スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近欲しいもの。 

最近、アンプを作りたくてしょうがない。
昔、ネットで知り合った知人からTA2020KITというデジタルアンプキットを紹介してもらったからだ。
知人曰く「2~3万程度の真空管アンプと引けをとらないよ。むしろ勝つ」とまで言わしめた代物だ。
音質についてはあまり語れるほど知識があるわけではないが、デジタルアンプは硬い音になる傾向があると言われているそうだ。
だが、知人によると「想像以上にやわらかい感じがするよ」とのことだった。
「たまに聞いていないのに「糞」と決め付ける人がいるが
そういう人は一度聴いてみればいいんだ!」と何故か熱く語っていた。
毎度毎度面白い人だ。
実際にあったことはないが。

価格は標準キットのTA2020KITが4800円。
特別版のTA2020-SPが5800円となっている。
ただし、送料と消費税がかかる為、大体6000~7000円程度になる。

TA2020KITはアンプ基盤と部品のみ提供される。
電源や、スピーカー端子、ボリュームなどは一切付属されていない。
各自用意することになるということだ。
4000円程度かかるらしい。

あまり、電子回路の知識が無いため、知人に頼ることになりそうだ。

知人に予算は最大で1万程度。それ以上は少々厳しい。
そう伝えたら笑いながら「余裕で予算内に収まるよ」と言ってくれた。
非常に心強い。
また、困ったときは「2chのスレを探してみるといいよ」とも言っていた。
彼もそこで学んだそうだ。
探してみると確かに数個見つかった。かなり専門的なことを話し合っているようだ。
中身には付いていけないのだが、善良な雰囲気だったのでこれならば気軽に質問できるだろうと感じた。
知人にばかり頼るもの悪いのでたまに質問するのも良いだろう。

まずはパーツを集めることから始めようと思う。
とりあえずはマルツ電波が近いので、店員の方に部品のことを聞いてみようと思う。
まずは知識を蓄えてから始めても悪くは無いだろう。
いきなり作るのも良いが、出来るならばいいものを作りたい。
[ 2005/09/11 00:23 ] デジタルアンプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://steam.blog12.fc2.com/tb.php/93-d1e279fe









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。