スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アドレスV125G - HIDとホットグリップは共存可能か? - 

結論から書くと、前後ウィンカー+テールのLED化と運用次第で併用可能だと思われます。
まずこちらのYouTubeにアップロードした動画を見て欲しいです。




バッテリーの初期電圧が「12.80V」
セルを回した直後で「10.73V」
HID点灯から5秒ほど経過するまで12.80Vを下回り、バッテリーからの持ち出しが発生しています。

しかし、15秒ほどでHIDが安定するとアイドリング状態であっても「14.55V」程度に電圧が安定しています。
HIDは点灯時こそ馬鹿みたいに電力を食いますが、安定さえしてしまえば省電力のようです。

hamoはウィンカーとテールランプをLED化しているため、ブレーキくらいでは電圧低下は起きませんでした。
記憶の限りでは、元のウィンカーが点灯時に24W、ストップランプで18Wもの消費電力があるので、
LED化することでかなりの電力削減が出来ているようです。


後半では、ホットグリップ(18W)の電源を入れてみました。
見たら一目瞭然ですが、電圧が「13.50V」程度まで急降下しています。
ウィンカー+ブレーキで「13.20V」近くまで低下していますが、ギリギリ持ち出しは起きてなさそうです。
LED化せずにHIDとホットグリップを併用した場合、間違いなくバッテリー上がりが発生しますね・・・・・


今回の実験結果を見る限りでは、LED化してしまえばホットグリップとHIDは併用可能と言えます。
正直、予想外の結果で驚いています。

今後、バッテリーの性能低下も考えられるため

・ エンジンをかけてから15~30秒はホットグリップの電源を入れない
・ 長時間、右左折をするため信号待ちをするときはホットグリップを切るよう心がける
・ エンジンを切る前に、忘れずホットグリップの電源を切る


これだけ心がけていれば、おそらくバッテリー上がりはそうそう起きないでしょう。
たまに補充電すれば完璧ですね。

この結果を元に、ホットグリップを常用した場合、バッテリーの電圧が低下するか監視していきたいと思います。
たぶん大丈夫じゃないかとhamoは考えています。
[ 2009/03/31 06:26 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/290-28db282c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。