スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ヘッドホンアンプ】 上海問屋DN-11221を購入しました。 【レビュー】 

上海問屋(ドスパラ)のDAC内蔵ヘッドホンアンプDN-11221を購入しました。
実家PCのヘッドホン端子が音出なくなったので代替案としてです。

DN-11221本体

安い物にしようと思ってましたが、店員一押しということもあり背中を蹴り押される感じで購入。
舐めてかかっていましたが、思ったより良かったので記事にしました。



■外観&付属品

DN-11221外箱
パッケージは白無地の段ボール。味気ない......別に良いんです。中身さえ良ければ。


DN-11221付属品
付属品はACアダプター(12V/1A)、miniUSBケーブル、RCAケーブル、ドライバーCD、マニュアル
RCAケーブルは金メッキプラグ。この価格でもちゃんとつけるのね。
ボリュームノブはプラスチックの素材感まるだしで安っぽいです。


DN-11221正面
正面インターフェース。
左から順に出力切替(ヘッドホン/ラインアウト)、入力切替(USB/ラインイン)、ラインイン端子、ヘッドホン出力(3.5mm)、ヘッドホン出力(6.3mm)です。


DN-11221背面
背面インターフェース。
左から順にDC電源ソケット、mini USB端子、オプティカル出力(光角形コネクタ/TOSLINK)、同軸デジタル出力(Coaxial端子)、RCAラインアウト端子です。


DN-11221インジケータ
インジケーターパネルです。
一番左が電源ランプ。USB接続時は緑点灯。それ以外は赤色に点灯しています。
2番目が左右アナログ出力のインジケータ(再生時に赤/青に点滅します)
3番目以降は入力サンプリングレートです。


DN-11221ドライバCD
ドライバは8cmCDに入っていました。今時珍しい。



■スペック

・USB Audio Controller:C-Media Electronics CM6631A
・DAC:Wolfson WM8740
・USB Audio Device Class 2.0
・アシンクロナス転送(非同期転送モード)
・ASIO/WASAPI排他モードサポート
・Dolby、DTSパススルー
・サンプリングレート:44.1/48.0/88.2/96.0/176.4/192.0 kHz
・ビット深度:16bit、24bit
・ヘッドホン出力:6.3mmジャック利用で~190mW(32Ω)、MAX210mW(16Ω)
・対応インピーダンス:3.5mmジャック16~100Ω、6.3mmジャック100~600Ω
・SNR:108dB、最大110dB(待機時)
・THD+N:0.00003%(MAX)
・OPAMP駆動電圧:最大12V(二重供給で最大24V)
・電源:USB Bus-Powered or 12V DC
・デポップ(ミュート)回路付き
・入力端子:mini USB
・出力端子:6.3mm/3.5mmヘッドホンジャック/オプティカル/Coaxial/RCA


英語のマニュアルに型番「UAU07A」と記載有り。
SYBASONIC(香港の企業らしい)のOEM製品ですね。

UAU07A製品ページ
http://www.sybasonic.com/index.php?m=en&a=productview&id=144
データーシート(PDF)
http://www.sybasonic.com/uploads/files/20140506/5368981ddbb0b.pdf
マニュアル
http://www.sybasonic.com/uploads/files/20140506/5368b5b9141fa.rar
ドライバー
http://www.sybasonic.com/uploads/files/20140506/5368b1da28f04.rar

試しにUAU07Aのドライバをダウンロードして入れてみましたが問題なく動作しました。
CMediaのドライバをそのまま流用しているようです。



■内部基板をのぞいてみる。

DN-11221基板
CM6631AとWM8740が本当に載っているか気になったので分解しました。
底面板(金属製)の4カ所、基板角4カ所のネジを外せば基板を拝めます。

水晶発振器が3個載ってます。そのうち45.1584MHz/49.152MHz発振器はそれぞれ44.1kHz系/48kHz系レート用に独立させて使っているとのこと。考えていたより普通でした。もっと簡素な基板だと思っていたよ。


DN-11221 CM6631AとMPF
光の加減で読みにくいですが、正方形の石がCM6631Aでその右にあるのがSST 39VF010です。

・C-Media CM6631A
http://www.cmedia.com.tw/ProductsDetail/page-p/C1Serno-25/C2Serno-27/PSerno-43.html
USBが192 kHz/32bit、 S/PDIFが192KHz/24bit対応の高性能オーディオレシーバです。
I2S出力でDACのWM8740に信号を流しています。個人で買うとちょっと高いらしい。

