聴こうとするとZ700では設計思想の差から音のバランスが崩れてしまいます。

楽しいけど、なんか違う。
表現力が物足りず、もっと良く聴き込みたいと思うようになりました。


そこでヘッドホンを新調を検討することにしました。
試聴したことがあり、良いと思う物を中心に絞り込み、以下の4機種のどれかにしようと思ってます。


1.HD650Sennheiser
HD650
ドイツ ゼンハイザーの旧フラッグシップ機。
開放型で濃密な低域表現が特徴。高域から低域までスムーズに出ている。
解像感の高い音と書かれることが多いですが、試聴して確かに言われるだけの実力を感じます。
女性ボーカルの高域が擦れずに艶を持って迫ってきますし、低域も柔らかく厚みを持って迫ってきます。
数年前に秋葉原の店舗で初めて聴いたとき「今まで聴いていた物はなんだったのか」と典型的な
初心者ユーザーばりに衝撃を受けた物でした。

どのようなジャンルも適度に丸めてゼンハイザーの音にしてしまう万能機種ですね。
優しい音でまったりと聴くならこれ以上はないんじゃないかと思う独特で癖のある音です。
ロックは合わないかと思ったけど、低域に量があるので割といける。
他にないオンリーワンの音だと思います。

同社のイヤホンIE8も所有しているため、音の傾向は大好き。
正直お金があるなら迷わず所有したいヘッドホンです。

ただ、気になる点もいくつかあって

・インピーダンスが高く、出力のあるヘッドホンアンプを経由しないと音量が取りにくい。
・側圧がやや強い。調整の必要性を感じる。
・コードが両出しでちと邪魔。
・音の雰囲気が暗め。聴き疲れしないが刺激も少ない。でも好き。
・クラシックは相性良さそう。ロックやテクノは・・・んー。バランスがなぁ。
・高い。ひたすら高い。最安値で36800円。中古でも2万は下らない。
・さらにヘッドホンアンプや高音質音源など追加出費が確実w

手持ちのウォークマン直出しだと音量も低域のレスポンスも悪くて、PHA-1などのポータブルヘッドホンアンプを経由すればいい音を楽しめるけど、取り回しが悪くなるので考え物です。
良い機種であることは間違いないのですが、扱い方まで配慮しないと行けなくなるので悩みます。
気軽さと対局にあるヘッドホンかなぁ・・・・


2.HD598Sennheiser
HD598
同じくゼンハイザーのミドルクラス。
開放型でHD650よりカジュアル向け。インピーダンスも低い。
しかし音のエッセンスは上位譲りで濃厚で包まれる低域が特徴。

昨年末辺りから海外製ヘッドホンで大ヒットを飛ばした(らしい)ゼンハイザーのヘッドホン。
通称「プリン」
クリーム色のボディにカラメルカラーのパッドで美味しそうです。
音場の広さと雰囲気の再現がとても上手く、低域をベースとしているので音楽的な良い音を鳴らします。
現代の曲ならHD650よりもHD598の方があっているような感じがしますね。
価格もユーロ安の為か2万円を下回り、実売1.7万円前後。
側圧は多少気になる物の、調整(変形)させれば大丈夫か?
価格、音質、音量などバランスが良いので最有力候補。

気になる点として
・HD650より低域が少し物足りない。締まった感じになりゼンハイザーらしさが薄れている。
・HD650より音場が狭い。代わりに中域が張り出してくる感じ。ロックには良さそう?
・色合いがプリン。汚れが目立ちそう。
・プラグが標準。変換アダプター経由しないとポータブル機器に刺せない。
・安っぽい。質感はともかく構造が頼りない。プリンの如く崩れそうw
・なんか数年経たないうちにHD650以上の機種に手を出しそうで怖い・・・


3.MDR-1Rソニー
MDR-1R
ソニーの新型ヘッドホン。現代の基準となるべくして設計された。
液晶ポリマーフィルム振動板を採用し低域が特徴。

久しぶりに出た新型のヘッドホンです。
超高解像度のMDR-Z1000の振動板を音楽的な感じにチューニングして搭載したそうです。

HD650やHD598の低域がウォームな感じなら、MDR-1Rはタイトな低域です。
イヤホンでいうとダイナミック型とバランスドアーマチュア型の違いに感じます。

音の余韻が少なく、ロックやテクノ音源で低域の再現・制動が上手いです。
低域はそこそこです、中低域が結構出てきますね。高域はシャリつきも無く素直です。
ボーカルが近くで鳴ってくれるので聞き取りやすい音です。
余計な音が少なくジャンルを選ばずに聞けそうな感じがします。

