スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ヘッドホン】 Beyerdynamic T90とDT990 / DT880 edition 2005 【所感】 

1年ほど前からオーディオ熱が再燃して現在に至ります。
音響機器の老舗Beyerdynamicのヘッドホンが気がつけば3本目に突入。
おかしいなぁ......こんなつもりじゃなかったんだけど。


左:DT880 edition 2005、右DT990 edition 2005

左がDT880 edition 2005、右がDT990 edition 2005です。

DT880 edition 2005/250Ω (以下DT880E)・・・半開放型。DT990Eの兄弟機。パンチメタル。
DT990 edition 2005/250Ω (以下DT990E)・・・開放型。人気機種。換気扇みたいなハウジング。

この2機種、大変よく似た外観をしていますが音は結構異なっていて面白い。

どちらもハウジング内部は白いドーナッツ状の吸音材が詰めてあります。DT880Eのドライバーは、内側に直径約50mm、厚さ2mmほどの黒いフェルト状吸音材が張ってあり、外側のマグネットには薄い半透明ネットが張ってありました。DT990Eはどちらも張ってありません。マグネットとダイアフラムは同一っぽいですね。ハウジングの外側はDT880Eがパンチメタルで、DT990Eは換気扇のようなダクト状の金属パーツで出来ています。製造時期が違い、マイナーチェンジでもしたのか固定するネジやバンドの長さが微妙に異なっていました。どこかで同じドライバー搭載と見かけましたがココまで音響部品を変えていれば別物と思った方が良さそうです。実際音場も帯域バランスも異なってます。


Beyerdynamic T90

Beyerdynamic T90・・・開放型。テスラドライバー採用で高解像度。上2機種とひと味違う音。

上位モデルに搭載しているテスラドライバーを載せた開放型という売りで発売されてました。最上位のT1が半開放、T5pやT70が密閉型で価格から想定するとその下に位置づけられたモデルでしょうか。DT990と似ているととの話でしたが、中身を見る限りDTシリーズにあった白いドーナッツ状の吸音材が無く、中央に直径20mm程度の抜け穴、周辺6カ所に長方形のダクトとやや異なっています。またテスラドライバーの磁力は大変強力でハウジングの外からクリップが張り付く程です。DT990やDT880ではくっつきませんでした。割と新しい製造番号なのですが、ドライバーの形状がHead-fiで見たオール金属製ドライバーから一部を青いプラスチックカバーに置き換えた物になっていました。途中で製造工程を見直したのかもしれません。音も出始めのモデルと違う可能性があります。この辺は違う記事でも起こして書こうと思います。


ベイヤーのお気に入りはDT990E≧T90>DT880Eという順番。
手持ちのヘッドホンも加えるならDT990E>T90≒Fidelio X1>MDR-MA900>DT880Eかな?
体調によって前後するので絶対じゃないです。

DT990Eの音場表現が大変素晴らしく、あとから買い足したT90よりも気に入っています。

DT990Eは高域に癖がありますがそのお陰で生楽器がより生々しく、音の響きや広がり感、鳴り方がとても自然でリアルな描写に聞こえました。低域もX1並にパワフルで太い。T90はDT990Eより付帯音が少なくバランスの整った音質ですが、音場表現の仕方からハウジング等にまだ改良の余地がありそうな感じがします。DT880Eは帯域バランスはT90に近い物がありモニター系のサウンドでしたが、やや金属質な響きが感じが強かったのと低域の量感不足、半開放型ゆえに広がりが中途半端で開放感がいまいちに感じました。詳しい比較はそのうち書きます。今回はT90がメイン。


■ T90の良かった点
・分かりやすいほどハイファイ調ですぐに高音質と感じる高域の解像感。
・DT990EやDT880Eより明るく澄んだ音質。
・DTシリーズで感じていたザラザラとした木質の付帯音が無く、上品で聴きやすい高域です。
・中域は張り出さないが凹みも無くボーカルは丁度良い距離感です。DTシリーズより良い。
・音場と低域表現はDT990、帯域バランスはDT880Eを彷彿とさせます。
・音場はDT880Eよりも広い。DT990Eよりはやや狭い。全体的にかなり開放感のある音。
・高解像度を分離の良さで聴かせてくれる感じ。極端に分析的でないがキレは良く感じる。
・T90を聴いたあとX1を聴くとこもって聞こえる。DT990Eも一段落ちた解像度に聞こえる。
・インピーダンス250Ωなのに高感度。DTシリーズより簡単に音量が取れる。
・超低出力のスマホでも十分音量は取れる。(くぐもった感じが現れたのでお勧めしませんが)
・アコースティック系の楽曲と相性良いのはDTシリーズ譲り。打ち込み系は曲調とミックス次第。
・意外だったのがPerfumeやCapsule等ヤスタカサウンドと相性良かった。エレクトロ系も行けそう。
・低域にしつこさが無く、タイトなのでハイスピード系の楽曲に強いのかも。
・バスドラ等はねっとり重いDT990Eよりきっちりハマって分かりやすい。
・案外ピアノや弦楽器と相性いいかもしれない。ギターとの相性はお見事。
・高域の極一部に鋭いピークは感じるが、中域がフラットで全体的にバランスが整っている。
・かなり硬質で強い音。丸みは残してあるようで刺激の割に痛みはそこまで強く無い。
・中低域は控えめ。極低域はそこそこ出てる。量感は弱めなのに不足感はそこまで無い。
・密閉型のような強い低域のキレは無いが、広がり方とのバランスが良く聴きやすい。


