スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アドレスV125G ~ホットグリップ装着計画2~  

アドレスV125G ~ホットグリップ装着計画1~より 


デイトナ ホットグリップ パッケージ

デイトナ社から出ている汎用のグリップヒーターです。

グリップ内部に発熱体が入っているだけのシンプルな製品です。
他社の製品よりも安かったのでとりあえず購入してみました。


パッケージサイド


パッケージ側面の対応車種欄にはアドレスV125と記載されています。
先端が少し余る」らしいですが、足りないよりはマシかな。


ホットグリップ本体


中身はこんなもの。
このグリップを純正品と交換します。

なんだか表面の凹凸はホンダのバイクに使われているグリップに似ている気が・・・・
触感は単なるゴムで値段なりといったところか。
素手で握るには少しトゲトゲしすぎ?


ホットグリップ 電源スイッチ


電源スイッチはこれ↑
ちなみに補修部品で1000円くらいします(ケーブル含めて)
高!?

上位モデルだと温度が高/低と切り替えられますが、アドレスV125対応のものは
電源オン/オフのみです。
熱くなればオフにすればいいだけなので、必要十分。



交換方法は以下のようなものらしい。

1.取り付け前に断線などしていないか動作チェック。
2.純正グリップを外す。
3.耐熱接着剤を塗って、ホットグリップを取り付ける。
4.電源のプラス線をストップランプなどのラインから、マイナス線は車体アース。
5.電源スイッチをハンドルなどに取り付けて完成!


ここで、アドレスV125特有(?)の問題が発生します。

ホットグリップ取り付けの際、スロットルコーン(ハンドルとグリップ間にあるパーツ)に
グリップのひねり防止の突起物があり、削らないと取り付けられないらしい。

ネットで検索してみると、何人も挑んでいるようですがグラインダーがない人は苦労してるみたい。

そこで、スマートな解決策がこれ↓

POSH:ポッシュ フラットフェイススロットルコーン

スロットルコーン
(画像はWebikeから拝借)

送料込みで1200円はしますが、交換するだけで済むので楽チンになります(`・ω・´)


次に、電源やケーブルの取り付けですが、カウルを外さなければなりません
実は、今まで一度もアドレスV125Gのカウルを外したことがないので、どうやって外すのかさっぱり(´・ω・`)
ネジを外した後、ツメがあるので折らないように剥がすそうですが・・・・?


さらに、内部の配線がどうなってるのか分かっていません。
説明書にある参考資料には「スズキ車ハーネスは、プラスがオレンジマイナスが黒/白」と
書かれていますが、実際に空けてみないことには・・・・・
幸い、大学でテスターを借りることができるので、時間をかければ何とかなる!?
(個人的な考えでは、DCソケットのラインを見つければいけると思ってます)


また、ホットグリップは当然熱を持つので、通常の接着剤だと剥がれてしまいます
ホットグリップ専用接着剤としてコニシ社の「クイック5」が指定されているので購入しないと・・・

コニシ株式会社 ボンド クイック5


スロットルコーンが届くのは14日~20日頃らしいので、それ以降に取り付けを試みようと思います。
[ 2007/12/11 00:15 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/221-b76e11c7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。