スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Radeon HD4350からHD6450へグラフィックボードを交換しました。 

実家のデスクトップPCがうるさいというので内部を開けてみると、グラフィックボードの空冷ファンがおかしい。
「グォォォォォォン」もしくは「ヴィィィィィィィン」と大きな異音。


HD4350
外したブランド不明のRadeon HD4350採用グラフィックボード。

指で回すとゴリゴリとした感触。どうやら完全に軸受けが逝ったようだ。
ダメ元でオイルを軸受けへ注入してみるが対して変わらない。
どうしようもないのでグラフィックボードを交換することになりました。


スリムタワーPCなのでロープロファイル対応でないとカードが刺さりません。
なるべく低発熱&低消費電力のボードを使いたい。
できれば今後メンテしたくないのでファンレスとなると・・・

丁度自室のPCに突っ込んであったグラフィックボードが条件にピッタリ!
最近HD7750を購入したので使い道無くて困ってたんだ

SAPPHIRE HD6450
SAPPHIRE HD6450 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-D/VGA
当時2800円ほどで購入しました。円安値上がりで現在は3千円後半を推移中。

香港SAPPHIRE TECHNOLOGY(サファイア・テクノロジー)社のグラフィックボードで安価な割に信頼できる作り。
推奨電源スペックが400W以上ですが、消費電力MAXでも19Wらしいので問題無いでしょう。
写真の状態ではロープロファイル対応ではないので金具を入れ替えて元のカードと交換しました。

流れとしては以下の通り。
1.ユーティリティ等を純正ドライバ経由でアンインストール。
2.セーフモードで立ち上げ、Driver Fusionで残骸を一掃し再起動。
3.最新ドライバをインストール。
4.黒帯が出たのでスケーリングオプションを変更して直す。



HD4350 Windowsエクスペリエンスインデックス

交換前のWindowsエクスペリエンスインデックス(HD4350)
グラフィックス4.1
ゲーム用グラフィックス5.9

2008年当時で最もローエンドなカードなのでグラフィックがとても弱いです。
一応フルHD動画くらいなら特に気になるほどコマ落ちはしません。
3Dゲームは大変厳しい。Minecraft程度なら起動しますがガクガクします。
とりあえず映ればいいといった性能です。



HD6450 Windowsエクスペリエンスインデックス

交換後のWindowsエクスペリエンスインデックス(HD6450)
グラフィックス4.6
ゲーム用グラフィックス6.1

やや数値が微増。ウィンドウ操作程度では体感できるほど差は感じない。
HD4350→HD6450で大きく改善したのが動画再生。
DirectX 11に対応した上、動画再生支援のUVD3も対応しているのでコマ落ちが減ってます。

それと今まで再生すらできなかったYoutubeの4K動画も激しくコマ落ちするものの表示できるように↓





Catalyst Control Center

見るだけならこれで充分なのですが、もう少し快適性を上げたいなと思い
Catalyst Control CenterからAMD OverDriveを適応。

GPUクロックを625MHz→725MHz
メモリクロックを667MHz→900MHz

自室PCに載せていたときも全く問題なかったので最大値を適応しました。

発熱が気になるところですが、せいぜい60度後半までしか上がりません。
アイドルだと50度前後を推移しています。
ファンレスなので非常に静か。素晴らしい。



HD6450 OverDrive Windowsエクスペリエンスインデックス

適応前→適応後のWindowsエクスペリエンスインデックス
グラフィックス4.6→5.2
ゲーム用グラフィックス6.2→6.4

グラフィックスが少し改善しました。ブラウザの画面移動などでもたつきが減った気がします。
これでWindows7の延長サポートが終わる2020年まで持ってくれるといいなぁ・・・
[ 2014/02/01 22:49 ] PC関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/415-22bd5fe3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。