スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ZIPPOハンディーウォーマーの臭いが気になるようになった。 

購入してから約1ヶ月が経過しました。

なんかシンナーっぽいオイルの臭いがするようになって来ました。
やっぱり一度ベンジンが火口にしみ込んだまま火をつけたせいかな・・・・・

交換用の火口も持ってますがせめて3月辺りまでは持ってもらいたい!
他のサイトを見ると数年交換していないという記事もあるので
意外と丈夫なのかもしれないですね。

この火口の触媒ってプラチナを使っているそうなんですが
プラチナって高温でも酸化しないはず・・・・・
火口が劣化する理由が思いつかないなぁ。

多分、プラチナが酸化するのではなくて綿の部分が(石綿?ガラス繊維?)が解けたりするからとか、触媒に不純物が付着したりとかかなと個人的には思ってます。


1ヶ月使って見ると何となくですが使い捨てカイロとの違いが分かってきます。

もともと発熱量が高い事が売りですが、嘘ではなかったですね。
冷えた手で触っていてもぬるくなりません。
ポケットに入れておくとヌクヌクになります。

また、点火後しばらくは暖かくならないようです。
じんわりと発熱していって30分から1時間くらいで触れないくらいの温度にまで上昇します。
フリース製の袋に入れると程よい温度になります。


オイル充填が雪が降った朝の日課になってます(笑)
ジジ臭くなったものだな・・・・・

寒さに震えるよりはずっと遥かにマシですけどね。
[ 2006/02/03 23:43 ] 便利な小物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/139-997478d7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。