2006年度 au春のWIN対応新型ケータイ登場! 

前回見事にW32Sの購入をスルーしたhamoです。
とうとう新機種発表!
大いに期待したいと思います。

au、1X WIN対応の新端末7モデル発表(ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/27392.html


今回は各社とも独自のコンセプトで設計されたケータイが多いですね。
ワンセグ対応や4GBハードディスク搭載など機種ごとに個性があります。
auの総合音楽サービス「au LISTEN MOBILE SERVICE」に全機種対応しているのもポイントの一つ。


「au LISTEN MOBILE SERVICEは1つのソフトで携帯電話とパソコンを繋ぎ、さまざまな機能やサービスを提供する総合音楽サービス」だそうです。
今まで以上にパソコンとの親和性を考えてあるみたいです。
詳しい記事はこちらをどうぞ

総合音楽サービス「au LISTEN MOBILE SERVICE」(ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/27397.html

活用できるかどうかは別ですが機種選択で悩む要素が一つ少なくなったのはいいことです。


今回発表されたのは6機種+au design project 1種の計7モデル。
リンク先は写真が多く載せられていたケータイ Watchです。

W41CA」(カシオ計算機)
W41H」(日立製作所)
W41K」(京セラ)
W41S」(ソニー・エリクソン)
W41SA」(三洋電機)
W41T」(東芝)
neon」(au design project 製造メーカーは東芝)


ソニーエリクソン好きのhamoですが今回は購入対象外になりそうです。
デザインが気に入らないのと、機能面でも他と比べて特筆するような物があまりない為です。
ちょっと期待していたので今回の発表はガッカリです。


代わりに購入候補として出てきたのがカシオの「W41CA」

デザインはあまり変わらず、前機種から最薄部28mmから22mmと薄くなっています。
また、おさいふケータイや赤外線機能対応など着実に進化してきています。
赤外線機能搭載は非常に嬉しいです。
その上素早く選択できるようになっているそうで、さすがだなと思います。
「au LISTEN MOBILE SERVICE」対応でさらにパソコンとの親和性も高くなりいい感じですね。
カメラこそ有効画素数207万画素に減りましたが必要十分なので文句はありません。

今回の中では一番手堅いモデルではないでしょうか。
個人的に購入候補No.1です。


次に気になったのがau design projectの「neon」

スクエアでシンプルなデザインがカッコいいです。
こういうのもいいもんだなぁ
機能も他と張り合えるくらい充実しているのでコレでもいいかなと思ってます。


買う気はさらさら無いですが、東芝の「W41T」が個人的ヒット。

サイズが50×106×28mmとこれがまた「分厚い」
0.85インチの4GBハードディスク搭載なので当然なのかもしれないですが
この厚さは威圧感あるなぁ・・・・・
ちなみにパソコンと繋いだ場合、USBマスストレージとして認識してくれるそうです。
ドライバー要らずで便利そうだなと思ったんですが「使用できるのは4GBのうち512MB」らしいのでいらないなと思ったりして。


一番気になっている「W41CA」は2月上旬に発売予定だそうです。
待ち遠しいですね。
[ 2006/01/19 23:34 ] ケータイ関連 | TB(0) | CM(1)

?

HDD搭載は落とした時が怖い(((;゚Д゚)))
[ 2006/01/20 07:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/134-ae114cce