・SST 39VF010(1Mbit Multi-Purpose Flash)はCM6631Aと繋がっている。ファームウェアの格納用かな。
http://www.mouser.com/ds/2/268/40782-287613.pdf


WM8740SEDS
・Wolfson WM8740SEDS
http://www.wolfsonmicro.com/media/76425/WM8740.pdf
良かった。ちゃんとWM8740載っていた。
192 kHz/24bit対応の高パフォーマンスDACです。USBレシーバのCM6631Aは32bitまで対応しているのですが、WM8740は24bitまでしか対応していないので本機は実質24bit相当となります。


JRC NJM4580
他にオペアンプが4基。NS LM358 x 1(右上。LEDのドライブ用か?)、新日本無線 NJM4580 x3(うち1つはLINE OUT用、あと2つはヘッドホン用かな?)

・DC/DCコンバータはLSC LSP5503(写真取り忘れ)
http://www.kinbond.com/products/big/LSP5503.pdf



■試聴してみる

ヘッドホンにBeyer T90、Fidelio X1、プレーヤにAIMP3を使って試聴しました。
96 kHz/24bit音源をWASAPI Exclusive (Push)モードで再生しています。
デバイスのプロパティは当然排他モードです。

信号が未入力の場合、S/N比が最大となります。無音時のノイズはまずありません。再生中も気になるようなノイズは無く優秀です。C-Mediaと言えば廉価USBオーディオの代名詞で音質はいまいちなイメージがあったのですが、こういったものも出しているんですね。CM6631Aは評判もかなり上々のようです。

単体で聴くとフラット気味の癖が少ない音だと思います。少し中域が厚めでボーカルが聴きやすい。これといって癖もなく真っ当な音です。HP-A3と比べると高域の抜け方がやや薄いかな。解像感はすっきりとしたHP-A3と比べるとわずかに甘く、特に音の広がりは控えめでセパレーションの良さもHP-A3に軍配が上がります。残響の成分をあまり出していない印象を受けました。

T90でHP-A3を聴くと、音の立ち上がりの際に高域の鋭さを感じていましたが、DN-11221はそういったことがありません。音の角が極端に立っていないのでまろやかなサウンドです。低域は少し膨らみがあります。T90はこういった傾向のアンプと相性がいいのかもしれません。音の割に手頃だったこともあって中々好印象です。X1は元々が暖かい音質なので柔らかくなりすぎる傾向です。硬質なヘッドホンとの組み合わせが良さそう。

今回の試聴はACアダプターを利用した評価です。ACアダプターの有無で音量が変わってきます。USBバスパワーでも動作しますが、基本的にACアダプターを挿した方が音圧が出て押し出しが良くなります。HP-A3のボリュームが11時方向の時、DN-11221は12時方向で同等の音量になります。バスパワー動作の際は1~2時方向でようやく同等になりました。手持ちで最も音量を取りにくいDT880Eだと、静かな曲だとDN-11221のバスパワー駆動は辛いです。ACアダプター駆動でようやくと言った感じ。バスパワー駆動でも音量の取れるHP-A3はさすがですね。HD650がリファレンスらしいのでゲインを大きく取っているのでしょうか。まあ、HP-A3も最大音量だと歪む感じがしますけど。

ボリュームのギャングエラーはありません。ガリノイズも無く良品を引いたのかも。
それとも最近の中華アンプはこれぐらいが当たり前なのか?驚異的ですね。

オペアンプにWM8740採用と公式サイトに書いてありますが、内部基板を見る限り最終増幅段はNJM4580ではないかと思います。中音域が厚く広がりが控えめという特徴もNJM4580の評価と一致します。抜けの良さやクッキリハッキリとしたメリハリの良さを求めると肩すかしを食らうと思いますが、自分は結構良い感じに聞こえます。落ち着くというかホッとするというか。超高域や極低域は緩やかに途切れているのでその辺は値段なりです。でも値段を考えるとだいぶ健闘はしていると思いますよ!

