スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アドレスV125G - DCRのLEDテールユニット故障\(^o^)/ - 

久しぶりの更新は、nuvi205の記事でもなく、新製品のレビューでもなく故障報告になりましたw

夜中にふとアドレスを後ろから眺めてみると、何故かナンバー灯が付いていない・・・・・
このまま走り出していたら道路交通法違反で白黒な車に止められるところでした。
LEDだから球切れは無いと思っていたけど、例外ってあるもんですね。


DCR製LEDテールユニット

ということで、「壊してもいいや~」的なノリだけでバラしてみましたw
パーツを外すためには配線を切断する必要があるので、まずはケーブルの限界まで部品をずらしてみました。

レンズ部とメッキ部の間にはちゃんとゴムパッキンが入っていてちゃんと作ってあるなーとか思ったりした。
フロントウィンカーは単に接着剤で固定されていただけなので、この差は一体どうなっているんだw


ナンバー用白色LED4発

横に並んだ4つの丸い物体が、ナンバー灯として使われている白色LEDになります。
基盤には「LT-001A」と印字されてますね。
使われている白色LEDは一般的なものなので部品入手には困らなさそう。


点灯試験

その辺に落ちていたケーブルとクリップを使って点灯試験をしてみました。
結果、4つのうち2つが完全にお亡くなりのご様子。

この後、写真無しですが、半田ごてを使って壊れたLEDを外し、その辺に落ちていた白色LEDに交換しました。
使ったLEDは白色LEDが市場に出回ってきた初期の代物なので、同じ電圧でも暗い感じがします。
色も白というよりか、1つは黄色っぽく、もう一つは青っぽい感じがします。
まぁ、使えればなんでもいいや。

再度点灯試験をして無事点灯したのを確認してから、元通りに組み直しました。
所要時間は大体2時間くらい。久しぶりの半田ごてだったので、時間かかりました。

LED系のパーツは壊れない印象がありますが、こういった事例もあるので過信は禁物ですね。
hamoの場合は自分の手で直せる範囲内だったので助かりました。
手に負えない部分だったら1万円近いパーツがゴミくずになりますしね。

半田ごてのありがたみを実感した1日でした。
[ 2009/08/30 08:40 ] アドレスV125G | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/314-5559f334









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。