CB400SB Revoにシガーソケット電源を付けたい -取付編-  

CB400SB Revoにシガーソケット電源を付けたい -準備編-

準備編を書いたその日に取付終わって、無事動作確認取れました。
今回、写真にもコメントを入れて見ました。
分かりやすくなったかな~評判良ければ今後も続けたいと思います。



CB400SB シート外した
CB400SB Revoのシートを外した状態です。
テールランプ付近にヒューズボックスがありました。
SPECⅢではサイドカバーの中にあるそうですが、Revoは後部にあるらしい。


CB400SB バッテリーカバー
まずはバッテリーがどんな物使っているのか確認したいのでカバーを取り外します。
上のボルトが燃料タンクを固定する12mmボルト。なんとこれ1本で燃料タンクが固定されています。
下がバッテリーのカバーを固定する10mmボルト。少し奥まった所にあるので外しにくいかな。


CB400SB バッテリー
CB400SB Revoのバッテリーです。
GSユアサのYTZ10Sが入ってました。専用なのか結構高価なバッテリーです。
RevoはFI搭載で安定した電力供給が必要。信頼性の高い国内メーカー製バッテリーを使いましょう。

ちなみにバッテリーカバー、とっても外しにくい。
下側にある爪の部分も上手くかみ合ってないようで、意味がない?
中古で買っているので新車ではどんな感か分からないけど、とりあえずはまっていれば気にしない方針。


CB400SB サイドカバーの中身
燃料タンクを外すため、まずはサイドカバーを外しました。
六角穴付きボルト2個を外して、タンク側のジョイントを引っこ抜けばOK
事実上、唯一の燃料タンクの固定ボルトを外して持ち上げます。

左側のサイドカバー内部にレギュレートレクチファイヤが入ってました。
思ったより放熱フィンが大きいです。旧モデルで頻繁に故障したそうなので対策してあるのでしょう。
そしてここにはヒューズボックスが見あたりません。
やはりシート後部にあるヒューズボックスが正解らしい。
旧モデルと配線自体違うのかぁ・・・弄るならサービスマニュアル買わないと面倒だな。

リアサスの上部ボルトは荷掛けフック兼用です。
バイク用品店でも置いてある便利グッズですが、最初から付いているのはGood!


CB400SB タンクから出てるカプラー
タンクを持ち上げて、空いた隙間を見ると2本のドレンホースと1本の燃料ライン、そしてケーブルが
出ています。おそらく燃料計のセンサーへ繋がるだろうケーブルを引っこ抜きます。
カプラの爪を持ち上げて引っ張ると外せます。


CB400SB 燃料ラインのジョイント部
燃料タンクを外す際、最難関と言える燃料ラインのジョイント外し。
簡単に外れては困るものだけに、嫌らしいくらいに固い。指が痛くなりましたw
サービスマニュアル持ってないので、外し方考えるのに5分くらい悩んでいました。

まずゴム製のパーツを下に引っ張って緑のリテーナーの固定を緩めます。
次にリテーナーを左右から押してホースを引っ張ると抜ける・・・のですが、これがまた固い。
片方抜けても、もう片方が引っかかってどうにもならず本当にこれでいいのか悩みました。
一度ホース側のジョイントパーツを押し込んで、リテーナーを左右から頑張って押しつつ
引っ張ったらようやく抜けました。先に引っ張っていると引っかかりやすいみたい。

抜けるときにパイプ内のガソリンが漏れるので事前にウエスを敷いておくといいです。


CB400SB DCステーション設置
DCステーションUSBプラスはハンドルへマウントしました。
マウントパーツにパイプ径調整用のゴムシートが付属しているので、挟んで取り付けたのですが
思ったよりCB400SBのパイプは細いようで、全部使っても少し緩いです。
ずれるようならそのうち対策考えよう。

ついでにアドレスV125G、PCXと使ってきたRAMマウントも取り付けました。
これでカーナビもそろってツーリングもバッチリです!