HP-A3はこちらと比べると弱ドンシャリ傾向ですね。シャキッとした成分があるのでFidelio X1と相性はいいんですが、Beyerはどれもクールな印象でいまいち合わない気がしてきました。アナログっぽい音のアンプがいいのかなぁ。DigiFi No.10付録のOlasonicアンプも試しに聴いてみたところ、DN-11221よりも広がり感のある音です。ホワイトノイズの多さを除けば案外こっちの方が楽しいかも。DN-11221はまとまりが良いですね。色々試行錯誤するしか無さそうです。


■総評

192 kHz/32bitまで入力可能で、デジタル2系統、アナログ2系統の出力もありヘッドホン端子も3.5mmと6.3mmの両方を備えるのは便利。PC直差しで音量やノイズに不満がある人にお勧めです。手軽な価格でハイレゾまで入力したい人にも良さそうです。 DSDフォーマットは対応していませんけど、そもそもこの機種を選ぶ時点で求めて無いでしょう。

2日間ほど使っていますが安定性含めネガティブな部分は見受けられません。

ドスパラ店頭ならどこにでもありますし、楽天の上海問屋でも取扱いがあり入手も用意。
過度な期待をしなければ高パフォーマンスのPCオーディオらしい商品でした。
スポンサーサイト
[ 2014/08/15 09:02 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(6)

【ヘッドホン】 Beyerdynamic T90とDT990 / DT880 edition 2005 【所感】 

1年ほど前からオーディオ熱が再燃して現在に至ります。
音響機器の老舗Beyerdynamicのヘッドホンが気がつけば3本目に突入。
おかしいなぁ......こんなつもりじゃなかったんだけど。


左:DT880 edition 2005、右DT990 edition 2005

左がDT880 edition 2005、右がDT990 edition 2005です。

DT880 edition 2005/250Ω (以下DT880E)・・・半開放型。DT990Eの兄弟機。パンチメタル。
DT990 edition 2005/250Ω (以下DT990E)・・・開放型。人気機種。換気扇みたいなハウジング。

この2機種、大変よく似た外観をしていますが音は結構異なっていて面白い。

どちらもハウジング内部は白いドーナッツ状の吸音材が詰めてあります。DT880Eのドライバーは、内側に直径約50mm、厚さ2mmほどの黒いフェルト状吸音材が張ってあり、外側のマグネットには薄い半透明ネットが張ってありました。DT990Eはどちらも張ってありません。マグネットとダイアフラムは同一っぽいですね。ハウジングの外側はDT880Eがパンチメタルで、DT990Eは換気扇のようなダクト状の金属パーツで出来ています。製造時期が違い、マイナーチェンジでもしたのか固定するネジやバンドの長さが微妙に異なっていました。どこかで同じドライバー搭載と見かけましたがココまで音響部品を変えていれば別物と思った方が良さそうです。実際音場も帯域バランスも異なってます。


Beyerdynamic T90

Beyerdynamic T90・・・開放型。テスラドライバー採用で高解像度。上2機種とひと味違う音。

上位モデルに搭載しているテスラドライバーを載せた開放型という売りで発売されてました。最上位のT1が半開放、T5pやT70が密閉型で価格から想定するとその下に位置づけられたモデルでしょうか。DT990と似ているととの話でしたが、中身を見る限りDTシリーズにあった白いドーナッツ状の吸音材が無く、中央に直径20mm程度の抜け穴、周辺6カ所に長方形のダクトとやや異なっています。またテスラドライバーの磁力は大変強力でハウジングの外からクリップが張り付く程です。DT990やDT880ではくっつきませんでした。割と新しい製造番号なのですが、ドライバーの形状がHead-fiで見たオール金属製ドライバーから一部を青いプラスチックカバーに置き換えた物になっていました。途中で製造工程を見直したのかもしれません。音も出始めのモデルと違う可能性があります。この辺は違う記事でも起こして書こうと思います。


ベイヤーのお気に入りはDT990E≧T90>DT880Eという順番。
手持ちのヘッドホンも加えるならDT990E>T90≒Fidelio X1>MDR-MA900>DT880Eかな?
体調によって前後するので絶対じゃないです。

DT990Eの音場表現が大変素晴らしく、あとから買い足したT90よりも気に入っています。

DT990Eは高域に癖がありますがそのお陰で生楽器がより生々しく、音の響きや広がり感、鳴り方がとても自然でリアルな描写に聞こえました。低域もX1並にパワフルで太い。T90はDT990Eより付帯音が少なくバランスの整った音質ですが、音場表現の仕方からハウジング等にまだ改良の余地がありそうな感じがします。DT880Eは帯域バランスはT90に近い物がありモニター系のサウンドでしたが、やや金属質な響きが感じが強かったのと低域の量感不足、半開放型ゆえに広がりが中途半端で開放感がいまいちに感じました。詳しい比較はそのうち書きます。今回はT90がメイン。


