昔作ったUSB DACが故障した。 

10年ほど前にUSBオーディオキットを組み立てて作ったDACがとうとう壊れた。

昨晩からUSB接続が正常に完了しない。
PCM2704か周辺回路のトラブルだろうか。

ここ数年電子工作を一切していなかったから半田ごてがすぐに出てこない。
見つかったと思ったら今度はテスターの電池が液漏れして壊れているw
そしてPCM2704はいつの間にかPCM2704Cに取って代わられていた。
(Windowsの音量調節に難があったそうです)


直す気力が削がれたのでやーめた。


久しぶりにAcerのノートPCのヘッドホン端子使って聞くと高域が曇ってる。
あとホワイトノイズもそこそこあるのね。
中身はRealtekだしまあこんなもんだろう。

2006年製のVAIO SZのヘッドホン端子が自宅で一番まともな音がする。
Sound Realityというソニー謹製のDACチップを搭載していてチップ単体で
S/N比106dBとノートPCながらバックグラウンドのノイズが極小。

しかもDSD再生対応です。9年も前のノートPCなのにね。
e-onkyoのハイレゾサンプル音源聞いてみたら結構いいじゃないこれ。
少し低音を持ち上げてあると思うんだけど好みの音質だ。
出力は低めなので音量はそれなりだけどX1なら十分すぎる。

ただ問題があってOSがXPなのでネットワーク接続が今後危うい状況。
昨年のWindows UpdateでCPU処理100%問題もあってあまり使いたくない。


良いヘッドホンも揃えたしそろそろ市販のUSB DACも検討しようかな。
[ 2014/05/03 01:14 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)