よく考えたらUSB電源あってもガジェットを置く場所がないなぁ
ボルドールはカウルに小物置き場があるので、そこに置くしかない。
長めのUSBケーブルが必要になるので延長ケーブル用意しようっと。


CB400SB 配線の取り回し
DCステーションから出るケーブルは元々付いているタイラップで固定していきます。
配線動くとこすれたりして断線の危険を伴うのできつくない範囲で止めていきます。


CB400SB 配線の取り回し2
バッテリーへの配線はタンクを戻したときに挟まらない場所へ通していきます。
メーター等のハーネスに沿って引いてみました。
タンク下は思った以上にケーブルやホースが密集しています。
さすがに400ccともなるとエンジンも大きいですね~

最後にバッテリーに端子を供締めしてタンク等を戻して完成!
写真撮りつつですが、大体2時間程度です。工具そろっていれば1時間もかかりません。
(途中で必要なサイズのソケットレンチが見あたらず買いに走りましたw)



□ 取り付けた感想は?

・シガーソケット&USBで電源がいつでも確保できるのでカーナビ運用が容易に。
・RAMマウントでnuvi205を取り付けて、すぐにでもツーリングに出かけることが出来ます。
・ただ、バッテリー直結なのでキーのオンオフ関係なく通電している状態なので
バッテリー上がりが心配・・・このDCステーションUSBプラスはUSB電源を取るためにDC-DCコンバーター内蔵していて、微弱でも電力を消費しているんです。




という訳で、電源供給元をバッテリー直結からヒューズ経由へ引き直ししました。

CB400SB ヒューズボックスアップ
CB400SB Revoのヒューズボックスです。
何処に繋がっているか記載があるので分かりやすいですね。
上から「CLOCK」、「ABS MAIN」、「TURN,STOP」、「METER,IND,TAIL,HORN」、「HEADLIGHT」、「START」となっています。


CB400SB ヒューズボックスを開けてみた

ヒューズボックスを開けてみました。
上から4番目のテールランプ等のヒューズから電源を取ります。
こうすることでイグニッションONで通電、OFFで遮断される電源が確保できます。


10Aミニ平型ヒューズ電源
用意するのはエーモンなどから出ている10Aミニ平型ヒューズ電源のケーブル。
10Aミニ平型ヒューズと交換して、5Aまでの電源を簡単に取れる優れもの。
最初からギボシ端子も付いています。


ヒューズボックスに刺した感じ
ヒューズボックスに挿すとこんな感じ。
蓋が閉まるか心配だったけど、ちょっとだけ無理する感じで閉じることができました。
まぁ、シート下で雨の心配も少ないので大丈夫でしょう。


バッテリーへ配線して完了
あとは、DSステーションのプラス側にギボシ端子を付けてヒューズ電源と接続。
マイナス側をバッテリーへ接続して完了です。


これでイグニッションのON,OFFにシガーソケットが連動するので切り忘れ対策もバッチリですね!
アドレスやPCX見たいなフルカウルのスクーターと比べて、配線などのアクセスが楽です。
その分、雨水等に触れやすいので防水対策をしっかりしないと行けませんけどね。


今度はツーリング用にGIVIケース付けたい。
見た目悪くなるけど・・・でも便利なんだよなぁ。
それとヘルメットのロックがしにくいので、ハンドルに別途鍵を付けようと思います。
しばらくはじっくりと自分なりに弄って楽しめそうです~
[ 2011/08/23 08:00 ] CB400SB Revo | TB(0) | CM(4)

始めまして

アドレスの時から拝見していていつも参考にさせていただいていました!

