スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Garmin(ガーミン) 「nuvi 205」フォトレビュー - ハードウェア編 - 

Garmin(ガーミン)社の「nuvi 205」フォトレビューです。
今回はハードウェアを中心にレビューしていきたいと思います。

いいよねっとに記載されているnuvi205のスペックは以下の通り。

* GPS: 高感度GPSエンジンを採用。
* メモリ: 2GB内蔵メモリ+microSDメモリスロットを装備
* ディスプレイ: 3.5インチ,(320 x 240ドット) ホワイトバックライト付きQVGAアンチグレアタッチスクリーン
* サイズ: 95 mm x 74 mm x 20 mm
* 重量: 145g
* バッテリー: 内蔵リチウムイオン充電池 電池駆動 4時間以上
* Garmin Lockは暗証番号とセットした際の位置情報で個人情報をがっちリガード
* ボイスガイダンス機能
* 日本全国1/25000レベルの道路情報を搭載
* 操作は画面をタッチするだけのシンプルオペレーション
* 住所検索は地番・号レベルまで(約3300万件)を網羅しているので、ピンポイントで位置特定が可能。
* 地図表示は進行方向が上に向くトラックアップ、常に北が上のノースアップ、そして、上空から見下ろすような3D表示が可能。
* トラベルキットにはピクチャービューアー、世界時計、通貨コンバーター、単位コンバーター、空港情報(成田国際空港と関西国際空港)などの機能が用意されています。
* microSDメモリスロットに海外版マップソースを差し込めば、海外でのレンタカードライブも安心です
* 軌跡データの取得可能
* 経由地は200個所まで設定可能
* パソコンと接続可能なUSBインターフェースを装備
* オービスデータの無料ダウンロードサービスをご用意





nuvi205 箱オープン

まず、ケースを開けるとこんな感じでnuvi205が収まっています。
これは一度開封後に撮影のため戻しているので、最初は袋に包まれていました。
第一感想は「小さい!」
最近のデジタル機器の外箱は段々シンプルで小さい物が増えていますね。


nuvi205 内容物

箱に入っている内容物を全て取り出してみました。
左上から時計回りに、「吸盤マウント」、「保証書」、「取扱説明書」、「シガーソケット用USBアダプター」
「USB接続のACアダプター」、「nuvi205本体」、「USBケーブル」、「ダッシュボードディスク」です。

この中で変わった物と言えばダッシュボードディスクでしょうか。
何に使うかというと、自動車によっては吸盤マウントが取り付けられない凸凹なダッシュボードである
場合があるので、そういうときに平面にするためダッシュボードディスクを粘着シートで取り付けます。


nuvi205と単三電池の大きさ比較

nuvi205をいつもの金パナ単三電池と大きさ比較をしてみました。
幅は2本、高さは1.5本、厚みも直径で1.5本分くらいでしょうか。
右下にある横長の小さな穴はおそらくマイクか何かの為に開いているのだと思います。
このモデルは音声認識は搭載していないので、他モデル用なのかな?


nuvi205を持ってみた
実際に持ってみると意外にずっしりとして中身が詰まっている感じがあります。
私の手は小さい方ですけど、手の中にすっぽり収まります。
本体を両手でひねってみても軋んだりせず、頑丈でしっかりとした作りです。
ガンメタリック塗装と相まって価格以上に高級感があります。
(写真を見る限りではチープな感じがするんですけどね)


nuvi205裏面

nuvi205の裏面です。
USB端子とモノラルスピーカーがあります。
旧nuvi250では左下にリセットスイッチがあるそうですが、nuvi205では省かれているようです。
一応シールをはがしてみるとそれらしい穴がありましたが、動作はしないみたいです。


microSDスロット

こちらも旧nuvi250のSDスロットからmicroSDスロットに変更となりました。
今やmicroSDも4GBで数百円程度と安いため特に問題ないでしょう。
逆に開口部が小さくなったのでゴミが侵入しにくいかもしれません。


電源スライドスイッチ

電源スライドスイッチです。
写真向かって右側にスライドで電源ON/OFF、左側にスライドでホールドです。


nuvi205メニュー

nuvi250の電源を入れてみました。
この画面から地図操作や検索、ナビを行ないます。
詳しい説明は次回ソフトウェア編で解説しようと思います。


ACアダプター

nuvi205の充電はUSB端子から行なうため、ACアダプターもUSB接続タイプとなっています
USBで充電するタイプの電子機器なら大抵の物がこれ1つで充電できそうです。
(実際にMP3プレーヤーをこのACアダプターで充電しています)


USBを挿してみた(裏)

nuvi250に挿してみると結構飛び出てます・・・・・
机に置くときは、普通は液晶を下に向けて置くことになるので妙な配置だと 思 っ て い ま し た 。


USBを挿してみた(表)

実のところ、USBケーブルがスタンドの代わりになるのでこういう置き方ができるんです。
まぁ、コネクター部に負担がかかるので推奨はしませんが、これはこれでありかもw


シガーソケットアダプター

車載時にシガーソケットに挿して電源を取るカーアダプターです。
10~30VのDC電源に対応しているので大抵の自動車で利用可能だと思います。
こちらのUSBコネクターはL型タイプなので本体からのはみ出しが少ないです。


カーアダプターをnuvi205に挿してみた

実際にnuvi205に挿してみるとこのような感じ。
車載時にケーブルの取り回しがしやすいです。


カーマウント組み立て前

自動車にnuvi205をマウントするための吸盤マウントです。
購入直後は2つに分かれているので組み立てる必要があります。


カーマウント組み立て後

組み立て後のイメージ。
上下左右90度くらい動かすことができます。
しっかりとした作りなので柔な感じはありません。


カーマウント吸盤

自動車への固定は吸盤で行ないます。
素材は最近はやりのゲル素材ではなく、単なるゴムですw


カーマウント取り付け前

取りつけは、まずレバーを上に上げておいてしっかりと土台に押しつけます。


カーマウント取り付け後

そして、レバーをおろすと吸盤がへこみ、内部が真空になって張り付きます。
このとき、埃や油分が付いていたり、凹凸があると上手く固定できません。
そんなときはダッシュボードディスクを取り付けて対処します。


マウントにnuvi205を取り付けてみた

吸盤マウントにnuvi205を取り付けてみました。
試しにアドレスV125のメーターパネルに固定して走ってみると、段差を超えるときの振動で角度が変わります。
とはいえ、振動の大きいバイクでの話なので、普通に自動車で使う分には十分な強度があります。


ハードウェア全般に言えることは、とにかく頑丈な作りであるということです。
地面にたたき落としても普通に動くような、振動などでは壊れない感じがあります。
この辺りはさすが長年GPS機器を開発しているGarminといったところです。

次回、nuvi205のソフトウェア面での使い勝手についてレビューしていこうと思っています。
[ 2009/07/23 02:35 ] カーナビ関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/310-c91a3180









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。