大学用のノートPC 

推薦入試に合格して来年の卒業を待つだけとなったhamoです。
情報系の学部に進学するのでパソコンは必須です。

でもノートPC1台しか持っていないので大学用に買うことになりました。
壊れたときとか考えると自然な流れです。

ここで問題になるのが何を買うかということ。
ぶっちゃけた話、安けりゃ何でもいいやって気持ちです。
まぁ、出来れば軽くて小さくてしかも安定して動作してくれればいいんですが、そんな「名機」はなかなか出会えないですね。

個人的にはソニーから通販限定で販売されているVAIO typeBXがいいなと思ってます。
ビジネスモデルなので必要最低限のソフトしか入っていないし、デザインも素っ気無いですがその分価格が安めになっています。

気に入った所がいくつかあります。

まずはレノボジャパン(旧IBM)のThinkPadなどに搭載されてるスティックポインターが標準搭載されているという点です。
昔ThinkPadを使った事があるのですが、キーボードからあまり手を動かさなくても使える点がすごく気に入ってました。
使い慣れてくるとすごく便利なんですよ。
しかもタッチパッドも搭載しているのでどうしても慣れない人はそちらを使う事ができます。
コストがかさむと言うのによくやったなと久しぶりにソニーに感動を覚えました(笑)

次は指紋認証が搭載されていると言うこと。
最初はいらないだろうと思っていたんですが、実機を見ながら店員の説明を聞いて便利だなと思いました。
具体的には指紋でパスワードを管理することによって安全性と利便性の両方が同時に実現できるということです。
例えばユーザー登録が可能なサイトでログオンするとき指一本でパスワード入力を済ます事が出来たり、XPのログインが簡単に出来るようになります。
もし指を怪我したとしても10本まで登録できるので腕切断という事態にでもならない限り問題にはなりません(笑)
セキュリティチップも搭載していてさすがビジネス用だなと思います。

液晶もクリアブラックLEという廉価版の液晶らしいのですが、普段使う分には問題ないように感じました。
個人的には反射の少なく目に優しいノングレアタイプの普通の液晶がいいと考えてます。
解像度はもちろんSXGA+ 一覧性が高くて私は好きです。目は疲れてきますが(笑)

あとはGPUに「ATI MOBILITY RADEON X700 HyperMemory」を搭載できる点でしょうか。
ノートの癖に3Dゲームが普通に動くそうです。
あんまり3Dを多用したアプリとかゲームは使いませんがあれば便利だなと。
WindowsVistaはGPUが鍵を握っているそうですし、あるに越したことは無いと思います。
それに1万円の金額アップで済むので入れた方がお得です。

ネットでBTO(用はカスタマイズできるって事)で注文出来るので好きなようにスペックを変える事が出来ます。
メモリーとHDDは最低で購入して、後から交換というのが安く仕上げるコツだと思います。
純正品は動作が確実ですけど、高価です。
それならば値下げが期待できる一般に売られているものを購入して増設した方がいいです。

本当は松下のLet'sNoteがいいんですが、すさまじく高価で手が出ません・・・・
その上、父は大の松下嫌いで話しただけで「ダメだな」と却下されてしましました(笑)


なんか熱く書いちゃいましたが、実は様子見状態です。
というのも来年にもIntelの次世代Centrinoである「Napa」プラットフォームを採用したノートPCが発売されてくるからです。

この「Napa」プラットフォームは全体の消費電力は現行よりもかなり下回るそうです。つまり稼働時間が延びるわけです。
それに開発コード「Yonah」のCPUはモバイル用のデュアルCPUで現行のシングルコアのCPUよりも高い性能を持っています。

消費電力が下がってしかも現行より高い性能。
なんとも魅力的な響きです。
今のノート購入を思いっきり躊躇わせてくれます。

すでにNapaを採用したノートが出ており、もうレビューが掲載されていました。
ITmedia +D PCUPdate:NEC最新ノートでYonahのパワーをチェックする

これを見る限り予想通りの性能ですね。
もう搭載した機種が出てきたということ4月までには搭載機が揃うのではないかと予想しています。

だんだんノートPCの世界も熱くなってきましたね!
[ 2005/12/20 23:43 ] PC関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/123-bb578f30