スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

08年セロー250(FIモデル)にUSB電源を取り付ける。(ニューイング USBステーション・ダブル) 

バイクで遠征するときに欠かせないアイテムの一つがシガーソケット電源。
カーナビやETCの電源としての利用はもちろんのこと、携帯電話の充電にも使えます。
これが有る無しで快適さと安心感が段違い。

バイクの場合、単純にシガーソケットをポン付けできません。
自動車と違って電装品が雨風にさらされるため防水が必須ですし、振動もあるので耐えられる専用品でないとその他の電装品にまで被害が及ぶことも……

良く確認して買わないと面倒なことになります。


ということで定番中の定番、ニューイングのUSB電源アダプターを取り付けしました。
バイク専用品なので防水性もあり価格も手ごろで入手しやすいのです。

ニューイング USBステーション・ダブル

用意したのは以下の2点。
ニューイング(NEWING) USBステーション・ダブル NSMS-005」と
エーモン M260 Y型接続端子 平型端子用

見ない間に新製品でUSB電源2口タイプが発売されていました。

USB 5V電源を2カ所から取れるのでカーナビ+スマホを同時に充電ができるようになります。
バイク用のUSB電源は出力1A程度の物がほとんどですが、こちらは2口合計で最大2.1A(約10W)取れるってのも魅力的です。片側だけの利用なら丸々使えるのでスマホの充電時間短縮にも繋がります。あとでも記載しますがリレーが加工済みで配線してあるので取り付けも非常に簡単でした。

それとリレー回路を動作させるためACC電源からも配線が必要になります。
今回は先人の知恵に習い、ホーン回路から引き込むためにエーモンのY型接続端子も用意しました。
他にも平型端子や電工ペンチ、プラスドライバー、六角レンチ、スパナなど工具類も必要です。



ちなみにニューイングの電源アダプターはシリーズ物になっていて、例えば




ニューイング(NEWING) DCステーションUSB+ NSMS-003公式サイト
以前にCB400SBに取り付けたのがこいつ。
シガーソケット+USB電源(最大1A)の組み合わせたタイプ。
カーナビと携帯電話用などへ同時に出力が取れるので一番人気。
ただ結構横にサイズが大きくなるのでハンドル周りに余裕が無いと厳しいかも。
消費電力の大きいスマホだと上手く充電できない場合もあります。
ナビ+GPSでがっつり動かしてなければ問題ないはずだけどね。



ニューイング(NEWING) USBステーション NSMS-004公式サイト
こっちは今回購入したUSBステーション・ダブルの1個口タイプ。
特に設置スペースに余裕が無い場合は便利だと思います。
カーナビの電源って汎用のUSBケーブルでも取れる場合が多いので困らないはず。
最大出力は1Aなので無理しちゃ駄目ですけど。



ニューイング(NEWING) DCステーション シングル NSMS-002公式サイト
こっちはシガーソケット口が1個のタイプ。
カーナビのみと割り切って使うなら安く売っていることが多く入手しやすいです。
シンプルな構造なのでトラブルは起こりにくいはず。


他にもあるけどよく見かけるのは上記3機種ですね~
注意点としてUSBステーション・ダブル以外はリレー回路が付いていないので必ずACC電源(キーONで通電する回路)から配線を取らないと行けません。バッテリー直結でも一応取れるんですが常時微量でもバッテリーを消費しているので最悪バッテリー上がりを起こす可能性があります。あとキーOFFでもカーナビがシャットダウンしないので手動で落とさないと行けなかったりと不便というのも理由の一つ。

それと変な所から電源引き出すとヒューズ飛ぶ場合もあるので電装を弄る際は注意しましょう(笑)なるべくアンペアの大きい回路から引っ張ることが多いですね。例えばテールライトとかホーンとか。ヘッドライトは交流電源の場合もあったりするので(原付など)私はやらないです。


以下取り付けの様子です。
スポンサーサイト
[ 2013/05/16 07:10 ] セロー250 | TB(0) | CM(0)

08年セロー250(FIモデル)の燃費はどれくらい? 

