HP-A3のノイズ問題がやっと解決した。 

昨年購入したヘッドホンアンプHP-A3が、スリープ/休止状態から立ち上げたときに
ノイズが入る場合があったのですがようやく完全に解消しました。


□ 不安定になるのは電圧降下が主要因か?

USB電圧/電流チェッカーを購入してデスクトップPCのUSBポートを測定しました。
起動時に電圧が4.68Vまで降下する場合があり、HP-A3が不安定になったようです。
規格上4.75V~5.25Vまで許容範囲なのでアウトですね。

シャットダウンしてからの起動だと正常に動作するのは、コネクションが成立する
タイミングが異なるからでしょう。

無負荷時は5.05Vで安定しています。
全てのポートに機器を接続すると4.86Vまで電圧が降下してしまいました。
この状態でスリープから立ち上げると負荷が集中し電圧が一瞬下回るようです。

PCI Expressに増設したUSB3.0ポートは補助電源に接続しているので
安定してくれると思ったのですが、実際は内蔵ポートとさほど変わりません。
ポート全てに接続しても4.87Vを下回ることは無かったので安定性はこちらが上かな。
ただし、USB DACによってはUSB3.0自体と相性が悪く不安定になる機種もあるらしく
可能ならUSB2.0ポートを利用した方が余計なトラブルが無くて良いのかもしれません。


□ 実はUSBレシーバーに原因あり?

電圧降下が原因だと目星がついたので対策することにしました。
一番手っ取り早いのはUSBポートに接続する機器を最小限に抑えることです。
しかしそれでは使い勝手が悪くなってしまうので次の手段として電源を分離することにしました。

HP-A3はバスパワー専用のため、USBケーブルから電源線を分岐させる必要があります。
その場合は加工するか、電源線を二股に分岐させた市販のケーブルを使用します。
またセルフパワーのUSBハブを経由するのも手ですね。今まではこの方法をとっていました。

それでも電力供給に問題が無いにも関わらずノイズが発生する事がありました。
もしかするとHP-A3のUSBレシーバにも原因がありそうです。


□ HP-A3は192kHz 24bitに対応していました

内部を開けて改めて調べてみると主要なチップは以下の物でした。

USBレシーバ: TENOR TE7022L(96kHz 24bit)
DAIチップ: シーラスロジック CS8416(192kHz 24bit)
DACチップ: 旭化成 AK4390(216kHz 32bit)
ヘッドホンアンプIC: Texas Instruments TPA6120A2


本来TE7022Lのサンプリング周波数は32kHz / 44.1kHz / 48kHz / 96kHz (88.2kHzは非対応)ですが、HP-A3では何故か96kHzに固定されています。そのためUSB接続の場合はWindows標準のカーネルミキサーが自動でアップサンプリング処理を行っています。

DAIチップはCS8416で、こちらは192 khz 24bitまでの入力に対応しています。
FOSTEXの仕様ページにはS/PDIF(32kHz ~ 96kHz)と記載されていますが、CS8416の仕様上192kHzまでの入力に対応していなければおかしいです。記載ミスでしょうか?

せっかく192khz 24bitに対応しているインターフェイスを備えているのに、USBレシーバ側で96kHzに制限されているのはもったいない。以前購入した上海問屋のDN-11221ですら192kHz 24bit対応です(シーラスロジック CM6632A)

もし技術的な問題でUSB入力を96kHzに固定しているのなら、S/PDIF接続にすることでノイズ源たるパソコンから切り離すことができ、ノイズ問題を解消できるのでは無いかと考えました。それと192kHz入力が可能であれば音質の改善も期待できそうです。早速試すことにしました。


□ HP-A3をS/PDIF入力で運用することにした

DN-11221をD/Dコンバータ(以下DDC)として使用し、S/PDIF端子からHP-A3へ接続します。
構成は以下の通りです。

PC → USBケーブル → DN-11221(S/PDIF光出力)
                ↓
               光角形ケーブル
                ↓
               HP-A3(S/PDIF光入力) → ヘッドホン出力
                ↑(ACアダプターからUSBケーブルで電源供給)


電源はDN-11221はACアダプターとUSB端子からの二重供給。
HP-A3はAnkerの60W ACアダプターからUSBケーブルで供給を受けます。
このUSB ACアダプターは最低5.05V~最高5.27Vまで必要に応じて変動します。
高負荷をかけてみましたが5.05Vを一度も下回ることはありませんでした。優秀です。

手持ちのハイレゾ音源を再生し、DN-11221で192kHz 24bitを出力してみました。
結果、HP-A3でもS/PDIF入力であれば192kHz 24bitを正常に再生できることが確認できました。
他のサンプリングレートも試しましたが88.2kHz、176.4kHzなども問題なく再生できています。
音質は正直なところ差は感じませんが、今まで強制的に96kHzで聞いていたので精神的にスッキリしました。

肝心のスリープ時のノイズ問題も1ヶ月経過した現在まで一切発生していません。
USBケーブル1本で簡単接続できることが売りのHP-A3ですが、USB周りの相性問題の事を考えると複合機は考え物だなと思ってしまいました。DDC→DAC→アンプはお金がかかるけど、最高の環境を求めるなら一度は試してみたいものです。


ちなみに後継のHP-A4は分解写真を見ると、TIのDSP(TMS320C5505)がUSBインターフェイスやDSD処理を受け持っていて、DAIに旭化成AK4118AEQ、DACにバーブラウンPCM1792Aを採用しているようです。

USB DACはUSB周りの進化が大きそうですね。PCオーディオである以上、安定性も大事。
どうしても相性悪いようなら買い換えも一つの手ですね。
[ 2015/05/19 11:24 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(0)

【ヘッドホン】 Fidelio X2を手放して、X1に戻りました。 

かれこれ3ヶ月近くFidelio X2を使用してきましたが、音色が好みと違ったので手放しました。
X1の後継としてX2には期待していたのですが、性能はともかく好きになれない音でした。


低域の表現は大変素晴らしく、私の知っている限りではトップクラスの音質なのですが
中高域が浮ついているように聞こえて段々と好みからずれてきました。
ヘッドホンアンプのHP-A3とマッチングが悪いのかもしれません。
beyerdynamic T90も同じように高域が強く感じられるようになって手放してしまいました。

どうやら自分は高域にメリハリが効いている音が苦手だということがはっきりと分かりました。
シャリ感のあるDT990Eは気に入っているので納得できていませんけど。


現時点で手元に残っている開放型ヘッドホンはFidelio X1、HD650、DT990 edition 2005の3本です。
普段はX1で聞いていますが、ゲームや動画鑑賞は軽量なHD650を主に使っています。

X1は全体的に高解像で濃厚、HD650はあっさりしているのに密度感のある鳴り方で
どちらも定位感に優れたヘッドホンです。
DT990Eはライブ音源等、臨場感を生かしたいときに大変重宝します。
X1一本だけで済ませたいのですが、DT990EとHD650の音も捨てがたく
気分に合わせて入れ替えて使っています。

密閉型はZ700DJを相変わらず愛用中。
打ち込み系はめっぽう強いです。もうコレじゃ無いと聞けないと思うほど。

構造は異なるのにZ700DJとX1は雰囲気が似ている気がします。
最新鋭のヘッドホンと比べると細かな音は強めの低音に混じってしまうのですが
どことなく懐かしい雰囲気のする柔らかい音色というのでしょうか。
音楽が主体で、細かなことは気にしないで没頭できる感じ。

迷走したヘッドホン選びもこれで終了かな。
[ 2015/05/16 00:43 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(1)