スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あごが腫れてご飯が食べられない・・・・ 

何故かあごからのどにかけて腫れてしまいました!
原因はまだ良く分かってませんけど、輪郭が変わるくらい腫れてます。

友人曰く「ジャイアント馬場みたいだな(笑)」だそうです。

すごい腫れ方でご飯がまともに食べられないです。


事の発端は前日の夕食時。
のど?の当たりの小さなシコリに気づきました。
そのときは単なる風邪?と思うくらいの小さなものでした。

次の日になってそのシコリが大きくなっていました。
朝は小さな痛みしかなく、その内直るだろうとのんきに出かけました。

そしてその日の10時・・・・・運命の時です。
朝からじっくりと大きくなってきたそれが急激に腫れ始めました。
もう痛いの何の。
平気な顔をしていたけど触ると実はすごく痛かった・・・・


そして早退して病院に行く事になりました。

最初に父の兄(私の叔父さん)が医者をやっているので見てもらいに行きました。
すると、○○が腫れているから耳鼻咽喉科に行きなさいと言われたので、ちょっと有名な耳鼻咽喉科に出かけました。
すると、何とその日は運悪く会議か何かで出かけていていらっしゃいません!
優秀な人は忙しいんですね。

仕方が無いので紹介状を書いてもらって大学付属病院に向かいました。
外来の時間は過ぎているので救急医療扱いです。

行ったはいいものの、御役所仕事バリバリです。
かなり待たされました。
とりあえず採決とCTスキャン、抗生剤の点滴を受けて今日のところはひとまず終了。

採決の結果は、白血球が通常4000~8000のところ14000以上と倍以上になってました。
思いっきり感染症の可能性大です。
また感染症の時に増える値が少し増えていました。
これは気にする程度ではないそうです。

CTスキャンの結果は・・・・・・

「小さな膿嚢がありますね。少し様子を見ましょう」

私: ええ?、そうなんですか。←(予想外の事態に戸惑ってる)
医者: 小さいのでなんとも言えないんですけどね。
医者: このまま腫れが引かなかった場合は切開して取り出すということになります。
私: それって「手術」っていうことでしょうか? ←(内心かなりビクビクして質問)
医者: そうなりますね。
私: そうなんですか。 ←(かなりドキドキしている)
医者: 今から抗生物質を点滴しますので様子見ということで行きましょう。
私: はい・・・・分かりました。 ←(少しホッとしている)
医者 :明日の午前中にもう一度診察に来てください。
私: はい・・・・分かりました。 ← (実はもう聞いちゃいない。自動応答)
医者: では看護婦の方を呼びますので横になっていてください。
私: 分かりました。 ← (ん?「看護婦」って差没用語では? と無駄なことを考える余裕を発揮)

明日は午前中にまた大学病院です。
もし明日までに回復しなかったら切開して膿を取り出す手術になるそうで、かなりガクガクブルブルです(笑)
治るといいなぁ。


そして、出かけてから5時間の間、嫌な顔せず付き合ってくれた父に凄く感謝しました。
しかも明日も忙しい中送ってくれると約束してくれました。

親の偉大さを実感した一日でした。

今日は大人しく寝ることにします。

お休みなさい!
[ 2005/11/15 22:16 ] 雑談 | TB(0) | CM(1)

大丈夫かー(´ △`)?
とりあえず、気合で直すんだw
[ 2005/11/16 20:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/115-17ee239e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。