スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

W32Sの発売について、自分なりにまとめてみた。 

AUの新機種が9月にでるそうです。
その名も「W32S」 メーカーはSonyEricssonです。

auモデル初めて「EZ FeliCa」サービスに対応し、「FeliCa」を内蔵しているそうです。
EZ FeliCaについてはこちらをどうぞ。
KDDIもおサイフケータイ--FeliCaサービス「EZ FeliCa」を9月に開始 - CNET Japan

抜粋

EZ FeliCaはフェリカネットワークスが提供する携帯電話向けFeliCaチップ「モバイルFeliCa」を利用する。専用のBREWアプリを使うことで、携帯電話を会員証として利用したり、電子マネーで買い物をしたりすることができる。アプリがBREWで作られていることを除けば、基本機能はNTTドコモが提供するiモードFeliCaと変わらない。


FeliCaで提供されるサービスはこちらのページをどうぞ。
ITmediaモバイル:EZ FeliCa、秋以降19サービス開始

結構FeliCaって便利そうです。
Edyで財布を忘れても品物を購入できるし、2006年1月からはSuicaに対応するそうです。
まぁ、私のいる県では使う機会はなさそうですけどね。田舎ですし・・・・



とりあえず今までに分かっている機能をまとめてみました。

□ au初、EZ FeliCaサービスに対応。「FeliCaロック設定」、「クイック解除」、「遠隔オートロック」などの機能でセキュリティにも配慮。
FeliCaは便利ですがセキュリティに気をつけないと行けません。
その点を配慮してあるのは当然ですが無いよりは嬉しいですね。

□ 革や布などの素材感をいかした「Style-Up®パネル」(別売)に対応&選べる3種類のメニュー画面。
選択肢が微妙・・・・・青系の色がぜんぜんないし。
時間帯に応じて画面デザインが変化する「ドラマメニュー」というものが搭載されるらしいです。

□ 大容量45.5MBの「フレキシブルデータフォルダ」内蔵
一般データフォルダとEZアプリ(BREW)フォルダを統一したものだそうです。
これによってアプリや音楽などを好きなように扱えます。

□ メモリースティック Duo/PRO Duo対応
これはあって当然ですね。無いと困ります。
最大2GBまで対応しているそうです。誰もそんなに使わないって(笑)

□ 14本のEZアプリをプリセット。
「リッジレーサー SE」やリモコンとかのアプリを14本もプリセット。
最初は便利そうですけど、後で使わないものが多そう・・・・

□ イコライザ対応のミュージックプレーヤーを搭載。
イコライザは「Normal」「Pops」「Rock」「HipHop」「Jazz」の5種類。
ユーザー設定はなさそうです。
リピート・ランダム再生などに対応。
音楽を聴きながらメールの作成や送受信、EZwebの閲覧、EZ FeliCaなどの操作を行えるとのこと。

□ FMラジオチューナーを搭載。
SANYOが初めてケータイに搭載してからメジャーな機能になりましたね。
FMラジオはかなり電池が持つので暇つぶしにラジオってこともできます。

FMラジオで流れている曲名やアーティスト名を検索できたり、EZ「着うたフル」やEZ「着うた」としてダウンロードすることも可能だとか。

□ 高音質の3Dステレオスピーカーを搭載。
最大 128和音再生が可能な最新音源チップ(ヤマハの「MA-7」)
DiMAGIC社製のサラウンドプロセッサー「DiMAGIC Virtualizer X」搭載。
広がりのあるステレオサラウンドで音楽を楽しめます。

□ メールのバックグラウンド受信に対応。
そのまんまですが、アプリなどの作業中にメールを自動で受信してくれます。
前から欲しかった機能です。

□ EZアプリを操作しやすいクロスコントローラー。
ジョグダイヤルは無くなったようです・・・・

クロスコントローラーは一見、普通の方向キーなんですが、何気に8方向の入力が可能だそうです。
EZアプリ利用時に8方向入力に対応。
EZナビとかゲームとかで凄く便利ですね。
普段は4方向みたいです。

□ コンパクトなボディ。
高さ 約98 ×幅 約 48 ×厚さ 約 23 mm、質量 約 118g
AUのケータイの中でもトップクラスに小さいです。
ポケットに入れても違和感が少なそうです。

□ 連続通話時間は200分、連続待受時間は250時間
普通ですね~。

□ 約2.2インチのQVGA液晶。
メイン液晶は約26万色表示の微反射型低温ポリシリコン・システムTFT液晶。
サブディスプレイは約1.1インチ、96×96ドットのカラー液晶。

最大輝度が270カンデラで、PSPの最大輝度が180と言えば明るさが分かるでしょうか。

□ フォトライト付きの125万画素CMOSカメラ
今となっては少なく感じる画素数です。30万画素よりはマシですけどね。
CMOSよりCCDにしてもらいたかったです。

□ 「au ICカード」に対応。「グローバルエキスパート」の利用が可能に。
「au ICカード」とは一枚のICカードに電話番号などの情報を記録するものです。
これを他のケータイに差し替えるだけで使えるようになります。
海外用の GSM携帯電話に差し替えるだけで、海外約 160カ国でも日本の電話番号で通話が可能な「グローバルエキスパート」の利用が可能になります。

□ 赤外線通信機能。
使わない人には無駄かもしれないですが、アドレスの交換にとても便利で、私は良く使います。

□ EPG機能が便利な「アプリモコンEZ」を搭載。
EPGを使うときは通信料が発生するそうです。
あると便利かなって感じですね。

□ QVGAサイズの EZムービー再生に対応。

□ 電子コンパスを搭載した「EZナビウォーク」搭載。
友人が使っていたのですが、便利な機能ですね。

□ 登録している相手の居場所を確認できる「安心ナビ」。
登録する人がいない・・・・ ヾ(- -;)

□ アドレス帳に登録されている相手に、簡単に通話やメールができる「ペア機能」。
これは使うかも。

□ 最大 1,000件までの登録ができるアドレス帳。
絶対に埋まりそうもないです(笑)



発売されたら絶対に買います!
今使っている携帯(A1402S)が9月で1年になるので買い替えにはピッタリです。
でも3万円を超えたらとても悩むな~


画像入りの記事はこちらをどうぞ。
着せ替え対応のおサイフケータイ「W32S」

Sony Ericsson : W32Sプレスリリース

W32S blog by DUOBLOG(W32S公式ブログ)

[ 2005/08/23 11:31 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/78-ded4f354









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。