■ T90の良かった点
・分かりやすいほどハイファイ調ですぐに高音質と感じる高域の解像感。
・DT990EやDT880Eより明るく澄んだ音質。
・DTシリーズで感じていたザラザラとした木質の付帯音が無く、上品で聴きやすい高域です。
・中域は張り出さないが凹みも無くボーカルは丁度良い距離感です。DTシリーズより良い。
・音場と低域表現はDT990、帯域バランスはDT880Eを彷彿とさせます。
・音場はDT880Eよりも広い。DT990Eよりはやや狭い。全体的にかなり開放感のある音。
・高解像度を分離の良さで聴かせてくれる感じ。極端に分析的でないがキレは良く感じる。
・T90を聴いたあとX1を聴くとこもって聞こえる。DT990Eも一段落ちた解像度に聞こえる。
・インピーダンス250Ωなのに高感度。DTシリーズより簡単に音量が取れる。
・超低出力のスマホでも十分音量は取れる。(くぐもった感じが現れたのでお勧めしませんが)
・アコースティック系の楽曲と相性良いのはDTシリーズ譲り。打ち込み系は曲調とミックス次第。
・意外だったのがPerfumeやCapsule等ヤスタカサウンドと相性良かった。エレクトロ系も行けそう。
・低域にしつこさが無く、タイトなのでハイスピード系の楽曲に強いのかも。
・バスドラ等はねっとり重いDT990Eよりきっちりハマって分かりやすい。
・案外ピアノや弦楽器と相性いいかもしれない。ギターとの相性はお見事。
・高域の極一部に鋭いピークは感じるが、中域がフラットで全体的にバランスが整っている。
・かなり硬質で強い音。丸みは残してあるようで刺激の割に痛みはそこまで強く無い。
・中低域は控えめ。極低域はそこそこ出てる。量感は弱めなのに不足感はそこまで無い。
・密閉型のような強い低域のキレは無いが、広がり方とのバランスが良く聴きやすい。


■ T90の気になる点 (あくまでHP-A3だけで聴いた時の感想です)
・解像度は高いがその分再生機器側にも性能を要求するような気がする。
(常用のHP-A3はやはり高域にやや癖があってレンジ狭いのではないかと思うように)
・低ビットレート音源お断り。荒さが目立って不快感が強く素直に楽しめない。ちょっと考え物。
・ミックスの善し悪しが嫌らしいくらいハッキリ出る。あまり誤魔化しの効かない機種です。
・音源の「シャリシャリ感」が強調されやすいのでドンシャリミックスと本当に相性悪いなぁ。
・音圧の強すぎる曲だと情報量多すぎるのかたまに耳がついて行けない時も。
・ザラザラした感触のするDT990Eと、また違った意味で聴き疲れします。慣れが必要。
・Fidelio X1と真逆の音質。超硬質でスッキリ爽やか系。好みが分かれる音。
・曲のジャンルは選ばないが曲調にはシビア。ピコピコ系電子音だけだといまいちかも。
・低域の沈み込み感はDT990EやX1と比べるとだいぶ少ない。量自体はDT880Eより多い。

一度いい音を知ると後戻りが出来ない。
・更に上の環境を目指したくなる音質。超高級機への入り口になりかねない。
・T90より上というBeyer T1はいったいどういう世界なんだろうか。考えたくない。


高解像度のサウンドを求めてT90を買ったけれど、あまり高すぎるのも考え物。音源の粗が目立ってしまって不可逆圧縮の音源では満足できなくなってしまった。320kbpsでも聞き流すなら十分だと考えていたけど、T90では空気感のような部分まで掘り起こして鳴らすのでCD音源との違いが何となく分かってしまう。ハッキリ「これだ!」と言い切れるほど違いは聴きとれないけど、MP3特有のシャリシャリ感というか雰囲気でMP3かな~と感じてしまうことが格段に増えた。音楽を楽しむより音を聴いているような感じになってる気がする。ハイレゾ音源はとても綺麗に鳴らしてくれるけど欲しい曲ほとんどリリースされてないし......普段聴くならFidelio X1の荒さを抑えた柔らかく包み込んでくれる音が好ましいです。がっつりロックを聴き込むときにT90を取り出す感じ。ジャズを聴くならDT990Eで決まりです。会場の雰囲気出ていて絶妙。DT880Eは使い所が思いつかないのでそのうち処分するかも。良い機種だと思うんですけどまとまりすぎちゃってて。