セロー納車後、燃料を満タンにしてから初の給油をしてきました。

気になる燃費の結果ですが


・走行距離:281km
・給油量 :7.65L
・燃費  :約36.7km/L


さすがインジェクション仕様の250cc単気筒。予想以上に低燃費だった。
30km/L超えたらいいな位に思っていましたよ。

走行の内訳はツーリング240km、市街地40kmで6対1の割合ですね。
市街地の走行は加速を試したかったこともあって回し気味だったかも。
あと無意味に坂道発進を繰り返して遊んでいました(笑)

ツーリングに限定すれば40km/L超えそうです。というか超えていたと思う。
街乗りだけでも30km/Lは軽く上回りそうですね。原付並だ。

セロー250FIは燃料計が無い代わりに燃料残量警告灯が付いており、残量2Lを下回った時点で点灯します。そのときメーターに「F-TRIP」が表示され点灯したときからの走行距離が表示されるようになっています。大体30km/L走ると仮定すると60kmくらいは走れる計算。今回は270km過ぎた頃から表示されたはずなので一回の給油で300kmは問題なさそうです。安全圏は280kmくらいかな?自分の移動範囲を考えると十分過ぎる航続距離です。


PCXに乗っていたときは40~46km/Lで燃費の良さに驚いていましたが、セローも負けてないと思いました。加速もいいし低速も粘るし街乗りでは良い勝負でしょうか。ただ高速道路に乗ったら5速しか無いので凶悪な燃費となるのは確実でしょう。緊急避難として高速に乗れる位に思っておいた方がいいかもしれません。


今まで乗ってたバイクの燃費だと

CB400SBの時は21km/L前後
NC700Xの時は33km/L前後
PCXの時は40km/L以上
アドレスV125Gの時は34km/L前後
スーパーカブ110は最高65km/L、最低56km/Lだったと思う。

低燃費マシーンのカブには敵いませんが動力性能段違いですしねぇ。
250ccということを考えても良い数字出ていると思います。
[ 2013/05/13 21:49 ] セロー250 | TB(0) | CM(0)

08年セロー250(FIモデル)が届いての第一印象。 

先日、カブ110を処分して08年式セロー250 Sの中古に乗り換えました。


人生8台目のバイクにして、初のオフロード、初のヤマハ製バイクです。
バイクと人の相性ってあると思うのですが、ようやく落ち着けそうな予感がしています。


セロー250

前のオーナーさんが通勤用にオンロード仕様にしていたのでタイヤがそのままになっています。

IRC(井上ゴム工業)製のデュアルパーパスタイヤ GP-210を履いていました。
ブロックタイヤで走ったことが無いので比較レビューしようがないのですが、剛性感のある硬めのタイヤだと思いました。直進安定性も悪くなく、タイヤノイズも少ないです。コーナリングではやや直進性の高さが邪魔するのか緩やかに倒れ始めたあと急に切れ込む感じが少ししました。ドライでのブレーキは今まで乗った他のオンロードバイクと遜色なさそうです。ウェットはこれから。素性はとても良さそうなタイヤです。パターンも格好いいですね。

他には純正オプションのワイズギア製リアキャリアアルミアンダーガードGPハンドルガードセットがついていました。どれも無ければ後から購入するつもりのパーツだったので最初から付いているのは嬉しい。



セロー250

限定モデルなのでボディとホイールがゴールドカラーで格好いいですね。
ふとリアタイヤを見るとひげが多く残っている。前のオーナーさん、タイヤを変えてすぐに手放したのか。一瞬よからぬ事を考え不安になった。まー乗った感じでは変な部分は一切ないのでいいんですけど。

とりあえずセロー250定番カスタムというTANAX タナックス MOTOFIZZ モトフィズ オフロードタンクバッグ3 ブラック MFK-082を購入して取り付けしました。このバッグ、開発時のベース車両がセローらしく純正品のごとくぴったり合います。

取り付けも簡単でタンク左右のフレームそれぞれにベルトを通して固定。
上部はマグネットが付いているのでタンクに貼り付けて終わりです。
サイドカウルの外し方が分からなかったのでカウルの外側にベルトを回しましたが、常用するならカウル内部を通した方が傷が付かず邪魔にならないので良さそうです。後日調べて取り付けし直そうと思います。


