スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サンテカ製HID「NEW MHD-25」は、実は暗い? 

取り付け当初は「すっごい明るいよ!」とはしゃいでいたhamoですが、時間が経つとちょっと暗いかなと思うようになってきました。

実際、M&Hの高効率ハロゲンバルブより明るいのは確かです。
比較対象が1年間使用したものなので厳密ではありませんが、それでも明るさの違いははっきりしていました。


ただ、なぜだか分かりませんが「暗い」と感じることがあります。

例を挙げると、まず街中を走っているとたまに光っているのか分からないときがありました。
おそらく水銀灯などの明かりと混じってしまい、さらに路面に光が吸収されているのだと思います。
夜間でも明るい街中を走っている分には、HIDのメリットがよく分かりにくいのかもしれません。
(このHIDは色温度が5000Kなので、ハロゲンと比べて黒い路面に光が吸収されやすいのです)
輝度自体はHIDが勝っているのでしょうが、視認性という面で考えると大差ない気がします。


逆に、「明るいな」と思うのは真っ暗闇の街灯の少ない道路を走ったときです。

どうやら、このHIDバルブの配光がやや上方に漏れているらしく、明るい照射部分がノーマルと同じでも
上の方を照らすため、標識や白線が妙なくらい発光してみえます。
お陰でロービームで照らしていても、遠くの標識が見やすいです。
街中ではかき消されて目立たなかった周辺光も、街灯がない場所ではそれなりに明るく光って見えます。

言い換えると、車などのドライバーに対して目つぶし光線を浴びせているようなもの。
慌ててどれだけ眩しかったんだろうとアドレスから離れて確認してみると・・・・・それほど眩しく感じない?
ライト部分を見つめればさすがに眩しいですが、離れると普通かな~と思ってしまいます。
念のため若干光軸を下げてみましたが・・・・・・

アドレスV125のリフレクターはハロゲン用に作られているので、HIDバルブと交換したことによって
本来照射されていなかった(もしくは目立たなかった)場所まで照らしているのかもしれません。



まだ使い始めて間もないので、結論づけるのは早いと思っていますが、HIDはファッション性の高いシロモノだなと感じます。
分かってはいましたが、高い色温度(つまり青色)のHIDになればなるほど、視認性が悪化します。
ハロゲンより明るいのに、なぜだか暗く感じるのは路面に吸収されやすい光だからだそうです。
今回HIDを試してみて、その事実を痛感しました。


HIDで視認性を高める(つまり分かるように明るくする)ためには、暖色系の低い色温度である必要があります。
具体的には、自動車メーカー純正HIDの色温度である4300K程度がベストかと思われます。
3000Kまで落とすと、今度は昔懐かしのイエローバルブっぽい色になりますので・・・・・

hamoが知っている限りでは、原付用に出ているHIDではサンテカの5000Kが一番低い色温度みたいです。
(いくつかあるにはあるのですが、アドレスには取り付けられなかったりします・・・・)

最も多いのは6000Kの青白色光程度のHIDでした。
ファッション性と実用性を兼ねそろえたギリギリのラインなんでしょうね。
一番の売れ筋だからか、各社とも必ずこの色温度はラインナップされています。

しかし、どうしてだか4300Kの原付用HIDは全くといっていいほど見あたりません!どーしてなのだー!何故ー!
売れないから?ハロゲンバルブと色が被るから?技術的に困難だから?

もし4300Kで25W以下のHIDキットが発売されたら、サンテカ外して乗り換えちゃおうかなとか思いますw
後でオークション覗いてみるかなぁ・・・・・・しかし今度は懐が寂しいことになりそうで。

だれか、台湾マフラー買いません?安くお譲りしますよw
[ 2009/03/29 18:11 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(2)

そうですか

初めまして、貴殿サイトは参考にさせて頂いております
麻生と申します。サンテカさんは暗いですか。。。
HIDは色々物色していましたが、発電容量とかバッテリーの関係で
パスを続けていますが、新サンテカさんで
良ければ価格的にソロソロ行っちゃうかな?と思って
貴殿サイトをチェックしておりました。

チャイナHIDを付けられて居る方とか居ますが
路面を照らしたら暗く感じるとかはインプレされて
居ませんでしたので ある意味要チェックですね。

漏れ光の件ですが、レンズカットの関係でしょう。
HIDの先駆者の方は最悪パッシング食らうなら
プロジェクタにしようと申されていました。
その方が変えていない事から恐らくは大丈夫だろうと
思いますよ。

台湾マフラー…私も買いましたが誰か要らない?って
感じですw
[ 2009/03/30 13:14 ] [ 編集 ]

始めまして、hamoです。
こんなブログでも参考になれば幸いです^^

ちょうどその「暗さ」のことでブログ記事仕込んでいる最中です!
今晩にでも詳細な記事をアップできるかと思います。

先にちょっとだけ書いてしまいますが、アドレスV125にHIDを乗せた人の
記事を見ると、多くの方が35WのLo固定中華HIDを使っているようです。
そのため、ノーマルの40Wハロゲンよりかなり明るく、高い色温度でも
気にならないのだと思います。

サンテカは、言っちゃ悪いですが25Wクラスでもルーメンが低いらしく
低めの色温度であっても暗く感じるのではないかと・・・
サインハウスのページにある数値を信用するなら、ソーラムHIDミニは
1200ルーメン、サンテカは850ルーメンだそうです。
ただ、腐ってもHIDなのでハロゲンから乗り換えると圧倒的な明るさが
手に入ることは間違いなしw


HIDと言えば、発電容量不足による「バッテリー上がり」ですが、実は
工夫と運用方法次第で解決できそうなのです。
今までアドレスV125で苦労していたのは35WのHID使っている方が多かったからだと思います。
HIDは起動時に5A(つまり60W以上)以上もの電力を食うものがあり、35WのHIDだと発電に余裕がありません。

しかし、25Wのサンテカでもノーマル状態ではバッテリー上がりが起きるようですが、
テールランプやウィンカーをLEDにしてしまえば解決できそうなのです。
詳細は後ほど乗せますが、新MHD-25に限って言えばなかなかいい線行きそうです。
[ 2009/03/30 14:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/289-00b13aa0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。