世間一般だとテスラドライバー搭載のT90がDTシリーズより高音質って流れのようですが、現時点ではDT990Eの音が好ましく思えます。少なくとも旧型のレガシードライバーを載せた機種の中ではDT990Eが一つの完成形だと思っています。確かに解像度や分離感はT90が格上で上質に感じましたが、DT990Eの広大で自然な音場表現は完成度が高くどこまでも広がるような開放感が心地よかったのです。店頭で試聴したときはT90が大変素晴らしく思えたんですけどね。あれか、アンプとプレーヤーが悪いのか。今度は再生機器で泥沼化する気がするからしばらく考えないことにします。

DT990Eは中古屋で見つけて買ったので手持ちの中で最も安く手に入れました。DT880Eを先に所有していたので大丈夫だろうと試聴もせずボーナスゾーンで衝動買いです。それで一番の当りを引くなんて世の中分からないものだなぁ。T90を更に上回るヘッドホンは数多くあるそうですが、再生環境も自分の耳も追いつかないのでこの辺で留めておくのが正しいかもしれません。
[ 2014/08/09 02:47 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(0)

レンズ沼ならぬヘッドホン沼。 

カメラ業界には「レンズ沼」なる業の深い物があるそうだ。
些細なほどの画質差に魅了され、金銭感覚を失い、湯水のごとく交換レンズを買いあさる事を指すらしい。


どうやら自分はレンズ沼改め「ヘッドホン沼」に片足を突っ込んでしまったのかもしれない。


ブログ更新してない間に世間一般で高級機と呼ばれるようなヘッドホンを数本手に入れてしまった。

HD650の音質に衝撃を受け、ゼンハイザーのヘッドホンに魅了されてHD558を購入した時点で時すでに遅し。
Fidelio X1で落ち着くと思ったのだけど考えが甘かった。
まさか「ヘッドホンは使い分ける物」なんて台詞が思い浮かぶなんて.......


ちなみに買ってきた物はこんな感じ。
同系統ばかりで使い分けなんて出来そうもないんですが。
Sennheiser HD558  ←中途半端さを感じて売却済み。
PHILIPS Fidelio X1  ←お気に入り。暖かみのある質感で濃密な低音。定位も抜群。
Sony MDR-MA900  ←分厚い中低音。超快適な装着感。身内に持って行かれた(笑)
Beyerdynamic DT880 edition 2005  ←帯域バランスは大変良好。でも音場がいまいちだった
Beyerdynamic DT990 edition 2005  ←臨場感・生楽器最強。売れるに売れない。
Beyerdynamic T90  ←DT990っぽいDT880な音。高解像で割と低音でてる。現在テスト中。

ほぼ毎月1本ペース。マジありえない。
そのうち気が向いたらレビューするかもしれません。しないかもしれません。

一番のお気に入りは相変わらずFidelio X1ですが、DT990が生楽器と相性最強で捨てがたい。近くにオーディオ機器の試聴ができる店があればこうならなかったんだろうけど、あいにく遠出したときくらいしか機会が無いので似た傾向の製品ばかりそろってしまった。

こうなったのはHD650の影響が大きかった。そのうち手に入れてしまうんだろうなという未来が見える。解像度や性能云々じゃなく、区切りをつけるために。というか間違いなく買っている姿しか思い浮かばない。理由は「ヘッドホン沼到来記念として」にしておこう。年末のキャッシュバックキャンペーンが狙い目か。そんなこと考えている自分が悲しい。

つまるところオーディオを楽しむというのは、誰も知らない、自分ですら分からない好みの音を見つける行為なのかなと思う。情けないことにこれだけ買っても自分の好みがまだ掴み切れていない。曲調によっても相性が出てきてしまうので一つのヘッドホンでオールマイティにこなすのは途中で諦めた。ただ、収穫はいくつもあったので今後むやみに買い足すことは無い、と思いたい。
[ 2014/08/02 01:59 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。