リアキャリアには邪魔になる荷物をツーリングネットで固定してあります。
昔買ったんですがGIVI箱乗せてしまい使う機会が無かったのでちょうど良かった。
Sサイズだったと思うんですが、レインウェアなども乗せるならMサイズにしておけば良かったかな?使っていくうちに伸びる可能性もありますしどうせ箱乗せるんでしょうから予備として持っておくことにします。



セロー250

まだあった、人生初のスポークホイール。
実物を眺めて「これ自分じゃ絶対に触れないな」と確信した。
組み付けは職人芸になりそう。

あとフロントのブレーキローターの削れ方が中央に偏ってる気がする。
これは後日点検が必要そうだなぁ。

フロントのサスペンションにはフォークブーツが付いていてオフロードらしいアクセントになっている。完全密閉というわけじゃないので錆には注意だけど多少のゴミが付着してもオイルシールが傷つかず良さそうです。



セロー250


正面から見ると大きく感じます。実際はそんなに威圧感ないんですけどね。
丸めのヘッドライトは60/55Wのバルブを使っているのですが配光がよろしくなく拡散気味で暗く感じます。街中だと特に光っているのかどうか分からない場合も。該当の無い夜道を走っていると55Wクラスなので近くを見る分には問題ないですね。もう少し遠くまで配光してくれれば一番ですが。

HID組み込んでもいいんですが、その場合はプロジェクター式にしないと光軸狂いすぎて酷いことになりそうです。中華HID安いんですがね-。しかも一灯式だからトラブルでたら面倒なのでこのまま行くことにします。


他に気になる点としては
・エンジンブレーキが強く感じる。1速はともかく2速でもドン付きを感じる。
・リアサスのプリロードが締め付けてあるのかな?少し硬めな印象。作動は大変宜しいです。
・やっぱりオフロードのシートは細いだけあって尻痛が早め。
・クラッチがほんの少しだけ重い。
・メーターにデジタル時計が付いているので便利。
・タコメーターがないのはオンロードからの乗り換えだと違和感あり。
・加速は予想以上にとても良かった。後半の伸びの悪さは250ccだなと思うけど。
・ハンドルへ伝わる振動は多め。240km走った程度では痺れはなかった。高速だとどうなるか。
・燃料計はなく警告灯。残量2Lで点灯。リッター30kmとして60kmは行けるか。
・9.6Lタンクなので230~260km走行で残量警告出るはずだけど今のところ大丈夫。一度の給油で240kmは問題なく走行できそうですね。燃費はかなり良さそうです。
・おそらく燃料ポンプから「キーン」と甲高いノイズが常時聞こえる。さすがに異常か?走り出すと聞こえないけど停車時は気になる。サービスキャンペーンが出ているようなので該当していないか確認した方がいいかも。
ビンゴ。サービスキャンペーン対象車両でした(´・ω・`)
前のオーナーさん交換していなければ対策してもらわないと行けないなぁ。



今のところそんな感じです。
妙なくらいしっくりきたというのが第一印象。
肩肘張らずじっくりつきあえそうな気がします。
[ 2013/05/11 02:18 ] セロー250 | TB(0) | CM(4)

フィット1.3Gがバッテリー上がってしまったので充電した。 

母に自分のフィットを貸していたら、ルームランプをつけっぱなしにしていたようで
エンジンがかからなくなっていました。

フィットのフロントルームランプはドアを施錠してもオフにならない仕様です。
8W程度の消費電力でも30時間近く放置しているとバッテリー上がるようですね(´・ω・`)

ということで初めてブースタケーブルを使った充電をしたので作業内容をメモしときます。


1.救援の自動車を故障車の横につける。
2.両車のボンネットを開け、ブースターケーブルで接続する。
3.接続の順番は「故障車のプラス」→「救援車のプラス」、「故障車のマイナス」→「故障車のアース」
(つけるときは「プラス」、外すときは「マイナス」と覚えた)
4.接続直後は充電不足でセルが回らない場合がある。しばらく置いておく。
5.故障車のエンジン始動。
6.無事動いたらケーブル取り付けたときの逆の順番で取り外す。
7.故障車をしばらくドライブして充電する。このとき電装は極力使わないように。


