スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CB400SB Revoにシガーソケット電源を付けたい -準備編- 

先週納車されたばかりのCB400SB Revoですが、早速弄りたくなりました。

まだ車体感覚に慣れていないのでマフラーなどは後回し。
とりあえずツーリングに行きたいので、ナビを付けるため電源を取りたい。
そうなるとシガーソケット電源を付けなければならない→よしやろうという流れです。

まず肝心のシガーソケットですが、アドレスV125GやPCXで取り付け実績のある
ニューイングDCステーションUSBプラスを付ける予定です。
バイク専用設計で防水だし、マウントもセットになっているため取付も楽。
さらにUSB出力端子も付いているので、端子が足りない!?という事も無くなります。
PCXで付けて便利だな~と思ったので、迷わずこれにしました。
(ちなみにUSB電源部ですが、機種によっては充電開始しない場合があります。あくまでおまけ)


問題は"どこから"DC電源を確保すれば良いかという点。
DCステーションの説明書にはバッテリーから取るように指示が書いてあります。
ただ、そうするとキーオフの状態でも常に通電している状態になってしまうため、万が一
ナビの電源を切り忘れて放置したらバッテリー上がりを引き起こしかねません。
USB電源も内蔵しているので、若干とは言えバッテリー消耗していきます。
また、ゴムキャップが外れて水分が侵入するとショートする危険性もあります(ヒューズ付いてますけど)

なるべくならキーオンの時に通電する回路から電源を取るのがベスト。
一番手軽なのはテールランプの配線から分岐してくる方法です。
hamoはこの方法を選択しようと思っています。


ただ・・・調べてみると燃料タンクを外さないと配線にたどり着けないっぽいですね。
まだサービスマニュアルが届いていないので、後回しだなぁ・・・下手に触りたくない。
燃料タンクも満タンなので、後日取り付けようと思います。
[ 2011/08/16 09:26 ] CB400SB Revo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/370-8ca72e41









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。