スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウォークマン「NW-A808」から「CREATIVE ZEN X-Fi 」へ乗り換え検討中。 

NW-A808
hamoはソニーのMP3ウォークマン「NW-A808」を普段使って音楽を聴いています。

サイズはiPod nanoより薄く少し大きめですが、液晶が2.0インチもあって情報量が多く検索がしやすく
さらに、一つ一つの動作が驚異的なくらいサクサクで軽快に検索できるのです!
W54SAなんか目じゃないくらいサクサク。ボタン押した瞬間、反応してるのです。
UIも例えばどのメニュー画面であっても2ボタン操作で再生画面に戻ることが出来るなど、細かい点まで考え抜かれて不満なし。

音質はさすがソニーと言うべきクオリティの高さ。
「サー」というホワイトノイズが深夜の静かな時間帯に鳴らない限り分からないほど押さえ込まれています。
付属のイヤホンは実売4000円で売られている製品を調達したらしく、一般的な付属イヤホンとは雲泥の差があります。
具体的には比較的しっかりとした低域で出しながら、高域もこもった感じが無く綺麗に聞こえます。
若干低域が強調された音質で街中で聞くなら最高ですね。まあ、音漏れ激しいですが・・・・

動画や画像ファイルを再生することもでき、MP3プレーヤーではなく「マルチメディアプレーヤー」と記載されています。

今まで使ってきたどのMP3プレーヤーよりも軽快でサクサク動き、細かい点まで配慮されたUI、満足できる音質をそろえていました。
購入当初は「数年は買い換えることはないだろう」とまで思ったほどです。




が!


不満というモノは必ず出てくるモノらしい。

ハードウェアとしては最高のNW-A808の唯一にして最大の欠点。
それが付属の音楽管理・転送ソフトウェア「SonicStage CP」です。

最近発売されているウォークマンすべてに対応するソフトですが、非常に動作が重い!
以前のバージョンよりはマシになったものの、常用するには厳しいです。
インターフェースも「本当にソニー?」と疑問を持つくらい分かりづらく、最初はどうやって転送するのか悩みました。

・何故か同じアルバムの曲がアーティスト毎に分割表示されるのでアルバム単位で管理がしにくい。
・ウォークマンを接続すると、データベース更新作業?か何かを勝手に始めるので処理に時間がかかる。
・転送時にパソコンにかかる負荷がヤバい。転送中に他の作業がしにくくなる。


一部だけ取り上げても使い勝手の悪さが分かるかと思います。
当然ながら評価は悪く、ウォークマン所有者全体で酷評されているみたいです。(これがいいという人もいるんですけど)

正直、ここまで使い勝手が悪いと思っていなかったので残念でした。
楽曲を転送するだけのシンプルなソフトが付属していれば良かったのに・・・・・・




前置きが長くなりましたが、そんなこんなでクリエイティブから新しく発売される「ZEN X-Fi」が気になってます。
CREATIVE ZEN X-Fi

ZEN

□ クリエイティブストア価格
8GB(オープンプライス)  17,800円(税込)
16GB(販売店限定)    22,800円 (税込)
32GB(直販限定)      32,800円 (税込)

□ 再生フォーマット

音声:MP3(VBR可), WMA(DRM対応), AAC,(非プロテクトM4Aファイル) WAV
動画:WMV(850kbps), MPEG-4 SP, DivX 4/5, Xvid(1Mbps), Motion JPEG
静止画: JPG(~16.6メガピクセル 縦3328ピクセル、横4992ピクセル以内)

□ 連続再生時間
音楽: 約36時間
動画: 約5時間

□ X-Fi オーディオ
・X-Fi Crystalizer:高周波と低周波の帯域を適切に強化し、音楽が圧縮される際に失われたディティールと生命感を復元
・X-Fi Expand:ステレオサウンドに広がりを持たせ、ヘッドフォンを装着していることを忘れるほどの臨場感あふれるサウンド

・プレミアムインナーイヤーイヤフォン「EP-830」をバンドル
・クレジットカードサイズのスマートボディ
・パワフルな内蔵スピーカー
・アラーム機能(目覚まし時計として使える)
・802.11 b/g対応の無線LANを搭載(16GB、32GBモデルのみ)
・主要メッセンジャーソフトウェアやZENX-Fi同士で通信が可能なチャットクライアント機能
・PodCastを数百チャンネル取り揃えたCreative Mediaboxサーバー(海外コンテンツ)へ直接アクセス
・SDHC対応カードスロット
・2.5インチの1,670万色のTFTスクリーン
・PC接続でカードリーダー/ライターとして動作
・ワールドワイド対応のFMチューナー
・ボイスレコーダー機能
・Outlook連動(カレンダー、ToDoリスト、アドレス帳)
・PCとUSB接続せずコードレスでのコンテンツ転送可能
・PCコンテンツ(ミュージック/ビデオ/フォト)を無線LAN経由でストリーミング再生

妙にボタンが多いのはYahoo!メッセンジャーやWindowsLiveMessenger互換のIMがあるためだとか。

とうとうオーディオプレーヤーにまで無線LANが搭載される時代がやってきましたw
パソコンから無線LAN経由でストリーミング再生やコンテンツをダウンロードすることが出来るようです。
クリエイティブはPC用のサウンドボード「Sound Blaster」シリーズで有名な会社なので音質は期待できそうです。

hamoは「無線LAN」と「内蔵スピーカ」、「SDHC対応カードスロット」が魅力的に映ります。

例えば、ベッドなどでまったり音楽を聴いているとき、入っていない曲を聞くにはいちいちパソコンにケーブルで
繋いで転送しなければいけないところ、ZEN X-Fiでは無線LAN経由で聞くことができるのです。
幸い、我が家は無線LAN+ファイルサーバを稼働させているので家中どこでも転送可能!

また、容量が足りなくなったとしてもSDHCカードを挿して手軽に容量アップができます。
16GBのSDHCが6000~7000円台まで落ちてきているので最大48GBもの大容量プレーヤーになります。
HDDプレーヤーと違って耐衝撃性があるので実に魅力的!

内蔵スピーカーも搭載されているので、イヤホンを繋がなくても音楽が聞けるのはいいですね~
ボイスレコーダー機能もあるので大学の講義などで活用することもできそうです。

専用アクセサリーも手頃な値段で買いやすいですね。


気になる点もいくつかあるので箇条書きで抜き出してみます。

・音楽36時間再生出来る割に、動画5時間再生はちょっと短い気がする。
・管理ソフト「Creative Centrale」の動作が気になる。ダウンロードできるようなので試してみるといいかも。
・対応フォーマットが普通すぎる。flvとか再生できたらいいな~と思う。


ウォークマンやiPodとは違う別方向に進化したメディアプレーヤーになってるみたいです。
音楽や動画だけではなく、ネットワークも使う点がhamoのツボに直撃してますw
こういった最先端のガジェットが大好きなんだと改めて思います。

しばらく様子を見てレビュー記事が出そろってきてから購入するか決めることにします。
[ 2008/07/12 11:03 ] オーディオ関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/249-48980869









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。