アドレスV125専用のHIDがまた発売? 

久しぶりにサンヨーテクニカのサイトを見ていたら、アドレスV125専用のHIDが発売されていました。

ミニバイク用HIDキット NEW MHD-25|サンヨーテクニカ

前からあるMHD-25の新バージョンのようです。
とうとう公式にアドレスV125対応を謳ってきました。

NEW MHD-25

NEW MHD-25 PW(5000K) ----- ¥14,000(税込)
NEW MHD-25 XB(8000K) ----- ¥15,000(税込)
NEW MHD-25 PW12(5000K)アドレスV125専用 ----- ¥16,000(税込)
NEW MHD-25 XB12(8000K)アドレスV125専用 ----- ¥17,000(税込)
※アドレスV125用(K5、K6、K7、K9用)は 特注品のため納期に1週間ほど掛かります。



ご存じの方が多いとは思いますが、旧アドレスV125(K5~K7)は発電能力が乏しいため、普通に
HIDを付けただけではバッテリー上がりや、HIDの点滅などが起きやすく難しいとされてきました。
また、ヘッドライトは交流電源であり、HIDは直流で動作するのでAC-DC変換しなければならず、
非常に高価な製品となってしまう点も問題でした。

hamoの知っている限りでは、直流タイプのHIDで最安値は6000円程度だったと記憶しています。
(確か88ハウスの25Wモニター流通品だったと思います)
旧MHD-25で約1万円、新MHD-25では1.6万円となるのでずいぶん値が張ります。
ソーラムのHID miniに至っては3万円台と気軽に付けるには高いです(品質は良いのでしょうが)

どこまで行けるか分かりませんが、アドレスV125専用に特注するくらいですから自信はあるのでしょう。
でも、いったいどのあたりが変わっているのでしょうか?


NEW MHD-25

旧MHD-25はインバータとイグナイターが別々となっていましたが、新MHD-25は「ドライバーユニット」と
して1つの筐体に収まっているみたいですね。
ただし、故障率の高いと噂されるHi/Loコントローラーは見た感じ旧型と同じもののようです。
大きく変わった点はドライバーユニットくらいで、後は大差無いように見えます。

気になる点としては、このNEW MHD-25は通常版とアドレスV125専用に分かれているところです。
写真では同一の商品であっても、実際の商品では何かしら部品が追加されているのかもしれません。
なんにせよ、「専用」という文字には惹かれるものがありますw


一応、ネットで評判を探してみましたが全くといっていいほど見あたりません。
新製品ということもありますが、やはり今までの実績が悪(ry

・・・・というわけでhamoが人柱になるべく、早速注文しました。

正式にアドレスV125対応した点と、いざというときすぐに元のバルブに戻せる点、何より他社の交流タイプHIDより
非常に安価である点がサンテカのメリットかと思います。

購入して取り付けた際には

・ 点灯時に点滅を繰り返したりしないのか?
・ バッテリー上がりは起きそうか?
・ ホットグリップ(18W)と併用はできそうなのか?

などをhamoの技量の範囲内で確かめたいと思います。
[ 2009/03/20 01:01 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/284-e98c74d6