スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【DSC-RX100】 室内で試し撮りしてきました 【デジカメレビュー】 

先日購入したDSC-RX100の試し撮りしてきました。

晴れた日中にまだ撮影していないので屋内の写真のみです。
高感度ノイズの少なさと、F1.8のボケ量が分かる写真を選んでみました。

FC2ブログの仕様で500KB制限があるのでリサイズしてあります。
オリジナルの画像は別サービス使わないと載せられないみたいですね。
Exif情報は全て削除済み(ネットにアップロードする場合は基本的に載せない方針です)


DSC-RX100 F1.8サンプル
DSC-RX100 絞り優先 F1.8 1/50秒 AWB ISO:125(オート)

まずは一枚目。
その辺に落ちてたハーブティーを無造作に手にとって撮影。
F1.8開放で撮影したので背景のボケがかなり良い感じ。
一般的な1/2.3型センサーじゃ絶対に得られない画質ですね。

中央部の解像感が素晴らしく印刷のドットまで確認できます。

反するように周辺部のボケは非常に柔らかくエッジが緩い。
二線ボケの傾向もあるけれど、それほどきつくもなく中央の解像度を考えると優秀な部類かと。
好みの問題だけど、個人的にもう少し絞ってあげた絵の方が好きです。

こんな写真が一眼レフやミラーレスじゃない、コンパクトデジカメで撮影できるなんて……
本気でE-PL1手放そうかと思ってしまいました。


DSC-RX100 茶トラ2
DSC-RX100 絞り優先 F1.8 1/30秒 AWB ISO:400(オート) 

友人宅の茶トラ猫です。毛並みがきちんと表現できていますね。

元ノラなんですが人慣れしていて自分から膝の上に飛び乗ってくる甘えん坊。
片手でカメラ支えつつの撮影でしたが、それほどブレずに撮影できました。
ISO感度をオートにしているのに400までしか上がらなかったのが謎です。
検証していないので断言できませんが、DSC-RX100のISOオートは積極的にISO感度を上げようとしないようです。
シャッタースピードが1/15秒を境目に判断しているような……?


DSC-RX100 茶トラ3
DSC-RX100 絞り優先 F2.8 1/30秒 AWB ISO:1600(オート)

背景ぼかしすぎたかなと思い、F2.8まで絞ってみたのかこれ。
個人的にこれくらいのボケ量が丁度良く感じます。


DSC-RX100 茶トラ4
DSC-RX100 絞り優先 F2.8 1/30秒 AWB ISO:1600(オート)

同じ条件でもう一枚。
ISO感度が1600もあるのに解像感が失われていないのが驚きでした。
「高感度ノイズリダクション」標準設定です。

今まで使っていたDSC-HX9Vでは1600以上になるとノイズ処理が強力に働いてしまうためか
油絵のような塗りつぶした質感になっていました。
正直、ここまで高感度に強いとは予想外だった。


DSC-RX100 茶トラ1
DSC-RX100 絞り優先 F4.5 1/50秒 AWB ISO:3200(オート)

F4.5まで絞った場合、ISO3200まで上昇しました。
さすがにここまで感度を上げてしまうと毛並みの表現が潰れ始めますね。
それでも解像感はある程度維持しつつ、輝度ノイズも目立たない。
しかもJPEG撮って出しでこのレベルの高さ。


DSC-RX100 茶トラ6
DSC-RX100 絞り優先 F1.8 1/30秒 AWB ISO:800(オート)

奥に見える光源のせいかホワイトバランスが暖色傾向になってしまった一枚。
右側のコンビニ袋がホワイトなんですが、茶色っぽくなっています。

実際、その場の見た目に一番近いのがこの写真だったりします。
最初の方の写真の色合いは、実は白に近づけるように相当調整されていたんですね。
電球色タイプの電球型蛍光灯やLED電球、白熱球が入り乱れたややこしい環境でよくもまあホワイトバランスを保っていた物だと思います。


