スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィットGE6のバッテリー交換のついでにエアコンフィルターを交換した 

車検見積もりの際にエアコンフィルターの交換時期来ていたので替えることにしました。

カーメイトエアコンフィルタースタンダード

購入したのは難の変哲もないスタンダードタイプのエアコンフィルター。
真っ白なので汚れが非常に目立ちます。交換時期は見た目で分かりやすいかな。
箱破損の訳あり品で1280円でした。


ボックス

グローブボックスの中身を空にして左右のパーツを内側に押しながら下方向へ引き出します。


フィルターボックス

中央の横長のパーツが蓋しているので左右の爪をずらして取り外します。


取り出す

出てきたのはカーメイトの抗菌エアコンフィルター。特価で非常に安かった記憶がある。
防臭については半年で効果を感じなくなった記憶があります。活性炭じゃ限界あるでしょうし。
抗菌効果は良く分からない。気休め程度かな。


思ったよりきれい?

こうやって外して見ると綿埃や鳥の羽の一部、羽虫の死骸、植物の種子などがわずかに付着しているだけで交換が必要なようには見えません。黒ずみもないし、パッとにおいを嗅いだだけでは異臭もしない。なんか早まったか?交換まだ要らなかったかもしれない。

しかし交換したのが昨年の夏頃なので交換基準の1年1万キロは超えている。ほとんど室内循環で回していたので目立ったほこりは付かなかったのかも。それに目に見えないだけで微細なチリが吸着されて風量ダウンしていたら効きが悪くなって燃費ダウンに繋がるので精神衛生上替えた方が良さそうです。

外したフィルターはエアダスターでゴミ落としして、念のため保管しておくことにしました。
どうみても汚れている感じがないんだよなぁ・・・・スタンダードタイプだと脱臭効果は期待できないので来年の夏場に異臭を放つようなら元に戻そう。うん、そうしよう。
[ 2013/12/11 16:33 ] ホンダ・フィット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/411-1f6e52d9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。