今回久しぶりに見たら、revoを納車したとの事で初コメです。あっ自分もrevo乗りです。

k7アドレス125G アドレス125s CB400SFRevo FLSTC 所持中です

自分もシガーつけていますが、ヒューズからではなくヘッドライトから引っ張ってきました。
やはりキーon/off連動させたくて・・・。

そしてツーリング用に最近GIVIボックスつけました。最初はキャリア付けてと思ったんですが、強度と見た目が頼りなく感じてしまい、デイトナのGIVI3点セットを買いました。
強度申し分なし。見た目、個人的にはおk。w

そしてGT商○という通販で買ったんですが、ボックス単体の定価より確か安かった・・・気がします。

これからもちょくちょくお邪魔させていただきますね^^ノシ
[ 2011/08/26 00:41 ] [ 編集 ]

アベコさん、初めまして。
羨ましいくらい色々なバイクを所有されてますね~
FLSTCはハーレーでしょうか?ググってみたら200万超える高級車。いつか乗ってみたい物です。

アベコさんもキー連動しているとのことで、皆さん考えることは一緒ですかw
出かけ先のバッテリー上がりなんて嫌ですもんね。


実は、hamoも我慢ならずGIVIのスペシャルキャリアを注文してしまいましたw
ベースとボックスは持っているので、専用キャリアだけです。
GT商会さんの3点セット、安いですよね。
見た目は・・・まぁ、ツーリング装備と思えばOKです。
普段から箱ライダーだったので違和感は無さそうですけど、スポーティーなバイクに付けるのは若干心苦しい物がありますw

明日届く予定なので、またそのうち記事にしたいと思います。
気が向いたら又コメントください。励みになりますので。
[ 2011/08/26 21:14 ] [ 編集 ]

車歴共感!

初めまして!
私もPCXに飽き足らず、つい5日前にCB400SBを手に入れました。愛知在住のちと申します。

PCXで電源を取ろうとしてこちらのHPを参考にさせていただき、今回またまた電源を取ろうとして上位にヒットしました。思わず車歴に共感を覚え、コメント残させていただきます。

私もRevoが候補だったのですが、近所で良い出物が見つかった2006年式SpecIIIにしました。PCXは、これはこれで気に入っており、手放さずに持っています。

ちなみに、ツーリング仕様を望まれている点も同じくで、GIVI E470と、DEGNER NR-37の装備を完了させました。GIVIのスペシャルキャリアはカッチリ留まるので安心できますね。

また色々と参考にさせていただきたく、よろしくお願いいたします。
[ 2011/09/20 00:46 ] [ 編集 ]

CB400SB良いですね

はじめまして。
PCXに乗っている頃によく記事を読ませて頂いてました。
乗り換え歴や理由に同感です。
ちなみに自分は都内在住で電車やバスが便利だろう(^_^;
とか本音では思いつつ、あくまでも趣味でバイク乗ってます。

ここ最近の乗り換えは
アドレスV125G→スカブSS→Ninja250R→PCX→CBR250Rです。

PCXからCBR250Rへの買い換えの時にCB400SBが最有力候補でした。
とても面倒見の良いバイク屋さんで
工賃とか取られた記憶が無いですが
ABS付き価格の80万とかに怯みまして(^_^;
試乗車の印象が良かった事も有りCBR250Rへと。

自分のバイクと、お店のスタッフの中型、大型を
時々借りて乗った印象ですが
やはり何かを得ると何かを失う、これは避けられないと痛感しました。

少ないパワーを引き出す楽しみを優先するのか
狭い駐輪場に停めやすいとかを優先するのか
圧倒的なパワー、トルクで長距離走行の快適さを優先するのか
乗る人が決める問題で一台で全てを解決出来るマシンは無いという事。

自分は法規の許す範囲内で「スポーツ気分を味わう」を優先で250に。
駐輪場の押し引きも軽いですし、高速も法定速度なら実用レベルなので
現状のライフスタイルには合っている気がします。

これがゲタになったり、ロングツーリングの熱気が高まると
雨だろうと何だろうと
車体が大きくなったり小さくなったりするんでしょうね。

CB400SBはツーリング等で何度か借りて乗せて貰いましたが
まさに名車だと思います。

どこが名車なのか?というと「全ての面で普通」「何をしても普通」
という事で実はこれは凄い事だと思います。
街乗りから高速、多少の荒れ地から細かいワインディングまで
どこを走っても水準以上の走りをしてくれます、信じられない完成度と思います。

SBとどうぞ楽しい日々を(^^ これからも記事、楽しみにしています。
[ 2011/12/19 23:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/371-6c805e97