スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヘルメットをSHOEI 「J-Cruise」へ買い換えました。 

5年振りに常用しているヘルメットを更新しました。
アライのSZ-RAM3からSHOEIのJ-Cruiseへ買い換えです。

SHOEI J-Cruise


一般的にヘルメットの寿命は3年間と言われているそうです。
内部のライナー(発泡フォーム)が劣化するため十分に衝撃吸収性能を確保できなくなる点と、SGマークの対人賠償保険の期間が過ぎるという事が理由だとか。

内装引っぺがしてライナーを見る限りひび割れも無く大丈夫そうに見えますが万が一の事故が起きたときに役に立たなくては困ります。そうでなくても内装のヘタりや外装の劣化が気になってきたので久しぶりにヘルメットを物色することにしました。


買い換え候補は当初SZ-RAM3の後継であるSZ-RAM4を検討していました。
同じアライ製のヘルメットでフィッティングは問題無いだろうと思ったのです。
ところがショップで試着してみるとSZ-RAM3より全体的にタイトになり窮屈感が強くなっていました。
新品なので内装に当たりが付いていないとしてもキツイ感じで、1サイズ大きくすると緩すぎて頭を振るとずれるのが気になりました。ホールドの仕方が変わったのかな?

あとSZ-RAM3で不満だったのがシールド素材が柔らかいのかキズがつきやすい点。微細なキズがすぐつくので3回ほど買い換えしました。SHOEIのQWESTも持っていますが同じように使っているのにこちらはほとんど小キズがなくしっかりしています。
それとシールドを保持するアームパーツが割れやすいみたいでダメになると全閉時に固定されなくなります。これも3回は交換したかな。風切り音も当時としては静かな部類だったはずですが、アームパーツが横に張り出した設計なので80km/hを超えると中々騒がしいです。フルフェイスはどうか知りませんがアライのシールドはいまいちといった印象。

その代わりと言ってはなんですがスネル規格をクリアした帽体は剛性が高く、手に持って左右に引っ張ってもほとんど広がらないほど強固。フィッティングもSZ-RAM3は自分にピッタリでした。左右頬下まで回り込み顔全体を包み込むようにホールドしてくれるので安定性は流石。疲労感も少なく軽いので大変気に入っていました。街中を流す程度ならフルフェイスよりオープンフェイスの方が気軽に扱えますからね。眼鏡ライダーはフルフェイスの脱着が多いと辛いんです……

そんなこんなでシールドには不満があるもののフィッティングは内装パーツのサイズ変更で対応できる範囲だったのでSZ-RAM4にしようと買いに行ったら、SHOEIのJ-Cruiseが特売でSZ-RAM4より安く、国内初のインナーサンバイザー付きで日中のツーリングに良さそうだったので予定を変更しJ-CruiseのMサイズを買って帰りました。
今まで悩んでいたのがバカらしいです。フィッティング含め結果オーライだったので良かったですけど。

しばらく使って内装も当たりが付いてきたので簡単にレビューします。


フロントアッパーエアインテーク
フロントのアッパーエアインテークです。
前後のスライド式でグローブをしていても簡単に開閉できます。
頭頂部付近から風が後ろへ抜けていく様子がはっきり感じ取れます。
SZ-RAM3よりは確実に良くなりました。ベンチ穴全開でも蒸れましたからね。


リアアッパーエアインテーク
後部のアッパーエアインテークです。
こちらは開けても風が流れる感じはしませんが、開けてないと蒸れる感じがします。
基本的にベンチレーションを効かせる場合はフロントとセットで開ける感じです。


シールドの脱着機構
シールドの脱着機構はシェルと一体化されています。
その為か風切り音がSZ-RAM3と比べてもかなり抑えられています。
取り外しもレバーを起こして持ち上げるだけと説明書無しでも簡単に外せました。

固定は全開と全閉の2ヵ所のみ。
カチッと確実に固定されがたつくこともありません。
適度なトルクで動くので途中で止めることもできます(走行中は自己責任ですが)
SZ-RAM3のシールドより顎下まで回り込んでおり密閉感があります。


二重リップ形状の窓ゴム
二重リップ形状の窓ゴム。柔らかいシリコン製です。
ピッタリ密着することで風や雨の侵入を防ぎ、高い静粛性に繋がっているそうです。
定期的にシリコンオイルを塗布してメンテナンスが必要と書いてありました。


シールドが密閉される
スキ間無く密着してます。期待しても良さそうです。


風の巻き込みを抑えた独特なデザインのシールド下部
シールド下部のデザインは独特な形状で風の巻き込みを抑えているそうです。
実際風の巻き込みはかなり抑えられており、風切り音もかなり少ない。
冬場は曇りやすそうな感じがします(だからピンロックシールドがオプションなんでしょうね)
オープンフェイスなのに装着感はフルフェイスに限りなく近い雰囲気ですね。


シールドロック機構
不意なシールドの展開を防ぐシールドロック機構です。
上げる際は外に開くように押して持ち上げると外れます。


ピンロックシールド固定部
シールドには2ヵ所ピンロックシートの固定部があります。
視界には入らず気になりません。
まだ買っていませんが曇りやすくなる秋以降シート購入しようと思っています。


サンバイザー開閉レバー
普通のヘルメットには無い装備。
インナーサンバイザーの開閉レバーです。
片手で操作できるので例えばトンネルに入るときにサッと戻すことができます。


