アドレスV125G ~ホットグリップ装着完了!ついでにレビューも~ 

先週あたり、ようやくアドレスV125Gにデイトナのホットグリップを装着しました!

しばらく使ってみて問題なく動作することが分かったので、近々画像付で記事を書こうと思ってます。


以下、レビュー


エンジンをかけた後、ホットグリップのスイッチを入れるとじわじわ~と温度が上がっていきます。
ハンドルバーの中に金属製のウェイトが詰められているためか、とても気温が低い日だと
完全に温まるまで5~10分ほどかかります。秋ぐらいの気温なら5分もあれば温まりそう。

短距離だと温まるまでに目的地に到着するので、ある程度距離を走るときに使うようにすると
バッテリーに優しいと思います。

一度温まるとかなり暖かいです

ある程度ぬるくなった缶コーヒーを握っている感じかな?
冬用のちょっと分厚いグローブを使っていますが、手のひらがポカポカに温まります
ただ、指先はやはり完全には温まりませんね

ホットグリップには、一部分だけ発熱体がなく温まらない部分があるのですが、ちょうど
その部分が指先に来てしまっているようです。
ただ、説明書には「手のひらの部分に発熱部がくるようにする」と記載されてるので
あながち間違いではないようです。(手のひらは常にグリップと接触しているので保温性がありますしね)


あと、グリップが暖かくなったことでもう1点気になる点が見つかりました。
ブレーキレバーが冷たい!!指先冷えるぞ!!

というわけで、レバースポンジというものを注文してみました。
その名のとおり、レバーに巻くスポンジです。
直接金属のレバーを握るよりはマシになるかな?
正月で業者が休みに入ったので来年以降到着予定。つけたらこれもレビューします。


このホットグリップは本当にお勧めです。
値段も手頃だし、性能も十分なので買って後悔はしないと思います!
取り付けも思ったより簡単だったので、パーツと工具さえしっかり準備すればそれほど
苦労もせずに取り付けできると思います。

悩んだけど買って良かったぁ・・・・・冬はこれがないと走れなくなりそうです(´∀`)
[ 2007/12/25 18:36 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/224-de2a846d