スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カナルタイプのイヤホン MDR-EX71SLの紹介 

私は外で音楽を聴くときにカナルタイプのイヤホンを愛用しています。
カナルタイプというのは要するに耳穴に突っ込む(押し込む)タイプのイヤホンのことです。
私はMDR-EX71SLを愛用していました。

MDR-EX71SLs.jpg

このようなタイプのイヤホンです。(写真はMDR-EX71SL)

普通のイヤホンと違い、耳栓のような感じなのでとても遮音性に優れています。
また、音漏れも少なくてまさに外で聞くにはぴったりのイヤホン。
しかも耳穴の小さい人でも装着ができるので普通のイヤホンが痛いという人にはいいかもしれません。

欠点を挙げるとすると人によって装着感がぜんぜん違うということです。

イヤホンを耳穴内に入れるときにチップ(押し込む部分のパーツ)というものを交換することによって装着感を変えるのですが、合わない人にとってはどうしてもダメなみたいです。
それに耳栓のようにねじ込むので異物感がどうしてもダメという人もいるみたいです。

EX71SL-4s.jpg
MDR-EXシリーズのチップです。
EX71SL-5s.jpg
裏です。

私は相性がいいのか不自由なく使えてます。
長時間使っていても耳が痛くなるということが全くないので快適です。

さて、話をMDR-EX71SLに戻します。
このイヤホンは今から3年程前に購入しました。
さすがソニーで、チップの装着感はかなりいいです。
それだけを評価する人もいるくらいなのでカナルタイプの入門機として買ってもいいと思います。

ただ、素の音はお世辞にもいいとは言えません。
悪く言えば「ドンシャリ」(低音と高音が出すぎてドンドンシャリシャリという感じの音)です。
ソニーの低価格帯はよくこのような音の製品が多いそうです。

特にこのタイプは低音がでるのでなおさら目立ちます。

そこで改造をして音質を改善させます。
具体的に書くと、本体の音の出る穴のところに耳垢侵入防止用のフィルターがあるのでそれを取り除き、その代わりに綿などで耳垢対策をするだけです。
所要時間は10分弱くらいで、こんなに簡単な作業で音質が劇的に代わります。

音が気に入らない方は試してみるといいでしょう。

購入する時はこちらからどうぞ。

他のカナルタイプのイヤホンのことが知りたいという方はここに行ってみるといいです。
ヘッドホンスレ/低価格でナイスなイヤホン - wiki@nothing

[ 2005/06/17 23:43 ] オーディオ関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/16-d64c1c18









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。