全体的に迫力や勢いがあり力強い低域で鳴ります。ロックを聴くならHD598より好き。
意外とバイオリンなどの響きが良くて繋がりが自然に感じます。

特筆すべき点として装着性が極めて良好。
低反発ウレタンのパッドが内側に倒れ込む構造で、フィット感が非常に良い。
本体も軽量で長時間聴いても疲れにくい。
HD650等と違って密閉型なので音漏れも少なく、外出時でも使えそうです。
インピーダンスが低いため、低出力の機器でも十分な音量が確保できます。

気になる点として
・音場が少し狭い。密閉型なので宿命なのかもしれませんがボーカルが脳内定位します。
・上記のせいなのか音のヌケがちょっとだけ悪く感じる。
・音源によっては低域が強く出ることがあるかな。ボヤッとした感じです。
・低域の音圧や迫力はMDR-1Rですが、質感はHD598の方が上手く再現していると思う。
・音場はともかく、音質に癖が少なく面白味に欠けるかも?リスニング向けかもしれない。
・中低域に存在感がある。低域がやや足りず。響きが少ないのかな。
・音の分解能(で用語あってるかな?)がHD598より低く感じる。おそらく低域の締まりが緩いせいか。
・短時間の試聴じゃ評価しにくいヘッドホンです。

新振動板を使ったヘッドホンなので使い込めば評価も変わるのでしょうか。
現時点ではHD598の方が音質的に上に感じます。
でもデザインと装着感、音量の取りやすさ、価格などバランスが丁度良い。
ボーカルの表現は割と上手くて艶も感じますし、音場さえ納得できれば。


4.MDR-MA900ソニー
MDR-MA900
これも新型。
MDR-F1と言うかつての名機の後継となるべくして設計された。

開放型を超えるフルオープン型を採用し、大口径70mmドライバーを搭載。
それでいて重量が200g以下で非常に軽く装着感は4機種の中で最高。
というよりも今まで試聴したどのヘッドホンよりも良好で、付けている事を感じさせない。

お店で試聴していて急遽検討に入れたダークホース。
今まで完全にノーマークだったけど、実際に聞いてみて思わずニンマリした。
「まーた変なヘッドホン作ってるwww」と期待してなかったせいもあったのかもしれないが
想像以上に開放感と、HD598以上かと思われる厚い低域とヌケの良さに驚いた。

写真見ても分かるとおり、ドライバーユニットが宙に浮いている構造でスカスカです。
このボディの何処から出ているのかと驚くばかりの分厚い中低域が鳴ります。
70mmサイズのでかいドライバーを搭載しているお陰でしょうか。
音のこもりも無くフルオープン構造で音抜けが良くて自然です。

パッと聴いた感じではHD598っぽく感じます。
でもなんか聴いたことあるような音なんだよなーと家に帰ってこの記事書いていたら思わぬ所に答えが転がっていました。

KOSSの「Porta Pro」です。
あの妙に賑やかで明るくテンションの高い音の雰囲気に近い感じがしました。
当然ですが音質は圧倒的にMA900が上なんですが、傾向というか爽やかさが近い。

その後しばらくHD598と比べながら聴いていたんですが

HD598:高域から低域まで滑らかに繋がり音が濃密。空間の余韻を感じる。
MA900:HD598より音が薄まるけど、爽やかさが出ていて明るい感じ。開放感抜群。

どちらも開放型で似ていますが、聞き込むと流石にキャラの違いは分かります。
どっちも自分の好きな音なので甲乙決めがたいのですが、あえて言うならHD598の方が
雰囲気の作り方が上手いので良いかな。

インピーダンス整合回路が組み込まれているせいか、手元のiPhoneやスマホに繋いでも音質変化が
ほとんどなかったので機器を選ばないという意味では大変扱いやすいヘッドホンだと思います。