■ T90の気になる点 (あくまでHP-A3だけで聴いた時の感想です)
・解像度は高いがその分再生機器側にも性能を要求するような気がする。
(常用のHP-A3はやはり高域にやや癖があってレンジ狭いのではないかと思うように)
・低ビットレート音源お断り。荒さが目立って不快感が強く素直に楽しめない。ちょっと考え物。
・ミックスの善し悪しが嫌らしいくらいハッキリ出る。あまり誤魔化しの効かない機種です。
・音源の「シャリシャリ感」が強調されやすいのでドンシャリミックスと本当に相性悪いなぁ。
・音圧の強すぎる曲だと情報量多すぎるのかたまに耳がついて行けない時も。
・ザラザラした感触のするDT990Eと、また違った意味で聴き疲れします。慣れが必要。
・Fidelio X1と真逆の音質。超硬質でスッキリ爽やか系。好みが分かれる音。
・曲のジャンルは選ばないが曲調にはシビア。ピコピコ系電子音だけだといまいちかも。
・低域の沈み込み感はDT990EやX1と比べるとだいぶ少ない。量自体はDT880Eより多い。

一度いい音を知ると後戻りが出来ない。
・更に上の環境を目指したくなる音質。超高級機への入り口になりかねない。
・T90より上というBeyer T1はいったいどういう世界なんだろうか。考えたくない。


高解像度のサウンドを求めてT90を買ったけれど、あまり高すぎるのも考え物。音源の粗が目立ってしまって不可逆圧縮の音源では満足できなくなってしまった。320kbpsでも聞き流すなら十分だと考えていたけど、T90では空気感のような部分まで掘り起こして鳴らすのでCD音源との違いが何となく分かってしまう。ハッキリ「これだ!」と言い切れるほど違いは聴きとれないけど、MP3特有のシャリシャリ感というか雰囲気でMP3かな~と感じてしまうことが格段に増えた。音楽を楽しむより音を聴いているような感じになってる気がする。ハイレゾ音源はとても綺麗に鳴らしてくれるけど欲しい曲ほとんどリリースされてないし......普段聴くならFidelio X1の荒さを抑えた柔らかく包み込んでくれる音が好ましいです。がっつりロックを聴き込むときにT90を取り出す感じ。ジャズを聴くならDT990Eで決まりです。会場の雰囲気出ていて絶妙。DT880Eは使い所が思いつかないのでそのうち処分するかも。良い機種だと思うんですけどまとまりすぎちゃってて。


世間一般だとテスラドライバー搭載のT90がDTシリーズより高音質って流れのようですが、現時点ではDT990Eの音が好ましく思えます。少なくとも旧型のレガシードライバーを載せた機種の中ではDT990Eが一つの完成形だと思っています。確かに解像度や分離感はT90が格上で上質に感じましたが、DT990Eの広大で自然な音場表現は完成度が高くどこまでも広がるような開放感が心地よかったのです。店頭で試聴したときはT90が大変素晴らしく思えたんですけどね。あれか、アンプとプレーヤーが悪いのか。今度は再生機器で泥沼化する気がするからしばらく考えないことにします。

DT990Eは中古屋で見つけて買ったので手持ちの中で最も安く手に入れました。DT880Eを先に所有していたので大丈夫だろうと試聴もせずボーナスゾーンで衝動買いです。それで一番の当りを引くなんて世の中分からないものだなぁ。T90を更に上回るヘッドホンは数多くあるそうですが、再生環境も自分の耳も追いつかないのでこの辺で留めておくのが正しいかもしれません。
[ 2014/08/09 02:47 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/426-15c6716e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。