スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

UQ WiMAXのUQ 1 Dayプランを使ってみた。 

仕事の関係で研修に出かけているのですが、現地にインターネット環境が無くメールが送れないという困った事態に直面。
事前の話だと研修先の施設にあるという事だったのですが運悪く"故障のため回線工事中"で1日不通らしい。
このままだとレポート提出が遅れてしまうということで、PC内蔵のWiMAXモジュールを使ってみることにしました。

使用したのはAcerのノートPC(Aspire 3820 AS3820-A52C)内蔵のWiMAXモジュールです。

Intel Centrino Advanced-N 6250 AGN
http://www.intel.co.jp/jp/products/wireless/adapters/6250/

WiMAXで下り最大20Mbps以上、上り6Mbps、Wi-Fi で最大300Mbpsを実現するa/b/g/n対応のモジュールです。
買ったときから内蔵されていたのですが、自宅がWiMAXエリア外であったことと、ネット環境の無い場所へ
ノートPCを持ち歩くことがなかったので、今回初めての利用となります。


まずはWiMAXのサービスエリアかどうか確認をしなければ行けないので、プリインストールされている
Intel WiMAX接続ユーティリティを起動して付近を検索します。
幸いな事に至近距離にアンテナがあるらしく「かなり強い」電波をキャッチ!

UQ WiMAXを発見!


接続をクリックすると、自動でUQ WiMAX回線に接続してくれました。
その後、案内に従ってブラウザを立ち上げるとWiMAXポータルサイトにリダイレクトされたので
プロバイダをUQ WiMAX、料金プランは1日だけで十分なのでUQ 1 Dayにしました。

UQ 1 Dayプランは24時間パケット通信し放題で600円と使いたいときだけ利用できるので
今回のように普段は全く必要ないけれど、使うときはガッツリ利用したい人にピッタリなプランです。
他社でも似たような料金体系であるのですが、ノートPC内蔵の通信モジュールが使えるのは便利。

ポータルサイトからUQ WiMAXの契約ページを開いて、住所氏名やクレジットカード情報を入力していくと
だいたい5分程度で承認完了のページが表示されます。
その後、通信が1度切断され再接続されたらブラウザを再起動すると、利用期間の購入ページに飛ばされるので
UQ 1 Dayを選択し、購入すると十数秒で利用可能になりました。


WiMAX接続ユーティリティ

近くにアンテナが設置されているのか、室内にもかかわらず十分すぎるほど電波強度もあるようです。


感想としては、想像していたより手続きが簡単だということ、そしてモバイルデータ通信とは思えないほど速度が早い。
試しにいくつかの回線速度測定サイトで調べてみたところ、下手なADSLを超える実測値が得られました!

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.1
測定時刻 2011/03/03 18:05:17
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Windows 7/-
サービス/ISP:-/UQ WiMAX
サーバ1[N] 12.2Mbps
サーバ2[S] 10.9Mbps
下り受信速度: 12Mbps(12.2Mbps,1.53MByte/s)
上り送信速度: 4.3Mbps(4.30Mbps,538kByte/s)
診断コメント: UQ WiMAXの下り平均速度は3.5Mbpsなので、あなたの速度はかなり速い方です!おめでとうございます。(下位から95%tile)


測定サイトの中でもっとも良いデータだと、12Mbps超えを記録。
正直、自宅でネットをしているのと変わらない感覚で使えます。

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/03/03 18:06:44
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 784.502kbps(0.784Mbps) 98kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 847.093kbps(0.847Mbps) 105.71kB/sec
推定転送速度: 847.093kbps(0.847Mbps) 105.71kB/sec


一番有名な回線速度測定サイトと思われるBNRスピードテストだと、なぜか恐ろしく遅い結果に。
実際、適当なファイルをダウンロードした速度から換算すると、最低でも2Mbpsは出ているので
単に計測条件の相性が悪かったのかな?と思いますが、それでも最低この速度は出るということなので
ニュースサイトを見る分にはストレス無く開けます。


電波強度は、場所によってコロコロ変わるので移動しながらの通信は厳しそうです。
特にエリア外付近で電波強度が弱になると、1Mbpsを下回ることもあるため、場所は選びますね。
DoCoMoのデータカードも以前使ったことがありますが、さすがに人口カバー率が90%超だけあって
一切場所を選ばないのはうらやましく思います。


ただ、料金面でいうとエリア内ならばUQ WiMAXが圧倒的に有利。
DoCoMoのFOMAデータ通信ではキャンペーン抜きにすると月額6500円以上かかってくる上、2年縛りがあったり
しますがUQ WiMAXなら年間契約で月額3380円、月単位のUQ Flatでも月額4480円と比較的安い。
また、UQ Stepプランなら月額380~4980までの2段階定額ですし、1日単位で良ければ600円で24時間定額の
UQ 1 Dayが合ったりと用途に合わせて柔軟に選べるため、ユーザー側として選びやすいですね。


個人的に一番相性が良さそうなのは、最初に選んだUQ 1 Dayプラン。
私の場合、自宅は光回線+無線LAN完備で、会社でもほとんど利用しないため普段はデータ通信不要ですが
たまに外でガッツリ使いたい感じの人なので、1日単位で利用でき、速度も速いWiMAXは非常に魅力的です。
エリアの狭さにしても、それほど移動が多いわけでは無いので、エリアを確認しながら使えば大丈夫でしょう。
料金的に週1回使うかどうか怪しいなら、まずはUQ 1 Dayで試しに使ってみるといいかも。


現時点では帯域制限などもかけれられていないらしく、ユーザー数も少ないせいか非常に快適。
エリアに関しても、2月末時点では13800以上の基地局が設置され人口カバー率70%超えてきたそうです。
最新のエリア情報を見てみると、私の自宅付近はまだカバーエリア外でしたが、北東5km地点までジワジワと
広がってきているので数年以内にほとんどの地域で使えるようになるのでしょう。


まとめると

・UQ WiMAXは無線LAN感覚で使えるモバイルデータ通信!
・現時点で速度は十分、電波強のエリア内で使う分にはADSL並の速度が得られる
・電波強度とエリアに関して、現時点では十分とは言えないがだいぶ実用的になってきた。今後に期待
・料金プランが4種あり、毎日使う人から、たまに必要な人まで選択肢が多い。
・私の地域では利用者が少ないのか、通信切断や急な速度低下も感じられず安定しているように感じる
・WiMAXモジュール内蔵のパソコンが増えてきているので、今後さらに利用者は増えそう
・数時間触れただけだが、間違いなく流行る。料金と速度は問題なし。あとはエリアだけだ・・・・・

UQコミュニケーションさん、頑張ってエリア拡大お願いします!
[ 2011/03/03 16:20 ] インターネット | TB(0) | CM(2)

みんなで情報共有しましょう

こんばんは。このサイトは参考になりますよ。僕も使ってますが、最近はエリアも拡大されてきてよくなってきてます。
[ 2011/03/03 23:42 ] [ 編集 ]

お久しぶり~!
当方はEMのPocketWiFiですが、使用頻度とか考えると
WiMAXの方がお得な結論に至っておりますが EMは2年
縛りの真っ最中で暫くは模様眺め。。。

WiMAX の端末は既にGetしていますが、EMがまだ有るので
限度額まではパケット使いきりせねば。iPadのWiFi
タイプとかNetBookでは結構重宝しますね、このタイプ。

ではでは
[ 2011/03/07 12:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/360-1875b57b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。