装着感は至高の逸品です。
圧倒する軽さと優しい側圧、さらにフルオープンなので蒸れもほぼ無し。
ケチつける部分は自分の場合一切ありません。

気になる点として
・バンド部を被ったまま調整すると内部のバネに髪の毛が引っかかって痛い。
・側圧が弱すぎるかも?寝ながら被ったら落ちそうです。
・中低域は本当にスゴイが、低域がその割にあっさりしてる。この辺はHD598が上手です。
・中域が少しだけ迫ってくる。音響部品で強調しているのだろうか?
・音がダダ漏れ。音漏れ以前にPortaPro並に垂れ流し。流石に深夜使用はキツイ。
・低域に締まりが無い。ベースは良く出ているが、ドラムの音に締まりが無い。でも圧倒的な量感と音抜けの良さで、これはこれでアリかも。

実売1万後半。ここまで出すならHD598買います。せめて1万前半なら・・・
分解能も音質も価格を考えると悪いと思います(逆に他が安くなりすぎたのかもしれませんが)
でも魅力的な音で自分の好みにマッチしているので後は価格次第かな。



長くなったので〆

総評

再生環境が揃えられるなら → HD650
高コストパフォーマンス → HD598
場所と音源を選ばず使う → MDR-1R
扱いやすさと装着感 → MDR-MA900

最終的にはMA900とHDR598との一騎打ちになりそうです。
予算もうちょっと足せば上を目指せますが・・・今度は再生機器側も強化が必要なレベルになり
ポータブル機器にも挿して使いたいので難しいです。

うーん。思い切ってHD800でも・・・・いや、流石に10万超は・・・・・
眠れぬ夜は続きそうですw
スポンサーサイト
[ 2012/12/08 08:12 ] 雑談 | TB(0) | CM(6)

【ヘッドホン】ソニー MDR-Z700DJの想い出 

MDR-Z700DJ

私の愛用するソニーのヘッドホン「MDR-Z700DJ

1999年に発売されたプロ仕様の密閉型モニターヘッドホンで、つい昨年まで発売されていた超ロングセラーの
ヘッドホンでした。
とうとう昨年生産終了しましたが、例えば価格.comで年間満足度No.1に輝いた事もあり
未だに根強い人気があります。

私も学生時代に購入してかれこれ10年以上の付合い。
本体には「MADE IN JAPAN」と記載のある最初期モデルで、今となってはレアな存在です。
当時は型番にDJが付いていない「MDR-Z700」と言うモデルだったんですよ。

特徴としてはDJユースで設計されているのでハウジング部分を反転させて片耳に当てて使うことができたり、両方折りたたんでコンパクトに収納できて持ち歩くのにも便利でした。
また激しく動いても外れないように側圧が非常に非常にとても強く締め付けてくるため、買った当初は30分以上付けると耳が割れそうに痛かったです。
重量もヘビー級で今でも長時間だと圧迫感と密閉型故の蒸れで掻き毟るように外したくなりますw


そして最大の特徴がデザイン性の高さ。
設計から13年経過した今見ても「格好いいなぁ」と素直に思えるヘッドホンです。
購入当時、音の良さもそうでしたがデザインに一目惚れして即決したような物でした。

2~3年で壊れるかと思っていたら予想外に頑丈。
コードも片出しのカールコード仕様で、しかも太いため断線なんかしそうにありません。
ヒンジ部が脆弱で割れやすいそうですが、折りたたんで持ち歩かなかったためか今のところ問題無し。
ヘッドバンドの部分をよく見ると布張りですし、高コストで丁寧な作りをしています。

音質は設計が古い為、現代の同価格帯の最新鋭ヘッドホンには敵わない部分が多いのですが、古典的なソニーサウンドで低域の量感があります。
高域は明瞭感はそこそこで綺麗に鳴り、その割にキンキンと耳に刺さらない優しさがあります。
高域が出ないのではなく、少しだけ角が立たないように丸めてある感じですね。
ソースによっては目立つ場合もあり、どちらかというと低域に埋もれやすい感じでしょうか。
DJ用に開発しただけあって爆音にしても音割れを一切しないのも流石です。

モニターとあるのに少しボーカルが遠いのですが、低域のバスや高域が聞き取りやすくそういった意味ではモニターサウンド。
現在のヘッドホンのようなクリアさは感じませんが、不思議と魅力的な音をしています。
昔のCDやMDが主流だった頃の音源と良くマッチします。

Z700よりも装着性や音楽性の良いヘッドホンは数多くありますが、デザインまで気を配ったヘッドホンって中々ないですよね。
正直言うとリスニング用途だと重量と圧迫感の強さから長時間試聴できないので万人受けしないキワモノなんですが、今でも色あせないデザインと耐久性の高さは名機と言っても良いと思っています。
[ 2012/12/07 23:11 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。