救援車さえ用意できれば簡単でした。
自分はブースターケーブル持っていなかったので父から借りてきました。
万が一自分が救援側になる可能性も考えられるので今度常備しておこう。


それとフィット標準のバッテリー容量はかなり小さいらしい。

フィットGE6純正:38B19L(5時間率で約25Ah)
つまり25A消費して5時間稼働。バッテリー12Vなので約300Wかな。
実際はそんなに利用しないし、放電特性から小電力ならもっと長いそうだ。

今回はバッテリーが弱ってきているところに気温低下も重なって動かなくなったのかも。
セルが回らなかっただけなのでディープな放電じゃなかったのが幸いだった。


今までも弱々しいなと思っていたので次の交換時に大容量の物に交換しようと思いました。
パナソニック社のカオスバッテリーが特性良さそうなので車検時に変えてみよう。

対応する型番は55B19L
[ 2013/05/09 11:18 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

スーパーカブ110を手放すことにしました。 

不満を残したまま乗り続けることはできないとの結論に達し、スーパーカブ110を売却処分しました。


理由は個人的で些細なものです。



・自動遠心クラッチが性に合わなかった。
一般的にクラッチレバーを使わない=簡単という風潮のようですが個人的にはどうも違ったらしい。

カブシリーズは自動遠心クラッチを採用しているので一般的なマニュアル車のようにクラッチ操作は不要とされています。発進時はスロットルを開くだけ。左足の変速ペダルを前に押し込むとシフトアップ、後ろに押し込むとシフトダウンをクラッチ操作レスでできるのが売りと聞いていました。

実際のところ、意識しなくても走れるけれどクラッチ操作はあります。

ペダルを踏み込むと「クラッチ切断」→「シフトチェンジ」→「クラッチ切断」となり、
ペダルを戻していくと「半クラッチ」→「クラッチ直結」となります。
走行中は一瞬でこの操作を行ってくれるのでクラッチレバーを使った操作が不要です。

しかしそこで一つ問題が発生します。

マニュアル車を乗ったことのある方は想像できると思いますが、適切なエンジン回転数でシフトチェンジを行わなければギクシャクした走りになります。街中では急なシフトチェンジが必要になることもあります。そういったときは半クラッチですり合せることで変速ショックを抑えることができるのですが、カブではわずかな踏みしろだけでクラッチ操作をせねばならないので「半クラッチ」の操作が結構難しいのです。特に減速時のシフトダウンは気を抜くとガクンと変にギアが入ってしまいます。対策としては無理に回転数をすり合わそうとせず速度域に合わせてシフトチェンジを行う。もしくは踏み込んだ状態(半クラッチ状態)でスロットルを煽り(ブリッピングし)回転数を合わせる方法があります。私は後者でシフトダウンを行っていました。今でもたまに失敗します。


それと2段以上飛ばしてのシフトチェンジもできません。

ピンと来ない人もいるでしょうから具体例を書くと、例えば4速で走っておりカーブ曲がった先で停車中の車があるなど急に減速しなければならない状態になったとします。そのままでは再発進時に十分な加速が得られないのでシフトダウンしなければなりません。普通のマニュアル車だと2段程度ならクラッチを握ったまま一気に適切なギアへ数段シフトダウンできますが、カブの場合は1段ずつシフトダウンしなければならずもたつきやすいのです。後述しますが、2段クラッチの仕様も合わさって実に連続シフトダウンがしにくい。カブはギア選択を間違えた際にリカバリーしにくいのです。

発進しようとしたらニュートラルだった→慌てて1速ぶち込んだら・・・?
半クラがほとんどなく直結なのでウィリーするかもしれません。
(そんなパワー無いというのはひとまず置いておいて)


