スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アドレスV50について思うこと 

昨日、自動二輪教習が本日あると書きましたが、実は「勘違い」でした(笑)
来週の26日まで、なかった・・・・・


閑話休題


私は、スズキの「アドレスV50」という原付スクーターに乗っています。

普通自動車免許を取ったけれども、普段は自動車に乗らせてもらえないので、
代わりの足として購入しました。

アドレスV50は、4ストローク(以下4st)の50ccエンジンと、FI(フューエルインジェクション)
を搭載しているため、燃費が良いとされています。

しかし、実はそれほど燃費が良いわけではありません。

実質、夏場で45km/Lがせいぜいで、冬場になると35km/L台にまで落ち込みました。
また、スノータイヤに履き替えたとたん、一気に30km/L台に・・・・・
(ヤマハのBJという2stスクーターで、夏場30km/Lくらいらしいです)

多少、アクセルワークが荒いのは認めますが、思ったより燃費が伸びないなぁ・・・・・


あと、アドレスV50は車体の重量が非常に軽いです。

初めての原付スクーターということもあって、最初は特に何も思いませんでしたが
友人のスクーターを乗ってみて、いかにアドレスV50が軽いのか実感しました。

事実、カタログのスペック表を見ると乾燥重量で「66キロ」となってます。
これは、ホンダのDio(73キロ)、Today(71キロ)、ヤマハのBJ(71キロ)など
各社の主要50ccスクーターと比較して飛びぬけて軽量。

そのためか、センタースタンドをかけるのがとても楽で、足に体重をかける必要性がないくらいです。
それに、リアキャリアを持って車体を持ち上げることもできるので、取り回しも良好。

ただし、軽いと言うことは良い事だらけでもなく、走行中に風圧に負けふらつくこともあります。
それを差し引いても、軽量化によるメリットは大きいですね。


今まで、ホンダのDio(4st)、Today(4st)、ヤマハのBJ(2st)、スズキのレッツ2(2st)、レッツ4(4st)に
乗ったところ、加速については「4st50ccのスクーターでは一番」というのが私の感想です。

さすがに2stのレッツ2やBJにはまったく歯が立ちませんでした(笑)
でも、同じ4stエンジンのDioとでは少々アドレスV50の方が早かったですね。
Todayとでは、重量と馬力の差が大きいのか圧勝でした。

ハンドリングも軽いので小回りが効くようです。
(ただ、それが逆に不安定と取れることも・・・・)


また、冬場の始動性はFI搭載ということもあって一度も失敗したことがありません。
友人のBJは、購入3ヶ月目にして3秒以上セルを動かさないとエンジンがかからないようになりました。
(バイク屋でメンテしてもらい、ある程度改善はしたらしいです)


総合的に見て、高いレベルでバランスの取れた車種だと思います。

その割りに、街中でほとんど見かけません(´・ω・`)
お陰でマイナースクーターの名を物にしつつあるような(笑)



えー・・・・・・・


実は、普通自動二輪免許を取った後、アドレスV50を友人に売る計画が進行中です。

その詳細についてはまた今度書きます。
[ 2007/03/24 00:38 ] アドレスV50 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/191-298849c1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。