スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ヘッドホン】 Fidelio X2が海外で発売されました。 

Fidelio X2を購入したのでレビューしました。
→ 【ヘッドホン】 Fidelio X2を購入しました。 【レビュー】


米Amazon.comでFidelio X2が2ヶ月ほど前に販売開始されていました。
http://www.amazon.com/gp/product/B00O2Y2MZG

まだフィリップスの海外公式サイトにX2の商品ページは掲載されていないようです。
国内外の公式サイトが開設されていました。

X2製品情報|フィリップス Fidelio ヘッドフォン
http://www.japan.philips.co.jp/fidelio/products/x2/

De Fidelio Hoofdtelefoon X2/00 kopen (Netherlands)
http://www.philips.nl/c-p/X2_00/fidelio-fidelio-hoofdtelefoon


2014年12月1日の時点で299.99ドル(レート換算で35,590円)です。
米国外へ発送の場合は送料等が別途かかるので、実際は4万円ちょっと。

Items: $299.99
Shipping & handling: $17.54
Total before tax: $317.53
Estimated tax to be collected: $0.00
Import Fees Deposit $25.40
Order total: $342.93



レビューを読んでみると、X1のわずかに詰めが甘かった部分を全て潰してきましたね。

1.ヘッドバンドが大型になってより快適になった。
2.配色が銀リング×ブラウン革バンドから黒リング×黒革バンドに変更。
3.イヤーパッドが取り外し可能。
4.純正ケーブルがより低抵抗な物に変更。
5.純正ケーブルの端子がステレオ標準プラグからステレオミニプラグに変更
6.音質自体もわずかな改良が加えられている。


ようやくイヤーパッドが交換できるようになりました。これで誰にでもお勧めできます。
今まではパッドが痛んだ場合は修理しか手段が無かっただけに嬉しい改良ですねぇ。
すごくうらやましいです。今から買うならもうX2しかありません(笑)

ヘッドバンドが大型化したことで「大きすぎて頭を振ると落ちそう!」と書いている人もいますね。向こうの方は小顔なのかもしれません。X1でギリギリだった頭部への負荷が軽減しているとするなら良さそうな気がします。他のレビューでは「ヘッドバンドは信じられないほど快適」ともあるのでおおむね好意的に見られているようです。

ボディの配色が変更となりましたが、黒×黒もカッコイイですね。より現代風になりました。
個人的にはシルバーも残してくれたら良かったんだけどなぁ。

音質についてはいくつか目を通した限りでは、べた褒めが多い。まぁ、今買う人は興味があった人でしょうからその辺差し引いてみるとしてもかなり好評です。

「HD558, HD598, HD600, HD700, Q701, DT770 80/250, DT990 250, SRH1440、Fidelio X1と比べ、ミッドレンジの明瞭さにおいてHD600を除き、はるかに優れている」らしいです。どれもボーカル遠目のヘッドホンじゃ無いかと思いましたが、X1よりも明瞭になっているって部分は気になりますね。

高域はDT990よりナチュラルに聞こえるみたいですね。この辺は私も同意見です。
ケーブルの皮膜でガサガサ鳴る点は相変わらずのようです。交換できるので支障はないですね。
でも純正の長いケーブルでミニプラグにしたのはどうなんでしょうね。ポータブルに繋ぐにしては長いし、一般的にアンプは標準プラグだから前のままでも良かったんじゃないだろうか。いろんな要望あったんだろうなきっと。


Like a Boss: The Philips Fidelio X2
Like a Boss: The Philips Fidelio X2 Page 2

こちらではX1とX2の音響測定を行っています。まだ読んでいる途中ですがドライバーに改良が加えられたのは間違いなさそうです。翻訳あやしいですが、たぶんこんな事書いてますね。

「X1とX2の主な音響の変化は、ドライバーの前にある減衰部品を再構成した上、ダイアフラム自体を新しい複合設計にしたことです。新しいダイアフラム素材は生の高周波レスポンスが非常に滑らかで、中高域のレスポンス調整を可能にしてくれました。」

あれこれ手を加えているらしいですが私の語彙力じゃ書ききれませんので得意な方は読んでみて下さい。測定結果も掲載されているのですが、ダミーヘッドにも限界があるような事も書いていて、測定結果をどう解釈するのか難しいみたいですね。

X1は暖かく厚みのある低域が特徴ですが、X2はより自然な感じに近づけたように読めます。120Hz未満が少しだけ減っていますね。それと6~8kHzにX1に無かった凹みがあります。その分さらに高域側はX1よりほんの少し多めなのかな。X1のエッジの効いた部分を中和しているとも書いてますね。特定の高域レスポンスがX1より深みと幅を与えて、ステレオ感があるとかないとか。この方はHD600をとても気に入っているようなのですが、高域の応答はHD600と比べてわずかに荒いが全体的にバランスは良いそうですね。

今のところ見送りしていますが、セールで安くなっていたらポチりたくなるなぁ。
それにHD600もあちこちで評判良くて、国内販売してないけど気になってしまいました。



□ 2015/02/03 追記

1.公式サイトのリンクを追加訂正しました。
2.イタリアのAmazon.itで230ユーロで販売しているようです。(Noriさん情報ありがとうございます。)

Amazon.itの表示価格にはVAT(付加価値税)が含まれるので、決済時に22%差し引いて計算されます。
これに輸送費とImport Fees Deposit(輸入税等前払金)が加わるので総額は約277ユーロ。
日本円にして約3万円。Amazon.comよりも1万円近く安いですね。

ほとんど使っていないT 90売ってしまおうかな……
[ 2014/12/01 17:50 ] ヘッドホン・イヤホン | TB(0) | CM(2)

FidelioX2、素晴らしいヘッドホンですね。
個人的にはT90とどの程度違うのかなーと思っているので、もし購入したならばレビューをお願いしたいです。
T90やT1などは試聴機などで試聴はできると思いますが、私はポータブルアンプなどは持っていないので試聴に使えるのがスマホの音源しかありません。
イタリアアマゾンだと今が底値のピークですかね。友人にも薦めたいヘッドホンです。
[ 2015/02/08 17:05 ] [ 編集 ]

こんばんは。
T90とDT880を手放す決心がついたのでX2注文しました。
週末には到着するようなので届き次第聞き比べて見ますね。
[ 2015/02/08 23:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/431-d94c00d1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。