カブ110は軽量な車体と大径ホイールのおかげで走り自体は面白いのですが、自動遠心クラッチによるシフトチェンジが苦痛に感じるようになってしまいました。



・クラッチペダルのフィーリングが気持ち悪い。

排気量が大きくパワーがあるためか定かでありませんが、発進用と変速用の2段クラッチを採用しています。

これがくせ者でした。
メーカーや雑誌では「変速ショックを抑えられる」と好評?のようですが、私としては余計な事をしてくれたと思います。

一言で言うとペダルのフィーリングが「グニャリ」としています。軽く踏んだだけでは変速せず踏み込んであげないときちんと変速してくれないのです。中途半端に踏むと「ギア抜け」します。実話です。
クラッチ調整を行えば多少改善しますが、今度は「硬さ」が出始めます。最適な位置にクラッチ調整したとしてもエンジンが暖まってくると3速と4速のギアの入りがあまりに変速ショックが少なすぎて分かりづらくなるのも困った点でした。



・エンジン停止時および停車時にギアが入りづらい
二段クラッチの弊害です。発進用と変速用と分かれてしまったせいでアイドリングや停車時は変速用クラッチに動力が伝わらずギアの入りが悪くなります。マニュアル車でも起こる現象ではあります。それでも車体を前後に動かしてギアを回しニュートラルに入れることができますが、カブ110の場合エンジンが止まって発進用クラッチが切れてしまうと中々ニュートラルに入れるのが困難な時があります。



・50km/hを超えると振動が多い。

まぁ……カブ110で飛ばすこともないですけど、幹線道路を突っ切るときはどうしても速度を出さないと行けない場合もあるので辛いものがあります。+20kmでエンジンが悲鳴をあげます。



・ライディングポジションが窮屈。
特にステップが後ろすぎて私には少し狭かったです。弄るにも溶接されてるし。
上半身は割と余裕があったので不満はないです。



・ボルト類の締め付けトルク過剰過ぎ。緩すぎ。
トルク管理、きちんとしてるのかなぁ……
一部のボルトがおっそろしいトルクで締め付けてありました。インパクトでも使ったのか?
逆にチェーン調整のボルトなんか緩いというか振動で外れかけていたし……
他にもカウル開けたときのネジもカウルにへこみが出るくらい回してありました。
グリスも全体的に量が少ないような……



・加速中に息継ぎ状態→エンスト。
一度だけ加速している最中にエンジンが回らなくなり、慌てて停車したらそのままストールしてしまいました。燃料十分、気温15度くらいですが暖気も十分終わっていたので今でも原因不明です。フューエルラインに空気でも入ったかな?さすがに焦りました。



・純正のチェンシンタイヤはドライグリップが弱い。

グリップより耐久重視なんでしょう。しょぼいタイヤです。
少しばかり強めにブレーキかけるとスキール音でてスルスル滑ります(笑)
レイングリップは言わずもがな。気をつけて走りましょう。






タイヤ履き替えようか悩み初め、そのうちカブ110を弄るのがどうでも良くなってしまいました。
現状きちんと走ってくれますが中華品質に不安を覚えたのも大きいかな。今まで乗ってきたバイクは、アドレスV50(日本)→NSR250R(日本)→アドレスV125G(台湾)→PCX(タイ)→CB400SB(日本)→NC700X(タイ)と半分はアジア製で品質も案外悪くないよねと思って安心していたのもあるかも。
日本のメーカー製でも生産国は気にした方が良いと思いました。
今後「中国製」のバイクを買うことは金輪際ないでしょう。苦い教訓です。



ちなみにタイミング良く程度の良いセロー250FIが入荷したので売却と同時に乗り換えすることにしました。元々CB400SB買おうと思ってた頃、セローに決まりかけていたのですが良い案件が無かったので見送っていたので実に2年も遠回りした結論となります。あんときかけずり回って探しときゃ良かったか?後の祭りです。

大型に戻そうかと思いましたが、家庭の事情でさすがに無理。
車検あるとねー。あと横幅大きいと保管場所も問題になったり。

軽いバイクはやっぱり楽しいです。肩肘張らずに楽しめますし。
環境の変化もあり原付二種クラスは検討から外しました。
知人とツーリングに出かけるので高速道路も乗れた方が良いため250ccにしておきました。


我ながら馬鹿な買い方していると思います。
将来、笑い話の種になりますし、結婚したらそうそうこんな種類のバイクを乗って遊べませんからいい経験だと思っておきます(笑)
[ 2013/05/05 03:36 ] スーパーカブ110 | TB(0) | CM(4)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。