スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アドレスV125G ~ホットグリップ装着計画1~  

外気温5度以下。


バイクで走るには厳しい季節となってきました(´・ω・`)
ただでさえ低い気温なのに、風を切って走るので一気に体が冷えていきます


防寒対策として、

 頭部:フルフェイスヘルメット
 首部:ネックウォーマーかマフラー
 胸部:ダウンジャケット+インナー
 腕部:バイク用ウィンターグローブ(防水、防風、一応防寒)
 脚部:オーバーパンツ(ズボンの上に履くもの。スキーのウェアを想像すると分かりやすい)
 足先:厚手の靴下

今のところ、特に寒い日は上記のような格好をして走っています。

ポイントは、できるだけ外気に触れる部分を減らすことです。
聞いた話だと、バイクに乗っているとき受ける風圧は台風並みだとか。
そのため、ちょっとしたスキマがあるとそこから冷たい風が侵入してきて
とても寒い思いをしますw


しかし、これだけ着込んでもまだ手先、足先、顔など末端部分は冷えてしまいます

顔は・・・・まぁ、フルフェイスのおかげで突っ立ってるときと変わらない冷え方だし
足先もスクーターに乗っているときは、カウルのおかげでそれほど冷えません。

が、手先だけは風圧をモロに受けるため、走っている限り常に冷やされ続けます(´・ω・`)


どうしても手先の冷えが我慢できなくなってきたので、ようやくハンドルカバーを購入しました。
郵便局や新聞配達のおっさん達が冬場、ハンドルにつけているアレです。

ラフ&ロード HOTハンドウォーマー

ラフ&ロード HOTハンドウォーマー


カッコ悪い・・・・・

しかし、防寒性能は最高
気温5度の下でも、薄手のグローブで十分なくらいでした。

まあ、良いことばかりではなく、車体に対してちと大きすぎなのでバランスが悪い
それに、大幅に手先の冷えは減ったものの、冷たいことには変わりありません。

これ以上、風の影響を減らすことができないのなら、次は暖めてやればいいのではないか?

そこでようやく、今回の本題の「ホットグリップ」が登場です(`・ω・´)


アドレスV125G ~ホットグリップ装着計画2~」に続く。
[ 2007/12/11 00:11 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/220-c93c2b79









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。