DSC-RX100 茶トラ6(Lightroom4で補正有り)
DSC-RX100 絞り優先 F1.8 1/30秒 AWB ISO:800(オート) Lightroom4で補正有り

赤すぎるのもあれかなーと思い、Adobe Lightroom4で補正かけてみました。

・ホワイトバランスをオートへ → 大体あってる物の若干マゼンタよりに。
・手動で色調を微調整していたら良く分からなくなったのでこの辺で辞めた(笑)

JPEG画像で補正すると画質落ちるそうですが、最近のソフトだと劣化が分からない……
手ブレやピントボケを除けば後処理でどうにでも出来そうな感じです。


DSC-RX100 茶トラ7
DSC-RX100 プログラムAE F1.8 1/30秒 AWB ISO:640(オート)

猫と戯れたくなって設定をプログラムモードへ変更して撮影しました。
オートフォーカスエリアが「マルチ」になったお陰なのかピントが良い感じ。
ISO感度も640なのでノイズも少ないですね。

毛並みを見ると分かりやすいですが程良く解像感を維持したまま、ノイズを減らしています。
当初は2020万画素という一眼レフ並の画素数なので高感度特性に不安があったのですが、
新開発の1インチCMOSセンサーはノイズの少ない素晴らしい性能でした。

しかも裏面照射CMOSじゃないノーマルなCMOSセンサーで高感度性能アップとは。
やはり「センサーサイズ=画質」と考えていいのだろうか?
いくらスマートフォンのカメラ性能が上がろうとデジカメには絶対に勝てないだろうなぁ。


DSC-RX100 茶トラ7(Lightroom4で補正有り)
DSC-RX100 プログラムAE F1.8 1/30秒 AWB ISO:640(オート)

上の写真をパソコンで見て「少し明るさが欲しいな」と思ったのでまたまたLightroom4の出番です。
「ハイライトとシャドウの復元」を使ってちょっとだけ暗部を持ち上げたのがこちら。
コンビニ袋がやや白飛び気味になりましたが、自分は明るい方が好きだな~。

何枚か撮ってみてホワイトバランスに関してはオートでもそれほど外さないので充分実用と判断。
発色傾向として、どうやら緑色が強めに出やすい癖のような物を感じます。
特に人工光源の中でも水銀灯や蛍光灯直下で顕著に出ますね。
(といっても他のメーカーも似たような傾向なんですけど)

だからといって最初から「太陽光」などに固定して撮影すると、急いで撮影するときに
失敗する恐れもあるので状況によって使い分けできれば一番。
Nikon D90の時よりも発色は自然なのでカメラの進歩を感じますね。
ものぐさな私はよっぽどでない限りオートで撮っていこうと思いますw

あとコントラストも少し強調している雰囲気があります。
クッキリ感がでるので自分は好きなんですが、人によっては強く感じるかも。


なんだか辛口になってきましたが、コンパクトカメラとして考えたら驚くべき画質です。

一眼レフやミラーレスまで持ち出せば画質で負けるのは当たり前。
それよりもこの小型ボディでズームレンズ搭載しながらも、一眼と比較できるだけの画質を持っているのは驚異的な事だと思います。
高感度ノイズなんか初期のミラーレス一眼(例えば手元のE-PL1)を遙かに超える性能ですし、少なくとも私の中では今後よっぽどの画質向上が無い限りミラーレス一眼を検討に入れることは無いでしょうね。
(あえて言うのならフルサイズセンサー使ったカメラなら欲しいですけど)

あ、DSC-RX1なんてドンピシャじゃないですかー




おまけ

DSC-RX100 茶トラ8


この子めちゃくちゃカワイイです!
ナデナデしていると上目遣いで「もっともっとー」してくる(*´Д`)
猫アレルギー無ければすぐにでも飼いたいなぁ……
[ 2013/02/07 22:49 ] DSC-RX100 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/390-9a38c50f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。