【ヘッドホン】 MDR-Z700DJの割れたアームを修理する 【後編】 

前編の続きです。


■ MM185から部品をZ700DJへ移植する

MDR-Z700DJ + MM185アーム

最終的にこんな感じになりました。


割れた固定パーツだけ交換の予定でしたが欲が出てアーム全部入れ替えてしまいました。
まっくろアーム+銀色ハウジングは合わないと思いましたが、そこまで見栄えは悪くありません。
ヘッドバンドはZ700DJの方が完成されているのでそのまま残しました。

Fidelio X1やT90を常用していても、Z700DJの音はたまに恋しくなります。
これで心配事も無くなったので、また大切に使っていきたいですね。



以下作業メモです。

[ 2014/11/08 09:06 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(0)

【ヘッドホン】 MDR-Z700DJの割れたアームを修理する 【前編】 

■ きっかけ

10年以上愛用しているMDR-Z700DJのアームがとうとうひび割れてきました。

アーム保持部品
ヘッドバンドにアームを固定しているパーツが割れました。
使用するたびに広がってきてそろそろ限界。


アーム根元がひび割れ
アームの根元も応力がかかりやすいのかいつの間にか割れています。
最初期のモデルなので「MADE IN JAPAN」表記。
頑丈なヘッドホンでしたがそろそろ樹脂部品の劣化が厳しい頃合いでしょうか。

修理できないかなと部品探しをしていたら、面白い商品を見つけてしまってつい衝動買い。
ちょっと写真が多くなったので前後で分けます。


■ 外観

上海問屋 密閉型ヘッドホン DN-11452
上海問屋の密閉型ヘッドホン DN-11452です。
見た目だけで買いました。だってこれどうみてもアレとそっくりです。
供給元は中国メーカーの「Guangdong Somic Industrial Co., Ltd.
この会社のプロダクト、どこかで見たことあるような物がちらほらと。


DN-11452 裏面
モデル名は「MM185
http://www.somic-elec.com/news/02/2014-05-08/107.html
・周波数特性は15~20kHz
・インピーダンス 32Ω
・能率 86dB±3dB ←3dB違うと音量2倍変わりませんかこれ。
・重量 326g
・超精密なダイヤフラムを採用した50mmHDスピーカー。
・シニアエンジニアがチューニングし原音に忠実……らしい。

DN-11452 中身
箱の中身は取説兼保証書と変換プラグ、そしてシリカゲル。
特に変換プラグはBeyerdynamic T90の付属品と全く同じで見分けがつかない。


DN-11452 きしめんコード
プラグ先端に保護カバーまでついてるよ。
赤色の平型コードは癖がつきやすいですね。


DN-11452 MM185
アーム裏側にモデル名が書いてありました。


MM185のヘッドバンド
ヘッドバンドの縫製は……ずれてますね。まぁ、値段考えたらそんなものでしょうか。


MDR-Z700DJのヘッドバンド
ちなみにZ700DJは布です。時間が経ってもボロボロにならないのです。


SOMiCロゴ
ハウジングのSOMiCロゴです。ここだけ金属製。こだわりを感じます(笑)


アームの固定も甘い。
スライダーは一応目盛りは降ってあるのですがきちんと固定されません。
内部の爪らしきものは触れているのですが精度が甘くはまってくれないようです。


イヤーパッドはまずまず。
イヤーパッドは前後が非対称。ちょっと薄めですがまずまずといったところ。しっとり系です。


イヤーパッド裏面
パッドの裏面はこんな感じ。縁が緩いのではめにくいです。


イヤーパッド外した状態



DJモデルのように折りたためる
どこぞのDJヘッドホンと同様に前後へ可動できます。


収納状態
当然、持ち運びに便利なよう内側へ折りたたむこともできるんです。
スライダーを目一杯伸ばさないとキツイですけど。



DN-11452とMDR-Z700DJ
MDR-Z700DJと並べてみました。意匠権とか大丈夫なのかな……?

表皮の材質などは違いますが基本構造、特にアームの構造がとてもそっくり。
後編でも書きますが、外観だけでなく内部もほぼ同じです。


■ 音質

見た目がそっくり、ドライバーもZ700DJと同じ50mmサイズだったので音も期待していました。
残念ながら似ても似つかない音色で失敗でした。やっぱり別物です。通販は試聴できないのでダメですね。

低域はZ700より沈む感じがありますが少し弱い感じがします。
高域も良く出ていると思いますが、騒がしく感じる割に伸びが悪いように思います。
インピーダンス32Ωですが、この個体は何故か音量が取りづらいです。DT990Eよりマシですが。
全体的に帯域狭めでフラットな感じに聞こえました。

Z700DJは超分厚い低域で楽しく聴かせてくれます。クラブ系と大変相性がいいのです。
DN-11452はアコースティック系で静かな曲が良さそうですね。
低音多めのスタジオモニターに近い音色かもしれません。


■ 部品に互換性がありそう?

Z700DJとMM185は大変よく似ています。まるでコピーしたかのよう。
もしかして、と思ったので移植を試みました。

後編へ続きます。
[ 2014/11/08 00:04 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(0)