通常時
通常の状態だと開閉レバーは下がっています。


サンバイザー展開時
サンバイザー展開時は開閉レバーは上がった状態になります。
個人的にバイザーを下ろすときはレバーを下げる方向だとしっくり来たんですけどね~
これじゃ逆方向です。まだ慣れなくてたまに「動かない!?」ってなります(笑)

欧州を含むサングラス規格をクリアしているだけあって視界はクリアそのもの。
周辺まで歪みがなく思っていた以上に見やすく驚きました。
クリアランスが充分確保されているので眼鏡を付けた状態でも使用できます。
日中や夕日の方向を向いて走るときに活躍しそうです。

あえてケチ付けるとすればサンバイザーの長さが少し短いので視界下部の切れ目から光が漏れます。
メーターなど見る際に眩しいですね。あと1センチほど長ければ良かったのですが。
そこまで気になる物ではありませんけどね。


サンバイザー収納部
サンバイザーはシェルのスキ間に収まっています。
余談ですが購入時サンバイザーがなにかで曇っており滲んで見えるので焦りました。
眼鏡ふきで清掃したら綺麗な視界を取り戻しました。コーティング剤の名残でしょうか?


インナー
インナーは立体構造でいかにもベンチレーションが効きそうな形状です。
アライよりも頭部が包まれる感じがします。
今のところ頭頂部のフィッティングは特にこれといった不満はないです。


耳の下が微妙に当たる
一つ気になるのが大きく内側へ張り出したチークパッドの部分。
私の耳が大きいのか少し干渉するのでSZ-RAM3から乗り換えると気になります。
試着時にまったく気づきませんでした。ちょっと失敗。
中のスポンジを削って薄くすれば大丈夫そうです。あとはヘタるのを待つとか。
改善しないようならSHOEIに相談してみようかな。


パッドの一部が柔らかいスポンジで眼鏡をしても痛くない
ちなみにパッドの一部はさらに柔らかいスポンジに置き換えてあり、眼鏡の弦が挟まっても痛くないようになっています。眼鏡ライダー歓喜ものですよこれは!
SZ-RAM3から買い換えてもっとも嬉しかった点がこれだったりします。


イヤーパッド取付時
耳元にはイヤーパッドが埋め込まれています。
私の場合、耳の外側がやや干渉するので取り外す事にしました。


イヤーパッドを外した
外すとこんな感じで穴が空いています。
人によってはここにインカムのスピーカーを埋め込んでいる見たいですね。


イヤーパッド本体
耳周りの内装に吸音材を兼ねたスポンジパッドが取付してあり高音域のノイズを
抑え込んでくれています。それでいて外の音はきちんと捉えられる。
今までツーリング時はSHOEIのフルフェイス「QWEST」を使っていましたが、同じとまでは
行かないものの静音性は高次元でまとまっています。


Dリング
ホルダー固定用のDリングです。


マイクロラチェット式チンストラップ
マイクロラチェット式バックルです。
顎紐の長さを弄らなくても微調整ができて、しかもワンタッチで取り外せるのでとても便利。


中途半端な位置でも確実に固定される
こんな感じで中途半端な位置でも確実に固定されます。
カチカチと節度あるフィーリングです。


一定以上起こさないと外れない
外すときはバックルのレバーを一定以上開けないと外れない安全設計。



重量はやや重くなりましたが前後の重量配分が適切で重さを感じません。
サイズはSZ-RAM3が57-58、J-CruiseはMサイズです。
Lサイズはフィット感が丁度良いのですが頭を左右に振ると大きくてズレが起きました。
Mサイズは少し頬骨辺りがキツイ。そのうち内装がヘタってきたら丁度良くなるかな?
本当はMとLサイズの中間があれば良かったんですけどね。
頬中央ぐらいでパッドが終わっている感じがするのでSZ-RAM3から乗り換えだと最初頼りない感じがします。慣れとは恐ろしい物で今は当初ほどの違和感は感じなくなってきています。


J-Cruiseはオープンフェイスなのにフルフェイスの様な被り心地です。
5年間の技術の進歩には驚きですね。
特にSZ-RAM3からの買い換えでは静粛性が格段に向上しており、眼鏡をしても痛くないのが嬉しい。
サンバイザーは短めですが眩しさの軽減に役立ちます。端から見ると不審者なのが悲しいですけど(笑)
風の巻き込みも少なく安物フルフェイスを凌駕しているんじゃないかと思うくらいです。

各社ヘルメットの中でも高級な製品になりますが本当に買って良かったと思います。
[ 2013/07/11 07:31 ] セロー250 | TB(0) | CM(1)

アライ頭とショウエイ頭?

初めまして!
昨年、リターンライダーとなりました爺です。(VFR800-2→ForzaZ2)
息子の嫁が実家に帰って孫がいないときは走り回ってる老人です。(^_^);
以前使用していたRAM3はフィット感が良かったのですがJ-Cruiseを購入して半日ツーリングしたら頭が割れるほど痛かったです。俺はアライ頭だったのか?
インナーパッドに追加パッドを貼り付けて貰ったら何とかフィットしました。しゃぼん玉の日進店に感謝!
インナーサンバイザーは大変重宝してます。が、バーハンドルに付けたスマホのナビが見えにくい。少し上に上げて見えるようにしています。
[ 2013/08/04 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/406-7dfe376d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。