スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

T2300とT7200のベンチマーク比較 

VAIO type SZにCore 2 Duo T7200を入れたのでベンチマークなどデータを取ってみました。

CPU-Z

まずはCPU-ZでCPUの詳細情報を調べてみました。
左がT7200、右がT2300です。

きちんとCore 2 Duoとして認識していますね。
開発コードが、Core DuoのT2300ではYonahでしたが、Core 2 DuoのT7200ではMeromになっています。
このMeromは、NapaプラットフォームでBIOSが対応していればYonahから載せ替えられるそうです。

T2300とT7200は、どちらもFSB 667MHz、65nmのプロセスルールで製造されたデュアルコアプロセッサで、
ソケットも互換性があります。
大きな違いとして、2次キャッシュがT2300では2MBなのに対し、T7200では倍の4MBに拡張され、
TDPは31W → 34Wに、Intel 64やSSSE3の追加などがあります。

この際、問題となるTDP(熱設計電力)の違いも、Napaプラットフォームに限って言えばIntelが最初から
TDP34Wで設計することを推奨していたため、大半の機種で交換可能なことが多いとか。


Crystal Mark 2004R3
Crystal Mark 2004R3でのベンチマーク結果です。
左がT7200、右がT2300で、見ての通りCore 2 DuoのT7200の圧勝。

この結果だけ見ると倍近い性能の向上が見て取れます。
何気にメモリへのアクセス性能が向上している辺り、Core 2 Duoのコントローラは優秀らしい。
グラフィック性能もわずかに向上しており、満足できる結果です。


HDBENCH
こちらはHDBENCHでもベンチマークを行いました。
CPU性能を表すInteger(整数演算)やFloat(浮動小数点演算)でT2300の倍近い性能向上が見られます。
メモリーのかなり性能が向上しているようです。
どちらもPC起動直後に測定しましたが、著しい性能アップですね・・・・・
新命令に対応したことも性能アップの要因になっているようです。


当然、性能の代価としてかなり熱を発生するようになりました。
TDPが31Wから34Wになっていますが、実際どれくらい変わるのか測定してみました。


T2300 平均-最高温度
こちらはT2300の平均温度と最高温度です。
グラフの一番上がCPU動作周波数、その下がGPU温度、さらに下2つがCPU温度となります。

平均40度前後で、最高でも60度以下という結果でした。
ファンもアイドル時は静かで、高負荷時でようやくそれなりの音で回るようになります。


T7200 平均-高負荷-高負荷継続
そしてこちらがT7200の平均温度と高負荷1分後、高負荷20分後の温度です。

アイドル時の平均が、T2300のプラス6~8度とすでに熱々です。
ファンもそれなりの回転数で回っているので結構うるさい。

ためしに動画のエンコードを開始すると1分ほどで70度前後まで急上昇しました。
当然ファンは全力運転を行っているので相当うるさいです。
20分ほどエンコードを行い負荷をかけ続けると最終的に82度まで上昇しました。
ちょっと熱すぎる気もしますが、T7200を最初から積んだSZも同じようなのでそんなものかと納得。


バッテリー持ちも悪化し、輝度100%で2時間持つか持たないかといったところです。
T2300では3時間近く持ちます。
性能向上した分だけ発熱アップでファンが回りまくるからですね。この辺は妥協が必要そうです。

当初の目的であったフルHD動画を再生してもヌルヌル動いて見えます。
ファイルの解凍やエンコードなども早く、全体的にキビキビ動くようになった感があります。
駆動時間的にモバイルするのが難しくなりましたが、その役目はEeePCに任せてSZは据え置き機として頑張ってもらいますw
[ 2009/04/16 03:48 ] VAIO関連 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/18 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/298-7b112e93









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。