スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TA2020KIT-SP製作日記 -完成編- 

TA2020の回路図です。
CIMG2283.jpg
余談ですが、デジカメに書類撮影用の補正モードがあることに初めて気づきました。
進化したものです。
機種はカシオのEXILIM EX-Z55。
レンズの歪みが意外と大きいので接写が苦手のようです。
近づくと丸く歪んで撮影されます・・・・・


正面です。
CIMG2307.jpg
照光スイッチは横になってます。
こっちが普通だと思っていたのですが、縦が一般的らしいです。


後面です。
CIMG2312a.jpg
ここだけ見るとアンプらしいかな。
切り替えスイッチが違和感出しています。
SP端子の間隔をもう少し空けておいた方が良かったなと反省中。


内部です。
CIMG2314.jpg

右側のボリューム配線がごちゃごちゃしていて醜いです。
右後の入力端子部分はホットボンドで固定しています。
穴を大きく加工してしまったので苦肉の策でした。
基板はすべてホットボンドで固定。ネジ穴は一切空けていません。
取り付けが楽なことと、ケースの裏側がネジが無くてスッキリするという効能あり。
反面、強度が無いので強い衝撃を受けると外れる可能性が・・・・
ショート防止用にブチルゴムを基板裏側に貼り付けてあります。


電源部分です。
CIMG2317.jpg
電源に平滑用電解コンデンサを入れてみました。
ニチコン製 4700μF 電解コンデンサを2個、並列接続です。
トロイダルコイルも一緒に入れました。
コイルは突入電流を減らす効果があるそうです。
コンデンサを入れた効果は確かにありました。
全体的に低音の出が良くなってます。
音量を上げた時に高音域のざらつきも改善されました。
じっくりと聞かないと効果は分かりづらいですが、入れる価値はあると思います。


カップリングコンデンサです。
CIMG2326.jpg
茶色の物体がカップリングコンデンサです。
電解コンデンサより、フィルムコンデンサの方が特性が良く、
音質が向上するとの事で入れてみました。
汎用品の2.2μFを空中配線気味に交換しています。
この時に出たエルナー社のコンデンサはUSB DACのカップリングに使い回しました。

効能は・・・・・・高音域の出が比較的分かりやすく向上。
低音も良くなった「気」がします。
音量を出さないとあんまり変わらないのが残念。

コンデンサを貼り付けているインダクターコイルは、本来は
裏側に2つ取り付けることになっているのですが、邪魔なので
表に無理やり持ってきています。


ICのTA2020-020周辺です。
CIMG2325.jpg
説明書には放熱器は必要ないと書かれていますが
意外と熱くなって怖かったので、SW電源の放熱器に取り付けました。
間に放熱シートをかませて、クリップで固定。
なんだか電源の熱が移っている気もしないでもないですが、無いよりましかなと思ってます。


デテントボリュームです。
CIMG2322.jpg
回したときのカチカチとした感触がいかにもデジタルアンプという感じを出してくれています(笑)
配線が一番しにくかったところです。
スペースがギリギリなのでショートしないかとヒヤヒヤものでした。
ボリューム自体、高かったですがギャングエラーもガリガリなノイズも一切ないのでかなり満足しています。



1週間以上前に完成していたんですが、今更記事を書いてます。
私の部屋のメインアンプはこれに移行しました。
実際持ってみると小さいです。でも出力は20Wあります。
電源を別にすれば本当に小型になります。

次に作るとしたら、TA2041KITになると思います。
BTLで70W×4chもあります。
・・・・・市販品を買ったほうが安上がりになりそうな気もしてます。
[ 2005/10/24 23:36 ] デジタルアンプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/108-5122a1ef









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。